ダイエットで体重を落とす食事とは?太らない食べ方は?

Pocket

ダイエットで体重を落とす食事とは?太らない食べ方は?についてです。ダイエットで食事を制限している方は多いと思います。ダイエットを実際に行ってもなかなか痩せれないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。一方、ダイエットをしなくてもスリムな体型の方もいらっしゃいますが、この差は一体なんでしょうね?

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

メタボに関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

ダイエットで体重を落とす食事の仕方、太らない食べ方があったら知りたいですよね。

ダイエットに挑む方は多いですが、実際に体重を減らすことに成功する方というのは、ほんの一握りと言われています。

なぜ、ダイエットがうまくいかないのでしょうか?

どうして、ダイエットして体重を落とすはずが、逆に体重を増やしてしまうのか?

不思議ですよね。

これは、最初はダイエットで体重が落ちるのですが、停滞期に入って、ストレスが溜まり、暴飲暴食をして体重が増えてしまうという悪循環のケースが多いそうです。

年齢を重ねれば、基礎代謝は低下していき、痩せにくい体となっていきます。

『もう痩せることなんて出来ない!』と思わないで下さい。

痩せることは、誰でもすることが出来ます。

なぜダイエットがうまくいかないのか?それは体重が落ちる仕組みを理解せず、ダイエットに対する意識が変わっていないからなのです。

諦めずにまずは食事の面からやっていきましょう。

ダイエットしているのに太るのはなぜ?

ダイエット活動をしているのに太ってしまうという経験はありませんか?

自分が食べているカロリーと運動や基礎代謝で消費されるカロリーで食べているカロリーが多いと体に脂肪として蓄積されるというのはわかりますよね。

そこで、ダイエットということで食事の量を減らし、運動したにも関わらず痩せない・・・

なぜなのか?

それは、実は、カロリーだけで太るわけではないということなのです。

なぜ太ってしまうのでしょうか?

そもそも基礎代謝が低い

そもそも基礎代謝が低いというのは、基礎代謝は、自分の命を維持するために使われるエネルギーのことをいっており、寝ていたり、座ったりして体を動かしていない状態でもエネルギーは消費されています。

この基礎代謝が高い人ほど痩せやすい人で、低い人というのはどういう人かというと『体温が低い人』、『便秘・冷え性』、『汗をあまりかかない人』というのは、基礎代謝が低く太りやすい人になります。

ファーストフードなどをよく食べる

ファーストフードやインスタント食品などをよく食べる人は、こうした食品には、脂質糖質多く含まれています

スポンサーリンク

逆にこうした食品には、ビタミンミネラルといった脂質や糖質といった物を燃焼が促進される成分が少ないので、太る原因になると考えられています。

筋力不足

筋力不足というのは、文字通りで、最近は、筋肉の少ない方が増えてきており、脂肪が燃焼されなくなる原因になっています。

ストレス

ストレスを感じると『コチゾール』というホルモンを分泌してくれます。

このコチゾールは、食欲を抑えてくれるホルモン『レプチン』の分泌を阻害する効果があり、いくら食べても満腹感が得られなくなります。

女性ホルモンバランスが乱れている

女性ホルモンのバランスが崩れたり、乱れていると、エストロゲンプロゲステロンのうち、エストロゲンと呼ばれるホルモンの分泌量が減少し、内臓脂肪が増えやすくなるということがわかっています。

血糖値が上昇

血糖値の上昇というのは、最近になって、人が太る原因に関わっていることがわかりました。

食事をすると血液中の糖の値が上昇し、この血糖値をもとに戻そうとインスリンを分泌します。

しかし、インスリンには、脂肪を溜め込む性質があるため、たくさん分泌されると太りやすくなる効果があります。

ダイエットに筋トレをすることが効果的!
筋トレのメニューを参考にしたいという方におすすめ!

ダイエット時の食事の順番は?

ダイエット時だけでなく、通常の時も食事の順番を気にすることで、太らない食事の仕方ができるようになります。

食事の順番

サラダ(副菜)など ⇒ メイン(主菜) ⇒ ご飯(主食) ⇒ 味噌汁など(汁物)

この順番で食べることで、血糖値の急激な上昇を避けるということができます。

内臓脂肪にお困りの方にはこちらがおすすめ
内臓脂肪の落し方はこちらの記事がおすすめ!

ダイエット時の食事の時間は?

ダイエットだからといって、食事の回数を減らすのは体に良くありません。

食事をする痩せやすいタイミングがあるのをご存知でしょうか?

時間は、朝食は6時~7時、昼食は10時~11時、夕食は16時~17時が良いとされています。

この時間帯は、血糖値が下がりやすい時間帯で、脂肪になりにくいということになります。

メタボに関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • ダイエットで体重を落とす食事とは?太らない食べ方でしたが、まずは、サラダや海藻といった食物繊維から食べるようにして、主菜を食べ終わったあと、ご飯などの炭水化物を食べるようにしましょう。これはコース料理の順番の食べ方になります。この食べ方が太りにくい食べ方だったのですね。ダイエットで太らない食べ方を取り入れて成功につながるようにがんばって下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。