ルテインとは何か?ルテインの摂取による効果・効能とは?

Pocket

ルテインとは何か?ルテインの摂取による効果・効能とは?普段、我々の生活では今や欠かすことのできなくなっているパソコンやスマートフォンですが、これらを使用するようになって目を酷使する環境にあります。このような機器からの光は有害で、私たちの目に悪影響を与えます。この状況で助けになるのがルテインです。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

目の健康サプリメントはいろいろと試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「えんきん」の効果を実感した意外な理由とは

ルテインとは何か?ルテインの摂取による効果・効能とは?

ルテインは、どんな食べ物に含まれているかというと、緑黄色野菜などに含まれている色素になります。

有害な光から目を保護してくれる他に、加齢による目の病気に対しても効果を発揮されると言われています。

目にこんなにも良いルテインなのですが、一般の人にはあまり知名度が高くないようです。

そんなルテインの基本とその効果、副作用などを紹介してしていきます。

ルテインの基本

ルテインとは、強い抗酸化作用を持っているとされているカロテノイド一種で、ほうれん草ブロッコリー人参かぼちゃといった緑黄色野菜に多く含まれている成分になります。

人間の体内の器官、皮膚にも存在しており、乳房や子宮頸部に多く存在していることが知られていますが、特に目の水晶体と黄斑部に存在するカロテノイドはルテインとゼアキサンチンと言われており、網膜と黄斑部は、視機能が正常に機能するために重要な働きを果たしています。

色彩に鋭敏な錐体細胞と呼ばれる細胞が存在する黄斑部では、視力や色覚といった視覚の多くを担っている部位になります。

黄斑部、網膜にあるルテインは、紫外線や最近ではブルーライトを発するスマホやパソコンなどのような光を吸収、そして、これらの光によって発生する活性酸素を除去する作用が、ルテインが網膜の変性を防ぎ、目の健康を維持してくれると考えられています。

カロテノイド

カロテノイドというのは、一体何でしょうか。

カロテノイドは、自然界にある色素で、750種類以上あります。

身近なものとしては、花弁の黄色、橙色、紅葉の赤色、黄色、野菜や果実の黄色、橙色、赤色のほかにも、切り身やイクラの赤色、加熱したタイやエビの赤色などがあります。

人間の中に流れている血液中に含まれている主なカロテノイドは、βーカロテンαーカロテンリコピンルテインゼアキサンチンβークリプトキサンチンがあります。

おすすめ記事:目の疲れを取る方法、眼精疲労の治し方と対処法を紹介!

ルテインの効果

ルテインには、4つの効果があります。

加齢黄斑変性症の予防効果

加齢黄斑変性症とは、加齢にともない黄斑部の働きに異常が起こってしまい、視力が低下してしまう症状です。

日本では、高齢者が失明する原因の一つとして挙げられています。

スポンサーリンク

この加齢黄斑変性症の症状は、『物の大きさ、色彩など見ているものが違って見える』、『物が動いたり、曲がったりするように見える』というのです。

アメリカの研究報告で、1日10mgのルテインを単独か他の抗酸化物質、ビタミン、ミネラルと併用して12ヶ月間摂取したところ、加齢黄斑変性症の症状に改善が見られたと報告をしています。

イギリスやオランダの施設でも、1日10mgのルテインエステルを12ヶ月間摂取したところ、視力低下が抑制させれたという報告もあります。

ルテインを摂取すると黄斑変性症の初期症状にある、ボクサーになることがある『飛蚊症(ひぶんしょう)』と呼ばれる虫が飛んでいるようにみえる症状に対しても有効であるとされています。

白内障の予防効果

白内障とは、加齢にともない目の水晶体が白く濁ってしまい、視力が低下してしまう病気です。

水晶体は、カメラで言えばレンズの役割をする組織であることはご存じの方も多いと思います。

水晶体というのは、異常がなければ透明で、白内障になると白く濁ってしまうために光を集めても眼底、網膜に光が十分に届かないため、視界のかすみ、視力の低下といった症状が出てきます。

この白内障に対してもルテインは、目に入ってくる有害な光を吸収してくれるため、白内障のリスクを低減してくれる効果が有るとされています。

ルテインは、緑黄色野菜に多く含まれているので、摂取する頻度が高くなると白内障のリスクが下がるということがわかっています。

コントラスト感度の改善効果

コントラスト感度というのは、能力評価で、はっきりとした輪郭を持っていない、濃淡がはっきりしない模様を識別できる能力を評価したものになります。

このコントラスト感度は、45歳ごろを過ぎると急激に低下すると言われています。

コントラスト感度に関しても、ルテインを摂取すると改善効果が認められています。

美肌改善効果

ルテインが、肌を改善してくれることもわかっています。

目に多くルテインが含まれていますが、皮膚にもルテインは存在しています。

皮膚に含まれているルテインは、酸化や光の影響から肌を守ってくれる作用があります。

報告では、乾燥肌の45歳~59歳のイタリア人女性を対象にした臨床試験において、ルテイン3mg、α-リボ酸2.5mg、アスコルビン酸45mg、トコフェロール5mgを含んだサプリメントを8週間摂取したところ、血液中の活性酸素量が低下、皮膚の水分量・脂質量の増加、皮膚の過酸化脂質量の低下が確認されました。

過酸化脂質というのは、女性が嫌いなくすみしみとなる原因物質になります。

目の健康サプリメントはいろいろと試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「えんきん」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • ルテインとは何か?ルテインの摂取による効果・効能についてでした。こうして見てみますとルテインというのは目に良いことがわかりますね。ルテインの摂取をすることで自分の目を守るようにしましょう。最近では、野菜嫌いな方もいらっしゃるようですが、緑黄色野菜にはこのルテインが豊富に含まれていることがわかっており、そして、効果があることが報告されていますので、野菜は積極的に食べるようにしていきたいですね。野菜をもりもり食べて、年をとっても見える目を守りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。