メタボリックシンドロームの診断基準は?メタボの予防法は?

Pocket

メタボリックシンドロームの診断基準は?メタボの予防法についてです。メタボリック症候群ともいいますが、メタボかの診断の基本は、ウエストのサイズです。内臓脂肪をどれだけ溜め込んでいるか把握するための目安となっています。これに中性脂肪やコレステロール、血圧、血糖値といった数値が診断基準に設定されています。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

メタボリックに関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

運動をする機会がなかなかない会社員は、お腹が出ている方が多くないですか?これは内臓脂肪が溜まっている状態です。内臓脂肪は皮下脂肪よりもエネルギーに変えやすいので、落しやすいのが、特徴です。

お腹が出ているとかっこ悪いですよね。私もお腹だけは出さないように毎日腹筋を鍛えて、お腹が出ないようにあがいています。(笑)年齢も重ねてきたので、周りを見るとけっこうお腹が出ている人を見かけます。メタボにならないよう予防法を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドロームの診断基準になります。

これは2005年4月なので、今から10年以上前になりますが、日本の内科系8学会で構成された、メタボリックシンドローム診断基準検討委員会という組織が日本人の身体データをもとにして、日本人にあったメタボリックシンドロームの診断基準を設定しました。

設定された基準は、内臓脂肪の蓄積を反映する腹囲を必須の診断項目にし、これに糖代謝異常(糖尿病)、脂質代謝異常(血中脂質)、高血圧のうち2つ以上の項目が重なると『メタボリックシンドローム』とされます。

必須項目 ウエスト周囲径

男性≧85cm

女性≧90cm

選択項目

3項目中2項目以上

中性脂肪値・
HDLコレステロール値

中性脂肪値 150mg/dl以上

HDLコレステロール値 40mg/dl未満
(いずれか、または両方)

血圧 最高血圧 130mmHg以上
最低血圧 85mmHg以上
(いずれか、または両方)
血糖値 空腹時血糖値 110mg/dl以上

まずはメタボリックシンドロームの基準を知り、この基準に近いと思われる方やメタボが心配な方は、次のメタボリックシンドロームの予防法で予防していきましょう。

おすすめ記事:ダイエットには簡単筋トレ!お腹周りを重点に攻めろ!

スポンサーリンク

メタボリックシンドロームの予防法

メタボリックシンドロームの予防法ですが、まずは、目標から設定していきましょう。

仕事や勉強でも目標を設定して、その目標を目指して実践していくのがいいと思います。

目標は、体重の5%減量を目標にしましょう。

70kgの人であれば、3.5kgの減量を目指していくことになります。

この減量で、内臓脂肪は減らすことができ、高血圧、高血糖、脂質異常が改善されます。

考え方としては、エネルギーの摂取量と消費量を見たときに、摂取量の方が多いエネルギーが過剰摂取状態になりますので、内臓脂肪が溜まっていくことになります。

しかし、内臓脂肪は、皮下脂肪と違いエネルギーになりやすい状態なので、運動をすることですぐに燃焼されます。

内臓脂肪は、食事で摂取したエネルギーが使い切れないで余ったものです。お菓子やお酒といったものを食べた時、このエネルギーを消費するには、かなりの時間を運動しなければいけません。

メタボリックシンドロームを予防するためには、食べ過ぎ、飲み過ぎには注意することがまずは予防の第一歩となります。

おすすめ記事:ダイエットを成功させる内臓脂肪を減らすには?落し方とは?

食生活の注意点

  • 食事は、腹八分目にするよう心掛ける。
  • お酒の飲み過ぎには注意する。
  • お酒のおつまみに揚げ物といった高カロリーなものは控えめにする。
  • 栄養が偏らないように栄養バランスが取れた食事をする。
  • 濃い味付けは、高血圧のもと、食事は薄味にする。

運動習慣を身につける

  • 電車通勤ならひと駅手前で降りて歩く。
  • 毎日、散歩をする。
  • 外出時は、積極的に歩く。
  • エレベーター、エスカレーターは控え、階段を使用する。
  • 3日/週で有酸素運動をする。

おすすめ記事:ダイエットを成功させるための皮下脂肪を落とす筋トレの方法とは?

毎日体重のチェックをする

毎日、体重をチェックすることで、体重を意識した食生活が送れるようになります。

記録をつけるとさらに効果が上がります。

禁煙はしましょう

タバコには、動脈硬化を促進する物質が含まており、メタボリックシンドロームの方が喫煙をすることは心臓病のリスクを更に高めることになります。

メタボリックシンドロームの予防だけでなく、対策にも禁煙をすることはとても大切なことなのです。

メタボリックに関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • メタボリックシンドロームの診断基準と予防法でしたが、診断基準に近いという方は、ぜひ、今からでも予防を心がけていただき、メタボリックシンドロームにならないようにしましょう。メタボリックシンドロームの先には、高血圧、心臓病、脳卒中などの病気が待っています。こうした病気にならないようにして、健康な体を維持していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。