動脈硬化を予防する食事とは?動脈硬化を食事で改善しよう!

Pocket

動脈硬化を予防する食事とは?動脈硬化を食事で改善しよう。動脈硬化というのは、動脈の血管が硬くなって弾力性がなくなり、血管が厚く硬くなってしまう状態を動脈硬化といい、こうなると血管が詰まりやすく、心臓に負担がかかるので心筋梗塞や脳梗塞といった病気を引き起こす可能性があります。原因は、生活習慣などです。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

メタボに関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

動脈硬化を予防する食事とは?動脈硬化を食事で改善しよう!

動脈は心臓から出る血液を全身に運ぶことが目的で、各細胞の酸素や栄養を運ぶというとても重要な役割を持っています。

動脈というのは、通常、弾力があり、とてもしなやかなのですが、生活習慣病などの病気になるとその弾力失われてしまい、血管の壁は厚く硬くなってしまう状態になり、この状態を動脈硬化といいます。

動脈硬化になりますと、心臓負担がかかるようになり、心筋梗塞脳梗塞などの病気を引き起こしてしまいます。

動脈硬化の原因とは?

動脈硬化の原因は、喫煙、高コレステロール血症、高血圧、肥満、運動不足といったことが挙げれます。

こうした条件積み重なっていくことで発症するリスクが高まります。

こうしたことからもわかるように、食事に気をつけることは動脈硬化になるリスク下げることになりますので、動脈硬化予防するために食事には気をつけていきましょう。

コレステロールについて

コレステロールについてですが、動脈硬化を引き起こす原因は、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロール増加善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロール減少です。

LDLコレステロールというのは、肝臓で作られてコレステロールを全身に運ぶという作用がありますが、増えすぎてしまいますと血管に付着、沈着してしまい動脈硬化を引き起こしてしまいます。

LDLコレステロール数値高い人は、バターレバーといった食材はコレステロールが高いので、食べる量は控えめにしましょう。

HDLコレステロールというのは、LDLコレステロールの逆の作用をし、血中のコレステロール回収してくれるというものです。

HDLコレステロールの数値が低い人は、食事制限運動によって体重減らし動物性の脂肪は、魚類から食べるようにしましょう。

動脈硬化を防ぐためには、この2つのコレステロールのバランスをとることが必要になり、そのためには禁煙や運動、食生活を規則正しい生活習慣を身につけることが大切です。

ドロドロ血液について

ドロドロ血液ってよく聞きますよね。

どんなタイプがあるのでしょうか?

  • 食べ過ぎや飲み過ぎなどが原因で、血液の糖質や脂質が増えている
  • 何かしらの理由により血液の成分が変化してうまく流れない
  • 傷ついた血管を修復するために血小板が集まって流れが停滞している

こうした理由になります。

このような状態を放置していると、動脈硬化になったり、血管をつまらせる原因にもなるので注意が必要です。

スポンサーリンク

動脈硬化を防ぐための食事について

食事のポイント

動脈硬化を防ぐための食事のポイントとしては、食物繊維をしっかりと摂取することと青魚大豆製品を食べるようにすることです。

食物繊維は、1日に成人男性20g以上女性18g以上摂取目標としています。

しかし、実際の量は14.8gという結果で大変不足している状態です。

食物繊維には、2種類あり、それぞれ働きが違います。

水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維があります。

そして、コレステロールの吸収を穏やかにする作用があるのは水溶性食物繊維で、主に果物海藻類などに多く含まれています。

青魚大豆製品は、メインのおかずが肉料理に偏っているという人は注意が必要です。

肉類には血中のLDLコレステロールを増やす要因の飽和脂肪酸が含まれています。

これに対して、青魚には血液をサラサラにする効果がある不飽和脂肪酸が含まれており、魚を週3回以上食べる人は心疾患の発症リスクが減るということがわかっています。

また、大豆に含まれる不飽和脂肪酸リノール酸にも血中のコレステロールを減少させる効果があり、油の量を控えるだけでなく、油の種類にも注意して、バランスよく食材を選ぶようにしましょう。

食事の時に気をつけたいこと

食事の時に気をつけたいこととして、3つあります。

調味料に気をつける』、『よく噛んで食べる』、『外食やコンビニはバランスを考える』です。

『調味料に気をつける』というのは、サラダのドレッシングには油がたくさん使われています。

マヨネーズにもたくさん使われていますので、コレステロールを減らす目的で野菜を食べるのに調味料を摂っていたら意味がなくなってしまいます。

最近は、ノンオイルといったものも販売されているので、こうしたものを選んで購入するようにしましょう。

『よく噛んで食べる』とは、中性脂肪の数値が高い人はコレステロールも高いという人が多いです。

つまり、体脂肪の多い方で肥満の人というのはコレステロールが高い傾向があり、肥満を予防するというのは、コレステロールの増加を抑制することにもつながります。

食事の時間に20分以上かけると満腹中枢を刺激して、食べ過ぎを防ぐことが出来るということで、食事に時間が取れるという時は、よく噛んで食べるようにしましょう。

『外食やコンビニはバランスを考える』とは、外食をする時は定食のものを選ぶ、サイドメニューでサラダ和え物といったものを追加する。

コンビニでお弁当を買うことが多い人は、ラーメンや丼のものはやめて、幕の内弁当など選ぶとバランスが取れます。

血液をサラサラにする食事とは

血液がドロドロというのをサラサラ血液にするための成分ですが、どんなものがあるのか紹介します。ナットウキナーゼクエン酸DHA&EPAポリフェノールアルギン酸ビタミンE&Cがあります。

こうした成分を積極的に摂ることで血液をサラサラにすることができます。

メタボに関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 動脈硬化を予防する食事とは?動脈硬化を食事で改善しよう!を紹介しました。動脈硬化というのは、動脈血管が硬くなってしまう状態になることを言い、これを食事で解消しようというわけですが、調べてみると昔の日本人が食べていた食事内容が良いというのがわかりますね。だから、日本食は健康によいのですね。あなたも健康な毎日をお過ごし下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。