糖尿病になりやすい原因となる食事とは?食べ物の共通点とは?

Pocket

糖尿病になりやすい原因となる食事とは?食べ物の共通点をご紹介していきます。糖尿病は大きく分けることができ、発症要因から1型と2型に区別できます。日本人の糖尿病患者で約95%が2型の糖尿病と言われており、ライフスタイルの乱れが原因で起こります。糖尿病になりやすい原因となる食事とは一体?その共通点とは?

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

メタボに関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

糖尿病は、1型2型と大きく分けると2種類に分類され、その原因は様々ですが、日本人の糖尿病患者の約95%が『ストレス』、『肥満』、『運動不足』、『暴飲暴食』といった生活習慣乱れから起きている場合が多いと言われています。

年齢を重ねると基礎代謝が落ち、太りやすいという原因もありますが、大部分は、『生活習慣』から起因するところが大きいです。

糖尿病になりやすい食事とは?

糖尿病になりやすい食事とは、『ジャンクフード』、『炭水化物』、『動物性脂肪』、『甘いお菓子』、『アルコール』です。

それぞれどんな特徴があるのか見ていきましょう。

ジャンクフード

ハンバーガーやフライドポテト、カップラーメンなどのジャンクフードは、高カロリー高脂質で出来ているので、肥満になりやすい食事です。

ファーストフード店では、コーラなどの砂糖が使われた甘い飲み物がセットなどで提供されていますよね。

ハンバーガーといったジャンクフードは、早く食べてしまう傾向にあり、肥満になりやすい要因です。

太っていなくても早く食べてしまうことで、食後に血糖値を急に上げることになるため、糖尿病の原因になるとされています。

ジャンクフードは、添加物が含まれる加工された食品で、この添加物がもっと食べたいという欲求起こすことが研究によって報告されており、ジャンクフードは食べすぎてしまう傾向があります。

炭水化物

炭水化物は、ご飯やパンといった物に含まれていることはご存じの方も多いと思いますが、炭水化物の摂り過ぎが肥満につながります。

しかし、炭水化物がもつカロリーというよりも、炭水化物に含まれる糖質が糖尿病にとっては重要になります。

ご飯やパンなどの炭水化物を食べてると食後、2時間以内ブドウ糖に変わり、血液中に含まれます。

血液中に入ったブドウ糖濃度が一時的に高くなり、血糖値の上昇が起きるとため、糖尿病患者には気をつけなければいけない食べ物です。

でも、炭水化物を全く食べなくても良いというわけではありません。

現在の糖尿病患者は、食事の時に一定量の炭水化物を食べるように指導されています。

日本人の約95%が2型の糖尿病で、その原因は、肥満、運動不足、暴飲暴食なので、糖質のみを制限して、他の食材を好きに食べても良いということにはなりません。

仮にお肉をたくさん食べる食生活が健康に良いか?というとそうではありませんよね。

動物性脂肪

動物性脂肪というのは、牛肉や豚肉など、動物の肉に含まれており、カロリー高く飽和脂肪酸というLDL(悪玉)コレステロール値上昇させます。

肥満につながりやすく、インスリン抵抗性を引き起こしやすい脂肪がたくさん含まれております。

飽和脂肪酸というのは、動物性脂肪以外にも乳製品やマヨネーズといった卵製品チョコレートスナック菓子にも多く含まれています。

チョコレートが好きな私には、とっても残念なのですが、チョコレートを食べる量を減らすかしないといけないことになります。

では、飽和脂肪酸ともう1つの不飽和脂肪酸がありますが、不飽和脂肪酸とはどういったものなのでしょうか。

不飽和脂肪酸というのは、サバサケサンマカツオといった魚に多く含まれており、中性脂肪低下血圧を下げるという効果があり、LDL(悪玉)コレステロール値低下してくれ、インスリンの働き改善してくれるものです。

