自分より前に進んでいる人から学ぶことが大事だ!

Pocket

自分の前を進んでいるというのは、どういうことか?『前に進んでいる人から素直に聞くことなんてできない!』なんて態度しないでくださいね。人生には、この先どんなことが起こり得るか未来を知る方法が、実はこの前に進んでいる人たちから話を聞くことなんです。今、これを知れば、早い段階で得することになると思います。この話をあとにした時間だけ、気付きが遅くなると思いますよ。それではどうぞ!

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるがサインの時に書く言葉

サインを求められた水木しげるさんが色紙に書く言葉が『人の後ろを歩きなさい』だそうです。

そして、経営の神様、船井総合研究所名誉会長・船井幸雄さんも「同じこと」を言ったそうです。

また、松下幸之助さんの松下電器産業は、他社の開発した製品を真似た商品を半ばしすることが多かったそうです。

そのため、一時期は、マネシタ電器と言われていたそうです。

真似をすることは時間とお金を節約する成功への道

真似をすることは、良くないことという考えがあると思います。日本人の多くの方は、パクリに否定的ではないでしょうか。

自分のオリジナルでなければという考えは素晴らしいと思います。

スポンサーリンク

ですが、中小企業のように、資金や時間などのリソースのない会社には、オリジナルを開発することはなかなか難しいことです。

ですが、真似をすることというのは、実はお金と時間をかけずに、なおかつ、すぐに結果が出せる安全な方法で、真似ることは成功への近道だったりします。

ソフトバンクは、人の褌を借りて大きくなった

ソフトバンク社長の孫正義さんは、『人の褌を借りて大きくなった会社です』と言っていますが、人の真似をして大きくなった会社ということです。

ソフトバンクの前身は、お忘れの方も多いと思いますが、J-phone(Vodafone?)ですね。

この会社を孫社長が買収して、今のソフトバンクになったんですよね。

人の真似をするというのは、真似力なのかも

真似をすることで、実力が磨かれ、そして、運も磨かれていく。

先に成功している人、人生を先に進んでいる人、多く稼いでいる人を見て、真似をしてみましょう。

この人は、どういう考え方をしているのか、どういう好みなのかなど色々情報を集めてみるのです。

そして、どんどん真似るのです。

まとめ・感想

  • 実力より先に真似力をつけよう。
  • 成功者、先輩などの行動をよく観察し、真似をして人生の成幸者になろう。
  • 真似をすることで、時間とお金をショートカットして、スピード成功できるようにしよう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。