生活習慣病とはどんな病気か?定義や簡単な予防方法について

Pocket

生活習慣病とはどんな病気か?定義や簡単な予防方法についてです。生活習慣病は以前、成人病と呼ばれていましたが、1996年に現在の生活習慣病という名前に改らた経緯があります。その名の通り、生活習慣が原因で発症する病気で、偏った食事などの好ましくない習慣や環境が積み重なって発症するリスクが高くなります。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

メタボに関して着るだけで脂肪燃焼Tシャツ「スレンダーマッチョプラス」が一番でした!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらから購入できます。

生活習慣病とはどんな病気か?定義や簡単な予防方法を紹介します。生活習慣病という名前を命名したのは、医師の日野原重明さんで、生活習慣病という病名の前は成人病という名前で大人がなる病気だったのが、近年、子どももなるということで病名を変えたのだそうです。

生活習慣病とはどんな病気か?

生活習慣病とは、その名の通りの生活習慣が原因で発症する病気のことをいい、偏った食事、運動不足、喫煙、飲酒、ストレスといった好ましくない習慣や環境、条件が積み重なると発症するリスクが高まります。

生活習慣病の定義とは

生活習慣病の定義とは、『食生活や運動習慣、喫煙、飲酒といった生活習慣が、病気の発症や進行に関与している疾患のこと』という定義になっています。

簡単に言いますと、生活習慣病は食事アルコールタバコ運動睡眠といった生活習慣の不規則不摂生といったことが原因で起きるとされています。

生活習慣病の種類

生活習慣病の種類ですが、『生活習慣病に種類ってあるの?』て思いませんか?

生活習慣病にも種類があり、種類としては、肥満糖尿病高血圧高脂血症高尿酸血症大腸がん肺扁平上皮がん慢性気管支炎肺気腫アルコール性肝障害歯周病等があります。

そして、特に注目されているのが、肥満糖尿病高血圧高脂血症が注目されているのですが、なぜ注目されているのかというと、まず、患者数が多いということと、これらが動脈硬化の発症と関連しているからなのです。

動脈硬化症は、脳梗塞心筋梗塞原因になりますので、生活習慣病は注意しなければならないのです。

生活習慣病の予防方法は?

日本人の死亡原因は、脳卒中虚血性心疾患(心筋梗塞など)、がんの割合が高まっています。

スポンサーリンク

多くは生活習慣が関係する生活習慣病で、糖尿病高血圧脂質異常症肥満と言った症状を放置しておいた結果、動脈硬化が進み合併症に進展してしまうことになります。

65歳以上で要介護の原因にもなっており、こうした状態にならないためには、気づいた今から生活習慣病の予防をすることが大切になります。

生活習慣の改善

生活習慣病の予防をするためには、生活習慣・ライフスタイルの改善をすることが必要です。

1次予防:健康で病気の発症を予防する

2次予防:病気を早期に発見し、治療する

3次予防:治療により進行を防ぎ、回復を目指す

これまでの生活習慣病は、病気を早期に発見・治療することが主流でした。

しかし、最近では、生活の質を維持するために、病気になる前段階の生活習慣・ライフスタイルを改善する1次予防が重要であると考えられています。

今はなんともないという方も不規則な生活やストレスなどによって、少しずつ生活習慣病に侵されているかもしれません。

生活習慣病を予防するポイント

生活習慣を予防するポイントは、食生活、運動、疲労、喫煙、飲酒といった毎日の生活習慣を見直すことからまずは始めます。

  1. 適正な体重を知り、体重を維持する
    適正な体重というのは、身長と体重から計算して算出したBMIという肥満度を表す指標から、標準体重を割り出します。
  2. 脂肪を摂り過ぎない
    脂肪は、体のエネルギーを体内に貯めておける機能であり、栄養素になります。しかし、脂肪の取り過ぎは肥満や病気の原因にもなり、体に悪影響を及ぼすことがあります。
  3. 野菜を多く摂る
    野菜には食物繊維が多く含まれており、食べた後の満腹感を与えてくれますので、食べ過ぎを防いでくれる役割があります。野菜を1日に350g以上食べるようにしましょう。
  4. 規則正しく1日3食を食べる
    規則正しく食べることで、体がエネルギーを貯めこもうとせずに、太りやすい体になりにくくなります。
  5. 日常生活で歩く歩数を増やす
    日常生活の歩数の目安(1日)
    ・成人男性:9200歩以上
    ・70歳以上男性:6700歩以上
    ・成人女性:7300歩以上
    ・70歳以上女性:5900歩以上
  6. 運動する習慣をつける
  7. 睡眠を十分取る
    睡眠不足は、疲れが十分取れないだけでなく情緒不安定にし、判断力を鈍らせます。最近では、睡眠不足は、食欲を増進を招き太りやすくするという研究結果が発表されています。
  8. タバコを吸わない、止める
  9. 飲酒はほどほどにする
  10. 歯を大切にする
    食事をする時に必要不可欠なのは歯ですが、歯が抜ける原因の多くは、虫歯と歯周病だそうで、歯周病は、食生活や喫煙、歯磨きの習慣などに深く関係があり、生活習慣病の1つとされています。歯周病を防ぐためには、生活習慣の改善と歯石を定期的に歯医者さんで除去してもらうようにしましょう。

上記の内容を実施していくことで、健康な体を形成していくことになります。

メタボに関して着るだけで脂肪燃焼Tシャツ「スレンダーマッチョプラス」が一番でした!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらから購入できます。

まとめ・感想

  • 生活習慣病とはどんな病気か?定義や簡単な予防方法についてですが、生活習慣病をきっかけにして、より重度の病気を引き起こしたり、合併症になったりしてしまうおそれがあることから生活習慣病は気をつけなければいけません。毎日の積み重ねから病気になってしまうので、毎日日頃から予防するように心がけて健康に過ごせるようにしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが研究の活力!
順位が表示されるまで待ってね。
 にほんブログ村 ダイエットブログへ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。