糖尿病には目の症状があった!失明にならないためには?

Pocket

糖尿病には目の症状があった!失明にならないためにはどうしたらいいのか?最近、目がかすむ、ピントが合わない、新聞が読みにくいといったことありませんか?もしかすると、糖尿病が進行しているかもしれませんよ。糖尿病の目の症状を詳しく解説しますので、もし、該当するかもと思ったら、一度病院で診てもらいましょう。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

目を大切にするならこのサプリメント!
その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「えんきん」の効果を実感した意外な理由とは

糖尿病には目の症状があった!失明にならないためにはどうすればいいのか?

最近では、糖尿病の合併症に糖尿病網膜症による失明が

問題となっています。

この糖尿病網膜症は糖尿病の合併症の中でも非常に危険な症状の1つで、自覚症状がないうちに進行し、自覚症状が現れた時は失明の危機状態なのです。

こうしたことを防ぐためには、この糖尿病網膜症を知ることが予防への第一歩となります。

なぜ糖尿病で失明するのか?

糖尿病になるとなぜ、失明してしまうのか?これには、3つの原因が考えられています。

よく目を写真機に例えて話をすることが多いと思います。

レンズは水晶体で、フィルムを網膜とします。

レンズがくもっていては、フィルムまで光が届かずきれいな写真が撮れず、フィルムに痛みがあったらきれいなレンズでもきれいな写真は撮れません。

引用:公益社団法人日本眼科医会

糖尿病になると、レンズが濁るに相当するのが白内障で、フィルムの痛みは糖尿病網膜症となります。

糖尿病を患うと、視力障害になる原因が、この2つの症状が原因である場合が最も多いです。

この2つの病気ともう1つ、血管新生緑内障があり、これは、一般の緑内障とは違う病気で、原因は糖尿病網膜症で、これが重症になると血管新生緑内障となります。

緑内障になると視神経が圧迫され視界が狭くなり、視力が低下し、失明に至ります。

糖尿病になると他にも目の病気が引き起こされますが、主にこの3つが代表になります。

おすすめ記事:血圧と糖尿病には関係があった?!糖尿病患者は高血圧が多い

失明する原因は

失明する原因は、多くの場合が糖尿病網膜症であることが多いです。

これは、日本の社会が食生活を含めたライフスタイルが欧米化したことと、ストレスがたまりやすいという環境から糖尿病になりやすくなっていることが原因です。

糖尿病がなぜ問題となるかというと、糖尿病が原因で起こる合併症で、糖尿病網膜症が失明原因の上位になるからなのです。

日本では、年々上昇傾向にあり、1989年の調査で、視覚障害認定患者が、何の病気によって失明したかを比較調査したら、糖尿病網膜症が第1位となり、その頃の全体の約18%、約5分の1が相当することがわかっています。

現代では、糖尿病網膜症が失明の原因の第1位ではなくなっていますが、上位にあることは変わりません。

糖尿病網膜症が原因で失明することを専門用語で『中途失明』といい、なぜかというと、本来正常の視力を持っていた人が、人生の途中に、成年期・壮年期に失明するということでそう呼ばれています。

スポンサーリンク

生まれつき目が見えない人は、小さい頃から見えないので、手段を知っていますが、40歳~50歳ころで目が見えなくなると状況の変化についていけず、働き盛りだったり、社会的にも中心で重要な地位にある世代が失明する糖尿病網膜症は本当に怖い病気なのです。

糖尿病になると失明するのか?

糖尿病網膜症というのは、糖尿病になると全員なり、失明してしまうように思うかもしれませんが、そんなことはありません。

糖尿病になって数年から10年くらいの時間がなければ、糖尿病網膜症にならないということはわかっています。

血糖値をしっかりとコントロールすれば、糖尿病網膜症を予防することが出来ます。

重症化し糖尿病網膜症になり失明する患者は全体の20%くらいだと推定されています。

こうしたことを避けるためには、糖尿病になってしまったら定期的に眼科へ眼底検査を受けることが大切になってきます。

糖尿病網膜症とは?

糖尿病網膜症には、進行によって大きく分けて三段階あります。

単純糖尿病網膜症

単純糖尿病網膜症では、視力には全く影響がないのですが、症状としては、針の先くらいの小さな点状出血、これより大きめの斑状出血、毛細血管が膨らむ毛細血管瘤、脂肪やタンパク質のシミ(硬性白斑)、血管がつまったシミ(軟性白斑)等が検査をすると見えますが血糖値をコントロールしていると、自然と消えます。

増殖前網膜症

増殖前網膜症では、軟性白斑が多く出たり、血管が詰まってしまい酸素欠乏になっているところが出たりすると、新生血管が出てくる前段階となります。

静脈が異常に腫れたり、毛細血管が不規則になり、正確な状況を把握するために蛍光眼底造影(血管造影)をすることがあります。

この段階でも視力に影響はないのですが、失明するような危険な状況になっています。

増殖網膜症

増殖網膜症では、かなり重症な段階に入ってきます。

新生血管が破れて起こる硝子体出血、増殖膜、網膜剥離というのが起こっていますが、まだ自覚症状がありません。

この段階に来ると自然に治ることは少なくなります

この段階では、目の中に煙のすすがたくさん出たり、赤いカーテンがかかるといった自覚症状が出てくるのですが、これは相当、進行してしまっていますので手遅れ状態と言っていいでしょう。

合併症について

今回紹介した糖尿病網膜症以外にも糖尿病による目の病気はあります。

屈折調節異常、虹彩炎、外眼筋麻痺、虚血性視神経症、糖尿病性角膜障害などがあり、これらを見てもわかるように糖尿病と目というのは、侵されないところがないくらいなのです。

これらの病気に対してもそれぞれ適切な治療をしていかなければならず、必ず眼科医に診察をうけるようにしましょう。

目を大切にするならこのサプリメント!
その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「えんきん」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 糖尿病には目の症状があった!失明にならないためにはどうしたらよいのか紹介しました。まず、失明しないようにするためには、糖尿病にならない。糖尿病にならないためには、食事と運動、ストレスを溜めないように気をつけないといけないですね。会社勤めをすると運動する機会はめっきり減ってしまいますが、意識して運動する機会を増やしていくようにしましょう。私も最近運動していないので、運動するように気をつけていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。