ストレスが高血圧の原因!?高血圧の対策方法とは?

Pocket

ストレスが高血圧の原因!?高血圧の対策方法を紹介します。高血圧の原因というと暴飲暴食と思うかもしれません。しかし、実はストレスが原因で高血圧になる人が増えてきているそうです。ストレス社会とも言われているので、いかにストレスをコントロールしていくかは重要です。ストレスと高血圧の関係をみていきましょう。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

血圧サプリメントはいろいろと試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「わかめペプチド粒タイプ」の効果を実感した意外な理由とは

ストレスが原因で血圧が上がってしまうってご存知でしたか?食生活ばかり気にして、ストレスに関して気にしないと高血圧がどうしてなのか、原因がわからず、正しい対策をすることが出来ずに、いつまでも高血圧を放置しておくということになってしまいます。

高血圧は放置しておくと、病気になる可能性があります。

脳卒中や心筋梗塞などのリスクが高まりますので、高血圧は解決したい問題なのです。

ストレスがなぜ血圧を上げてしまうのか?

少し前までは、ストレスを受けることで交感神経の働きで血管が収縮してしまい、その結果、血圧が上昇してしまうと言われていました。

しかし、最近、より科学的メカニズムが判明してきています。

心理的ストレスや単にストレスを受けると、脳から副腎ホルモンというのが分泌されます。

その刺激を受けると副腎からアドレナリンが分泌、神経末端からノンアドレナリンが分泌されます。

アドレナリンは、興奮する作用があり、心拍数を上昇させ、ノンアドレナリンは、交感神経を刺激し、血管を収縮させるので、2つの作用が結果、血圧を上げる作用をしてしまうことになります。

こうしたストレス反応をやわらげるために副腎ホルモン分解する酵素が分泌されます。

体内でストレスによって、副腎ホルモンの分泌、酵素が分解することで、体内に活性酸素が発生します。

ストレスを多く受ければ、それだけ活性酸素が多く発生します。

活性酸素は細胞を変質させる効果で、がん動脈硬化といった病気にすることがわかっています。

最近の研究では、活性酸素によって高血圧の原因であることが指摘されています。

おすすめ記事:ダイエットで高血圧を予防しよう!高血圧のダイエット方法

ストレスに注意が必要な人

ストレスを受けることで一時的に血圧が上る人でも健康な人であれば、しばらく待てば正常な血圧に戻りますが、ストレスを受けて、血圧が回復しづらいという人も当然います。

次に上げる人はストレスには要注意です。

65歳以上の高齢者

65歳以上の高齢者になると、ちょっとした軽いストレスでも血圧の変動となりやすく、病院で血圧を測ると高くなってしまう白衣高血圧という症状も高齢者にはよく見られます。

地震などの災害や引っ越し、家族・親族関係の悪化など、環境の変化に対して高齢者というのは大きなストレスとなって、高血圧発症するきっかけとなります。

関連記事:高齢者の高血圧の症状とは?その原因と対策・改善方法とは?

メタボリックの人

メタボリックシンドロームを患っている人、肥満の人は、高血圧の他にも高脂血症糖尿病といった病気を併発することが珍しくありません

こうして複数の病気を患っていて、動脈硬化になりやすい状態をメタボリックシンドロームといっています。

上記で挙げた病気は、肥満の他にインスリンの働きを悪化するインスリン抵抗性といった共通した要因があり、ストレスをうけると食事を食べすぎて肥満をさらに進行させたり、インスリンの分泌を悪化させるといったことになり、メタボリックシンドロームをさらに進行させてしまい、血圧に影響を与えやすくなるので注意する必要があります。

関連記事:メタボリックシンドロームの基準は?あなたも予備軍かも?!

脳卒中になった家族がいる人

家族が脳卒中になった人がいると高血圧を発症しやすい体質の可能性があり、脳卒中や心臓病、心筋梗塞になるリスクが高いと診断されます。

家族というのは、自分と同姓の祖父母・父母・兄弟(姉妹)などといった近い関係です。

おすすめ記事:血圧と糖尿病には関係があった?!糖尿病患者は高血圧が多い

自分のストレスを知る

自分のストレスを知るというのは、実は、ストレスを受けているのに自分ではストレスと感じていないために、知らないうちに体調を崩してしまうという方は、まずは、ストレスで血圧上昇を予防するために自分のストレスを知ることから始めましょう。