糖尿病患者には、魚を食べるようにしないといけないのはこのことだったのですね。

甘いお菓子

スポンサーリンク

甘いお菓子は、洋菓子、和菓子を問わずになります。

和菓子の方が、洋菓子よりもカロリーが低いから大丈夫ということはないので、甘いお菓子としました。

ケーキであれば生クリーム、小麦粉、砂糖が含まれており、糖質が高いものが多く含まれております。

まんじゅうであれば、あんこの小豆、砂糖、餅粉、まんじゅうの皮に糖質が高いものがあります。

女性で太っていなくても、血糖値が健康診断で高めに出る方は、妊娠をきっかけにして女性ホルモンなどの影響で糖の代謝機能異常を引き起こしてしまうと妊娠糖尿病になることがありますので、注意が必要です。

アルコール

アルコールは、糖尿病患者には基本、禁酒をすすめています。

お酒にカロリーなんてそんなにないと思っている方もいるかもしれませんが、日本酒ビールワインには糖質も含まれております。

焼酎は、糖質がほとんどありませんが、水割りでご飯茶碗一膳分くらいのカロリーを持っています。

お酒だけで済めばいいのですが、ここにおつまみが含まれるとカロリーが上がってしまいます。

おつまみには、塩辛いもの、脂っこいものとの機会が多く、これらがさらに食欲を増進してしまいます。

おすすめ記事:血圧と糖尿病には関係があった?!糖尿病患者は高血圧が多い

糖尿病になりやすい食事の共通点とは?

糖尿病になりやすい食事の共通点について、一体どんな共通点があるのでしょうか?

糖質の多い食べ物について

糖質の多い食べ物について、糖質というのは、ブドウ糖とや果糖に分解されることで吸収されますが、血糖値を早く上げてしまう一番のものは、ブドウ糖そのものを食べることです。

砂糖というのは、ブドウ糖果糖が結びつくことで出来ている単純な構造で、血糖値を上げやすいものです。

砂糖でも白砂糖黒砂糖グラニュー糖などありますが、白砂糖が砂糖の中で血糖値を上げやすいと言われています。

血糖値を上げない甘味料はないか?というと実はあります。

アスパルテームなどの人工甘味料が体内で吸収されずに血糖値を上げないと言われています。

天然甘味料としては、エリスリトールがあります。

炭水化物は、食物繊維糖質になりますが、食物繊維は消化されず血糖値を上げないものですので、それほど考える必要はありません。

炭水化物は、多くが糖質なので、食べると最終的にはブドウ糖になり、血糖値を上げることになります。

ご飯は、炭水化物として控えるように指導されますが、玄米は、白米に比べて食物繊維など多く含まれているので、血糖値を上げにくいと言われております。

塩分が多い食べ物について

塩分が多い食べ物について、塩分は直接糖尿病になるわけではないのですが、間接的に糖尿病になる要因になります。

塩分が多い食べ物を食べ過ぎてしまうと、血圧が上昇し高血圧を引き起こします。

高血圧は、腎臓に負担をかけることになり、腎臓はインスリンに関する臓器なので、腎臓の機能が低下するとインスリンの分解が滞ってしまい、糖尿病になりやすい状態になってしまいます。

おすすめ記事:糖尿病には目の症状があった!失明にならないためには?

糖尿病になりにくい食事とは?

糖尿病になりにくい食事というのは、食事でカロリーを必要以上に摂取しないことです。

必要以上のカロリーは体にとって害になります。

バランスの取れた栄養をその日に必要な量の分だけ摂取することで、すい臓の負担が減り、すい臓の能力が回復していきます。

食べ過ぎないで、インスリンを多く必要とする食事メニューに気をつけた食事であれば糖尿病の治療には効果があり、糖尿病でない人にとっても糖尿病予防になります。

糖尿病にとって、良い食品、悪い食品というのは無いそうです。

どんな食品も食べ過ぎはよくありません、程々に食べることが体にはいいのです。

おすすめ記事:生活習慣病とはどんな病気か?定義や簡単な予防方法について

メタボに関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 糖尿病になりやすい原因となる食事とは?食べ物の共通点とは?を紹介しました。糖質が多い食べ物を食べすぎたり、塩分が多い食べ物を食べすぎたりするのは体に良くありません。糖尿病に良い食べ物、悪い食べ物というのがないということなので、美味しいからといって食べ過ぎたり、飲みすぎたりしないようにしましょう。糖尿病になると血液の検査したり、インスリン注射をしたりと健康の時と比べて大変手間がかかるようになります。やっぱり健康な体が一番です。気をつけていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。