動脈硬化の原因と症状とは?予防するための食事とは?

Pocket

動脈硬化の原因と症状とは?予防するための食事とは?です。動脈硬化は生活習慣によって大きく影響することがわかっており、動物性脂肪の多いものばかり食べていると、血管壁に油分が付着して血管を詰まらせたり、破れたりします。こうしたことを予防するために、動脈硬化について知って、生活習慣を見直すことが大切です。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

メタボに関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

生活習慣から血管は詰まってしまったり、血管がもろくなってしまいます。毎日、少しずつ変化していくので、病気に気づきにくいという特徴があります。会社員の方であれば、毎年、健康診断がありますが、主婦や自営の方は、自分から健康診断をしなければなりません。病気にならないように注意していきましょうね。

動脈硬化の原因

動脈硬化の原因とは、食事運動喫煙飲酒ストレスといった生活習慣が大きく影響します。

もし、食事で動物性脂肪の多くカロリーの高いものを食べていると、血液中の悪玉コレステロール中性脂肪の増加をまねき、過酸化脂質を増やすことになります。

こうしたコレステロールや中性脂肪が血管壁に付着することで、血管をつまらされたり血管が破れてしまったりしてしまう原因になります。

下記の症状があるという方は、動脈硬化の危険因子を持っているということになりますので、生活習慣の見直しや予防をするようにしましょう。

  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 喫煙
  • 運動不足
  • 栄養バランスが崩れた食事
  • お酒
  • 加齢
  • ストレス

おすすめ記事:動脈硬化を予防する食事とは?動脈硬化を食事で改善しよう!

動脈硬化の症状

動脈硬化の症状は、動脈硬化事態の症状に関していうとはっきりと分かる自覚症状がないので、症状だけで動脈硬化を早く発見することは難しいのが現状です。

でも、放って置いてよいというわけではありません

動脈硬化は、心臓病脳血管障害閉塞性動脈硬化症といった重大な病気になる可能性があるため、定期的に病院で健康診断などの検査を行うことや自宅で自分の体重を測ったり、血圧を測ったりして、異常がないか確認することで発見することができる可能性があります。

スポンサーリンク

おすすめ記事:血中脂質が高い原因とは?高いとどんな病気になる?

動脈硬化を予防する食事とは

動脈硬化を予防する食事とは、動脈硬化の原因とされる悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールを下げることができるかにかかっています。

悪玉コレステロール(LDL)と反対の作用の血液中のコレステロールを回収してくれるのが、善玉コレステロール(HDL)です。

この善玉コレステロール(HDL)を増やし、悪玉コレステロール(LDL)を減らすこと、2つのコレステロールを正常に保ち、禁煙・運動・食事を規則正しい生活習慣で身につけることが重要です。

悪玉コレステロール(LDL)を減らす

悪玉コレステロール(LDL)を減らすには、食物繊維をしっかりと摂るようにしましょう。

成人男性であれば、1日20g以上で、成人女性であれば、1日18g以上が必要な量です。

しかし、日本の実際の食物繊維の1日一人あたりの平均は14.8gという結果になっています。

食物繊維には、2種類あり、不溶性食物繊維水溶性食物繊維があります。

コレステロールの吸収を穏やかにしてくれるのは、水溶性食物繊維の方で、果物や海藻、イモ類に多く含まれています。

おすすめ記事:便秘解消法!苦しい時に便秘を解消してくれる食べ物とは?

大豆や青魚を食べよう

肉を食事の中心としているとLDLコレステロールを増やすことになり飽和脂肪酸が多く含まれます。

青魚であるサバサンマには血管が詰まるのを防ぎ、血液をサラサラにする効果がある不飽和脂肪酸が含まれています。

大豆には、不飽和脂肪酸のリノール酸が含まれていて、血液中のコレステロールを減らす効果があります。

メタボに関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 動脈硬化の原因と症状とは?予防するための食事とは?について解説してきました。普段の食事でも、動脈硬化を予防することができることはたくさんあります。栄養のバランスや食事量に気をつけて肥満になることを予防しましょう。コレステロールは、効果のある食材を意識して選んで動脈硬化を予防する食生活をしていくようにしましょう。適度な運動や禁煙は、他の生活習慣も見直しながら健康な体を作っていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。