スポンサーリンク

次に紹介する症状を感じたらストレスかもしれませんよ。

寝付きが悪い・眠れない

寝付きが悪い眠れないといった症状や、夜中に何度も目を覚ましてしまう場合は、ストレスを疑ってみる必要があります。

思い当たるストレスがあるかもしれませんよ。

体調を崩しやすい(風邪をすぐに引く)

ストレスを受けている時は、免疫力が低下して風邪を引きやすくなります。

もしくは、湿疹や肌荒れ、咳、鼻炎を引き起こします。

腹部の調子が悪い(胃痛・腹痛)

内蔵で胃や腸は、ストレスによって症状が出やすい臓器で、消化不良や胃痛、腹痛を引き起こしやすいです。

急に下痢便秘になったりした時は、『もしかしてストレスかも・・・』と注意する必要があります。

頭痛・肩こり

ストレスは、内臓だけでなく体の筋肉にもときには影響が出るときがあります。

ストレスによって筋肉の緊張を高めて、血液の流れを悪くしたり、緊張で頭痛や肩こりを引き起こします。

ストレスを解消して高血圧を解消

ストレスが原因で血圧が上がってしまう人は、ストレス解消を心がけることで血圧への影響を抑えることが期待できます。

しかし、簡単に解消できれば苦労はしませんよね。

ストレス解消だけでなく、ストレスに対する抵抗力を高めることも血圧をコントロールするためには必要になってきます。

ストレス解消の睡眠前と入浴時間

ストレスを解消するために重要なのが、睡眠前入浴になります。

この2つをどうすればストレス解消となるかというと、眠ろうとして寝付けないといった症状のときは、脳が緊張状態でなかなか眠れないので、そんなときは無理に眠ろうとはしないで、眠たくなるまで、本を読んだり音楽を聴いたりして脳をリラックスする時間を作るといいです。

脳をリラックスさせるのが目的なので、推理小説といった本、飲酒、喫煙、考えごとは避けるようにしましょう。

もう1つは、入浴時間ですが、寝る30分くらい前にぬるめのお湯に浸かってリラックスします。

こうすると眠りやすくなりますが、熱いお湯に入ると体に良くないので止めましょう。

入浴というのは、精神的なストレス解消にも役立つので、入浴を楽しむようにしましょう。

入浴剤を入れて楽しむというのも効果的ですよ。

おすすめ記事:高齢者の高血圧の症状とは?その原因と対策・改善方法とは?

適度な運動

ストレスに対して適度な運動というのは、体の緊張を取ってくれて、気分転換ができるということでストレス解消になります。

運動することで、血圧を下げる物質やして、血圧を上げる物質らす効果があり、さらに、コレステロール値下げて、動脈硬化を防ぐという効果もあるということで、脳卒中や心筋梗塞の予防にもつながります。

こうやって聞くと、『運動って体にいいんだ!』とがんばってしまい、逆に血圧を上げてしまうという方がいらっしゃいますが、この運動は血圧をコントロールするための運動ということを忘れないでくださいね。

無理なく軽くする運動なので勝負や順位を競う運動は、血圧を上げることになりますので、控えるようにしましょう。

無理のない軽い運動というのは、食事後1時間で、ウォーキングをするくらいの運動のことです。

食事でストレス対策

食事の面からもストレス対策をしていきます。

ストレスを受けると副腎ホルモンの分泌が多くなりますが、このときに原料として使われるのがタンパク質やビタミンCやBなどが使われます。

ストレスを受けている時は、元気が無いので食事もおろそかになりがちですが、肉や魚のタンパク質、野菜などのビタミンを摂るようにしましょう。

しかし、胃や腸に負担をかけないように量には気をつけて下さい。

活性酸素対策として、抗酸化ビタミンC、Eとβカロテン、ストレスから脳の緊張を沈める効果が期待できるカルシウムを摂るようにしましょう。

仕事で忙しいという方には、野菜ジュースや健康食品、サプリメントで栄養を補助することも忘れずに。

血圧サプリメントはいろいろと試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「わかめペプチド粒タイプ」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • ストレスが高血圧の原因!?高血圧の対策方法について紹介しました。ストレスは、高血圧だけでなく、いろんな病気の原因になります。ストレス社会で生き抜くためにストレス解消法は身に付けておきたいですね。それにしても、ストレスが原因で肩こりがあるとは私の近くにストレスで肩こりという方がいるのですが、ある人が原因なので、そのある人がいないと肩こりがないというので、完全にストレス性の肩こりというのがわかりました。人間の体は不思議ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。