痛風の症状が足に出た!原因と対策法は?痛風の前触れは?

Pocket

痛風の症状が足に出た!原因と対策法は?痛風の前触れについて紹介します。ぶつけてない、ぶつけた記憶もないのに、なんだか足が痛い。それも親指の付け根が、もしかして、これは痛風かも?あなたがお酒好きなら痛風の可能性があります。30代、40代なら飲み友達に痛風を経験したことがある人が何人かいることでしょう。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

メタボに関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

痛風って聞くと『風が当たっただけで痛いんでしょ?』って、私は、思ってしまいます。

私は、痛風をまだ経験していません。

年齢もそれなりに重ねて、お酒がそこそこ好きな私は、もしかして、いつか痛風を経験する時が来るかもしれない・・・ということで、痛風について色々と調べてみました。

痛風になると毛布が擦れるだけでも痛いと経験者は語ります!(゚д゚)!

『痛風になるのは嫌だ~!』と思っています。

ということで、まずは痛風について知ることから始めていきます。

それでは痛風について見ていきましょう。

痛風の症状とは?

痛風の症状についてですが、関節の痛み腫れということで、それも多くの場合が足の親指の付け根に症状が出るということです。

痛風になると足の親指の付け根が赤く腫れて、熱くなり、これまでの人生で経験したこともないような激痛だそうです。(女性で出産経験のある方は、もしかすると・・・)

声も出ないほど、ということで、なんと恐ろしいことでしょう!

痛風とになると、足が腫れますので、今まで履いていた靴が履けなくなります

そのくらい腫れるのですね。

毛布に擦れるだけで痛いので、靴下を履くことだってめちゃくちゃ大変です。

動かしても痛い、歩くことなんてとんでもない!小石をまたぐことすら出来ないということですから、痛風にはなりたくないものです。

もし、小石をふんでしまったらどんな事態になると思いますか?

トムとジェリーで、猫のトムが足を金槌で殴られたときに出す声なんて比ではないとか・・・

痛すぎて声が出ないとも言われています。

これが痛風の症状についてになります。

痛風には気をつけましょうね。

痛風の前触れとは?

痛風は、突然なるものではないようです。

痛風にも前触れみたいものがあり、その段階で気付けるといいんですけど・・・(^_^;)

前触れとしては、足の親指の付け根に捻挫打撲といった鈍い痛みのようなものを感じるそうです。

ここでは、まだ赤く腫れたりといった見た目の症状は表れていません。

前触れから次の段階になると、見た目の症状が出てきます。

赤く少し腫れが患部に出てきます。

こうなると、痛風になる初期段階に入ってきます。

スポンサーリンク

初期段階から進み、次の段階になると

締め付けられるような痛み腫れが表れてきます。

ここでは痛いのですが、まだ耐えられないほどではないです。

この段階に入って、痛風かもしれないと思うと言われています。

この初期段階から進んだ段階までの期間は、数日から半月くらいで、病院に行っていないと、このあと、足にとんでもない衝撃をうけることになります。

痛風になる原因とは?

痛風の痛みの原因は、尿酸結晶関節に刺さることで、炎症を起こして、腫れ痛みになります。

通常であれば、尿酸というのは、体外に排出されるものなのですが、この尿酸がうまく排出されずに体内に蓄積されたり、異常に分泌されてしまうと尖った尿酸結晶になり、血液にのって弱った関節や疲れた部位にぶっ刺さります。

これを痛風発作と呼んでいます。

尿酸結晶は、高尿酸血症の状態を放置しておくとなりますが、高尿酸血症はどうしたらなるのかというと、尿酸値を上げてしまうとなります。

尿酸値が上がる原因は、

  • プリン体を含んだものを食べる、飲む
  • アルコールを飲む

尿酸が治療によって下がるときにも痛風発作にはなりやすいので、気をつけるようにしましょう。

痛風になったときの対策法は?

もし、痛風になってしまったとき、痛風発作になってしまったら、迷わず病院へ行ってください。

行くのは、整形外科です。

前触れの段階でもいいので、行って下さい。

病院に行くと痛風か診断されるので、痛風であれば、尿酸値を下げる薬を処方してもらえます。あと、痛み止めと湿布を出してくれると思います。

応急対応

突然、痛風になってしまい、痛すぎてなんとか痛みを和らげたいという応急処置をご紹介します。

痛風の応急処置は、患部を冷やして下さい。

痛いところをガンガンに冷やして麻痺させるくらいに冷やしたら、痛みが和らぐはずです。

そして、安静にして、水分は摂るようにしましょう。

水分は、コーヒーやジュースはダメです。

水かお茶で、尿酸濃度を下げるように飲むと尿酸濃度が薄くなっていいと思います。

メタボに関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 痛風の症状が足に出た!原因と対策法は?痛風の前触れについてご紹介しました。私も痛風を心配する年齢に入ってきたので、痛風のことを知ることが出来ました。これでもし、痛風になってしまっても、患部を氷枕などでガンガンに冷やして、痛みを和らげる方法は、覚えておくことにします。それにしても、痛風は贅沢病と言われていたはずなのに、30代の3割が痛風予備軍ということですので、痛風には気をつけていきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。