ダイエットには簡単筋トレ!お腹周りを重点に攻めろ!

Pocket

ダイエットには簡単筋トレ!お腹周りを重点に攻めろです。ダイエットのきっかけで多くの方がお腹周りが太ったから始めるという方もいるかと思います。お腹周りの痩せる効果的な方法は運動と筋トレと、食べすぎないことです。今回はそんなお腹周りについて簡単な筋トレでお腹周りを重点的に鍛えて引き締めたいと思います。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

ダイエット筋トレの効果をさらにアップさせてくれる筋肉づくりサポートの加圧シャツ!
24時間いつでも着れるから無意識状態で筋トレOK!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらから購入できます。

ダイエットには簡単筋トレ!お腹周りを重点に攻めろ!ということで、お腹周りの贅肉を落とす簡単筋トレをご紹介して、めざせシックスパック!中年でも引き締まった肉体を手に入れていきましょう。

お腹周りの贅肉を落とすには、贅肉というだけあって贅沢をした証拠ということなんですよね。

贅沢な食事をすることをやめて、日本人が昔から食べていた食生活を送れば、自然と贅肉は落ちていきます。

昔から食べていた食生活というのは、質素な生活で、貧乏とかそういうことではありません。

これから簡単筋トレメニューなどを紹介しますが、運動しているからと言って食べる量を増やすことはしないように気をつけて下さいね。

それではちっとも痩せることが出来ませんよ。

おすすめ記事:ダイエット食品とレシピを紹介!スーパーフードのキヌア!

おすすめ記事:ダイエット成功!ダイエットサポートに人気の無料アプリを紹介!

お腹周りを痩せる方法は?

お腹周りを痩せる方法は、運動食事のコントロールです。

これにサプリメントをつけることが出来るとなお良いと思います。

運動がなかなかできないという会社員の方、多いと思います。

午前中に体を動かすと良い代謝状態が5~6時間ほど継続すると言われているので、朝起きたら散歩をする、通勤で歩く、階段を使うなどして運動するようにしましょう。

夜型の人は、朝方に切り替えるだけで代謝機能だけで体が痩せることもありますよ。

早朝にウォーキングスロージョギングができれば、バッチリですね。

主婦などで子どもが小さいから難しいという方には、普段の家事で運動と相当するようにすれば、十分に効果が得られると思います。

例えば、かかとを上げて掃除機をかけたり、食器を洗ったり、大きな動作で洗濯物を干したりするればいいのではないかと思います。

食事に関していえば、制限すると食べたくなりますので、コントロールするようにし、食べないということは選択せず、3食きっちり食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

食事に関しては、置き換えることを取り入れ、3食のうち1食をダイエット食品、ご飯をもやしに入れ替えたりして、カロリーを下げつつ、ちゃんと食べましょう。

甘いものやカロリーが高いものでも我慢せずに1週間に『1回は食べる』、『食べる量を減らす』といった具合にすれば、ストレスも溜まらずに済むと思います。

運動に関していえば、有酸素運動筋トレを行うことで、脂肪を減らすことが出来ます。

順番は、まず、筋トレを行った後に有酸素運動を行います。

こうすることで成長ホルモンが分泌されて、有酸素運動で脂肪が燃焼されやすくなります。

おすすめ記事:ダイエット方法で筋トレの種類を紹介!筋トレメニューも提案!

おすすめ記事:便秘解消法!苦しい時に便秘を解消してくれる食べ物とは?

お腹周りを重点的に運動するには?

お腹周りを重点的に運動する方法ですが、ここでは、小さなお子さんがいて家を空けられないという人ができる簡単エクササイズを紹介していきます。

ドローイン

腹斜筋のエクササイズ

 

おすすめ記事:ダイエットを簡単にする方法を紹介!簡単に痩せる方法とは?

お腹周りを簡単筋トレで攻める!

アブドミナルバーン【LV1】

 

アブドミナルバーン【LV2】

 

アブドミナルバーン【LV3】

 

おまけ

 

おすすめ記事:ダイエットを成功させるための皮下脂肪を落とす筋トレの方法とは?

ダイエット筋トレの効果をさらにアップさせてくれる筋肉づくりサポートの加圧シャツ!
24時間いつでも着れるから無意識状態で筋トレOK!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらから購入できます。

まとめ・感想

  • ダイエットには簡単筋トレ!お腹周りを重点に攻めろ!でしたがいかがでしたか?お腹に贅肉が付くということは、過剰にエネルギーを摂取しているということなので、食事のコントロールをして、筋トレと有酸素運動で引き締めていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。