ダイエットを成功させる内臓脂肪を減らすには?落し方とは?

Pocket

ダイエットを成功させる内臓脂肪を減らすには?落し方についてです。中年になると大きくなるのは、お腹と態度ではないですか。今回は、お腹に注目です。メタボはご存知だと思いますが、訳すと内臓脂肪症候群といい、メタボは太っているだけでなく、様々な病気の起因になります。今回はそんな内臓脂肪の落し方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

メタボに関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

ダイエット!内臓脂肪を減らすには?落し方とは?についてです。

内臓脂肪と聞くと大きく出たパンパンのお腹を想像しませんか?

パンパンに張っているお腹は内臓脂肪によって大きくなってしまったのですが、ぷよぷよのお腹とどう違うのか?

ぷよぷよのお腹は皮下脂肪によって大きくなってしまったものです。

お腹の脂肪を『年だからしょうがない』って諦めていませんか?

健康を取り戻すために減らしていきましょう!今回は、内臓脂肪の落し方を紹介します。

内臓脂肪とは?

内臓脂肪とは、内蔵に付く脂肪のことですが、そんなことはわかっていますね。

内蔵に脂肪が付いてしまうから内臓脂肪なのですが、この脂肪は、女性よりも男性に付きやすいもので、主な原因としては、食事です。

食べ過ぎ飲み過ぎ、毎晩晩酌したり、焼肉、ハンバーガーやピザといった高カロリーなものが好きな方は気をつけるようにしましょう

健康診断中性脂肪コレステロールなどで指摘を受けた人も注意して下さいね。

脂質の多い食事をすると消費されずに余ったエネルギーは脂肪となって体内に蓄えられてしまいます。

この体内に蓄えられる先が肝臓などの内臓に蓄えられてしまい、内臓脂肪が増えていってしまうのです。

簡単に内臓脂肪を落とすには?

簡単に内臓脂肪落とすには、どうしたらいいのでしょうか。

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて落しやすいと言われています。

皮下脂肪は、付きにくいですが、落ちにくい脂肪です。

一方、内臓脂肪は、付きやすいですが、落ちやすい脂肪です。

内臓脂肪落とすには、食事の見直しと有酸素運動をすることで簡単に落とすことができます。

有酸素運動というのは、酸素を取り込む運動のことを言い、ウォーキングジョギング水泳エアロビクスなどが有酸素運動になります。

ちなみに筋力トレーニングは、無酸素運動と呼ばれています。

有酸素運動を行うと、筋肉に蓄えてられているグリコーゲンという物質がエネルギーとしてまず消費されその後脂肪が燃焼されます。

この脂肪の燃焼に使われるのが、皮下脂肪ではなく内臓脂肪で、内臓脂肪が優先的に使用されます。

スポンサーリンク

このことから皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が落しやすいということです。

内臓脂肪を落とす方法は?

内臓脂肪を落とす方法は、まずは、食事の見直しをすることです。

そして、有酸素運動筋トレを行うことで内臓脂肪を落していきます。

食事の見直し

内臓脂肪を落とすための食事についてですが、必ず3食食べるようにしましょう。

食事の回数を減らしますと体が次回の食事で普段以上のエネルギーを溜め込もうとして、カロリーの蓄える量を増やして対応しようとします。

そうすると、内臓脂肪を溜めてしまうことになりますので、食事の回数を減らすのはやめましょう。

内臓脂肪を減らすためなので、食事に油分や脂肪の摂取のし過ぎは内臓脂肪を溜め込んでしまうので、油を減らし、内臓脂肪を溜めないようにしていきましょう。

内臓脂肪を減らすためには、動物性タンパク質よりも植物性タンパク質を摂るようにすることで体に余計な脂肪を溜めることがありません。

ここでおすすめの野菜は、オクラ山芋緑黄色野菜になります。

これらの野菜には、ビタミンミネラル食物繊維が豊富に含まれており、体を内側から綺麗にしてくれます。

お肉が好きな方は難しいかもしれませんが、海藻キノコこんにゃくなどの食事を取り入れることで、内臓脂肪を減らすことができます。

有酸素運動

有酸素運動の紹介です。

ドローイン

ウォーキング

 

ランニング

 

きっつい有酸素運動

 

筋トレ

スクワット

プランク

クランチ

 

レッグレイズ

 

メタボに関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • ダイエット!内臓脂肪を減らすには?落し方とはについてでした。内臓脂肪は、まず、食事の見直しをするだけでかなり改善できますので、食べ過ぎ、飲み過ぎにならないようにすることから、まずは始めてみてはいかがでしょうか。それから、食事内容の見直しをして、それでもまだ落としたいといった時に、運動やサプリメントを取り入れると効果的だと思います。いきなり全てをこなそうとすると無理が出てきて結局長続きしません。長く続けていくことが大事だと思います。運動を取り入れる時は、動画を参考にすると正しく出来ると思いますので、実践してみて下さいね。行動しないとお腹のポッコリはへこみませんよ。無理せず楽しくがんばっていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。