糖尿病の原因がお酒?!糖尿病とお酒の関係とは?

Pocket

糖尿病の原因がお酒?!糖尿病とお酒の関係とは?を調べてみました。糖尿病というとご飯をよく食べて内臓脂肪がたっぷりの体型で、タバコを吸って、お酒をよく飲むという人を想像しませんか?私もそんな想像をしていました。そのお酒でも飲み過ぎで、糖尿病になる要因ということでどのような影響があるか調べてみました。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

血圧サプリメントはいろいろと試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「わかめペプチド粒タイプ」の効果を実感した意外な理由とは

日本人で糖尿病というと多くの方が2型の糖尿病に該当するそうです。2型糖尿病というのは、いろいろな要因が重なることで起こる糖尿病になります。今回は、いろいろな要因の中の一つである『飲酒』についてです。飲酒が糖尿病にどのような影響があるのか調べていきます。

糖尿病とお酒の関係とは?

糖尿病とお酒の関係は、食べ物や飲み物を食べたり、飲んだりするとその中に糖質があると思います。糖質は、体内でブドウ糖に分解され、血液で全身に運ばれます。

運ばれた先では、エネルギー源として使用され、使用されずに残ってしまったブドウ糖は、肝臓や筋肉にグリコーゲンとして貯蔵されます。他には、脂肪としても蓄えられます。

この過程を糖代謝と呼び、糖代謝に重要な働きをしているのがすい臓から分泌されるインスリンと呼ばれるホルモンになります。

このインスリンの分泌量が減ったり、効果が弱くなると糖代謝がうまく機能しなくなります。

うまく機能しなくなると血液中にブドウ糖が増えてしまい糖尿病になります。

お酒を飲むと糖尿病になるメカニズムとしては以下が考えられます。

お酒から糖尿病になる理由

お酒を飲むと糖尿病になる理由です。

お酒を飲むとお酒は肝臓で分解されるときに肝臓内に蓄えられたグリコーゲンのブドウ糖への分解も促進されます。このために、飲酒をしたあとは、一時的にですが、血糖値が上がり、たくさんのインスリンを消費します。

お酒はイメージにないかもしれませんが、糖質を含む種類があります。例えば、ビールや日本酒、ワイン、シャンパン、スパークリングワイン、果実酒などの醸造酒というのは糖質を含んでいます

甘いお酒は女性が好むと思いますが、カクテルやサワーといったアルコールドリンクなどは血糖値を上げてしまうので注意して下さい。

お酒でも蒸留酒になる焼酎やウィスキー、ブランデーには糖質は含まれません

しかし、アルコール自体が糖質なので、たくさん飲むのは控えましょう。

アルコールというのは、もともと高カロリーな飲み物で、そこにおつまみでから揚げやポテトチップスといったカロリーの高いものを選択しますよね。

スポンサーリンク

飲み会で飲んだあとの締めにラーメンや自宅でお茶漬けを食べるという方もいると思いますが、これはアルコールが食欲を増進させるという作用があるからなのです。このためにお酒を飲むと太りやすい、肥満になりやすい傾向があります。肥満も糖尿病の要因の一つです。

血圧に不安がある方で糖尿病の心配もあるという方におすすめの記事
⇒ 血圧と糖尿病には関係があった?!糖尿病患者は高血圧が多い

糖尿病患者は禁酒をしなければいけない?

糖尿病になるとお酒は飲んではいけないのでは?と思うかもしれませんが、実は、1滴も飲んではいけないということはありません。

お酒には、ストレスをやわらげてくれたり、気分を楽しくする作用があります。

お酒は百薬の長というくらいですので、適度な飲酒は糖尿病の発病に対して抑制的に働く可能性があります。

糖尿病でも飲酒してもいい場合

糖尿病患者であっても条件を満たし、医師から許可する場合があります。

●血糖値をうまくコントロールすることが出来ている

●体重が自分の身長から標準体重が維持できている

●飲酒を制限するほどの合併症を患っていない

●高血圧や動脈硬化の症状が軽い

●飲酒を自分でコントロールすることができる

糖尿病患者の飲酒の目安量は、1日160kcal程度になります。

糖尿病の影響で目が失明しないか心配という方におすすめの記事
⇒ 糖尿病には目の症状があった!失明にならないためには?

糖尿病とお酒の付き合い方

糖尿病患者がお酒を飲みすぎないようにするためには、お酒をゆっくりと飲んだり、水割りなどにして薄めて飲んだり、ノンアルコールを飲んだりすることで、飲みすぎないようにしていきましょう。

最近は、糖質オフや糖質ゼロというのも発売されているので、こういうのを飲むのも方法です。

飲酒の時には、食事の量にも気をつける必要があります。それは、お酒にもカロリーがあるから食事の量を調整する必要があるんですね。

アルコールには、糖質しか含まれていないので、アルコールのみにするということは栄養のバランスが悪くなりますので、食事はしっかりと食べましょう。

アルコールは、決められた量以上には飲まないようにしていきましょう。

糖尿病を食事で予防したいという方はこちらの記事を
⇒ 糖尿病になりやすい原因となる食事とは?食べ物の共通点とは?

血圧サプリメントはいろいろと試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「わかめペプチド粒タイプ」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 糖尿病の原因がお酒?!糖尿病とお酒の関係とは?を調べてみました。糖尿病患者でもお酒は量を守れば飲んでもいいということがわかりました。あと、アルコールには糖質しか含まれていないということもわかり、それも高カロリーなんですね。お酒の飲み過ぎには気をつけて糖尿病にならないよう気をつけていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。