脳梗塞を予防するための食事とは?納豆は効果があるの?

Pocket

脳梗塞を予防するための食事とは?納豆は効果があるのかを調べてみましたので、紹介します。脳梗塞は脳の血管に血栓で、血液の流れが止まってしまうと起こる病気ですよね。どうして血栓が出来てしまうのでしょう?血液がドロドロしているのをサラサラにすることも大切です。納豆にはどんな効果が期待できるんでしょうね。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

血圧サプリメントはいろいろと試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「わかめペプチド粒タイプ」の効果を実感した意外な理由とは

日本人の死亡原因の上位に君臨している脳卒中で、その中の半分以上が脳梗塞で死亡しております。日本人が脳梗塞で死亡している人数は、年間でおよそ6.6万人ほどという報告があります。死亡原因の上位に脳梗塞がありますが、介護が必要な障害の原因では、脳卒中は第1位であるとも言われております。

こんな誰でもなりうる脳梗塞を食事から見直して予防していきましょう。

脳梗塞とは?

脳梗塞とは、脳卒中の中の一つで、”脳の血管が詰まる”ことで起きる疾患です。脳卒中には、他にも”脳の血管が切れる”脳出血、”血管のコブが破れる”くも膜下出血があります。

脳梗塞は、”血管が狭くなったり、詰まったりしたことで、脳への酸素供給が十分にされないことで脳の障害が起こる”ことをいいます。

おすすめ記事:血中脂質が高い原因とは?高いとどんな病気になる?

脳梗塞を予防する食事とは?

脳梗塞は、血管が詰まったり、血管が狭くなったりすることで起こります。この原因としては、血栓による場合は、動脈硬化と言われています。

原因として動脈硬化が考えられるため、動脈硬化を予防する食事をすることで、脳梗塞を予防することにもつながるということになりますね。

このことから考えて、動脈硬化を予防する食事と脳梗塞を予防する食事というのは、共通点が多いということになります。

それでは、動脈硬化と脳梗塞をWダブルで予防する食事を紹介していきます。\(^o^)/

おすすめ記事:動脈硬化の原因と症状とは?予防するための食事とは?

脳梗塞予防によい食事

脳梗塞を予防するのに良い食事というのは、抗酸化成分をたくさん含んだ食品、食物繊維、カルシウム、青魚を摂ることです。

抗酸化成分をたくさん含んだ食品

抗酸化成分をたくさん含んだ食品を摂るとなぜ良いのかというと、動脈硬化を促進させる原因とされている活性酸素の発生を抑えてくれるからなのです。

主な食品は、ビタミンC・E・カロチンを含んだ緑黄色野菜、ポリフェノールを含んでいる緑茶、ココア、大豆類などを毎日積極的に摂ると良いですよ。

大豆にはイソフラボンというポリフェノールが含まれています。

ダイエットサプリメントはいろいろと試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「マルチポリフェノール」の効果を実感した意外な理由とは

スポンサーリンク

食物繊維

食物繊維は、血中コレステロール値の上昇を抑える働きを持っており、腸内環境を整えて、血液の状態を改善する作用が期待できます。

便秘に効果のある食物繊維は、脳梗塞の面から見ても予防にとても重要なのです。

食物繊維を多く含む食品としては、こんにゃくや海藻類、キノコといったものがあります。

おすすめ記事:便秘解消法!苦しい時に便秘を解消してくれる食べ物とは?

カルシウム

多くの日本人は、カルシウムが不足しがちなのですが、このカルシウムですが、動脈硬化につながる要因と言われております。

骨から流出したカルシウムが血管壁に蓄積されていくと動脈硬化につながります。

牛乳

カルシウムを摂取するために牛乳などの乳製品や大豆製品、小魚などをよく食べるようにしましょう。

青魚

サバなどの青魚にはDHAやEPAがたくさん含まれており、コレステロールや中性脂肪を減らしてくれる効果があります。

動脈硬化を予防してくれる食材として、大変優れています。

厚生労働省もDHAやEPAを合計で1日1g摂取ることを推奨しています。

しかし、これを食品で摂取することは難しいと思いませんでしたか?

難しい時はサプリメントや健康食品で補うといいですよ。

中性脂肪に関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

納豆の効果とは?

納豆

納豆には、ある酵素が含まれており、このある酵素が血管を詰まらせている血液の塊を溶かす働きがあるというので、脳梗塞の予防にはとても良い食材ということがわかりました。

このある酵素というのは、”ナットウキナーゼ“と呼ばれる酵素です。

このナットウキナーゼには、血栓溶解作用がありますので、脳梗塞を予防したい方、高血圧な方、動脈硬化の方には、おすすめの食材が納豆なのです。

おすすめ記事:血圧と糖尿病には関係があった?!糖尿病患者は高血圧が多い

血圧サプリメントはいろいろと試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「わかめペプチド粒タイプ」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 脳梗塞を予防するための食事とは?納豆は効果があるのか調べてみた結果は、脳梗塞を予防する食事と動脈硬化を予防する食事からさらに、高血圧を予防する食事には共通点があり、抗酸化成分を含んだ食品、青魚、食物繊維、カルシウム、納豆を食事で摂取するのが予防になるということでした。納豆は、酵素のナットウキナーゼが血栓溶解作用があるので、まさに脳梗塞予防にピッタリの食材でした。納豆を食べて脳梗塞を予防しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。