冷え性の原因と対策!改善するなら食べ物から?

Pocket

冷え性の原因と対策について、冷え性を改善するなら食べ物からするのがいいか調べてみました。夏はエアコン、冬は寒さから足の末端が冷えてしまうという女性は少なくないと思います。最近は、男性も冷えに悩んでいるということで、どうしたらいいのか。冷えは万病の元と言われ、不妊の原因の一つとも考えられるくらいです。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

冷え性に関するサプリメントを試してみましたが、今のところはこれが一番!。その理由を本音で語ったのが、こちらの記事⇒ 「酒粕しょうが粒」の効果を実感した意外な理由とは

今回は、冷え性の中でも手足が冷える四肢末端型の冷え性を取り上げていきます。四肢末端型の冷え性というのは、手足の先が冷えてしまうことで、女性の場合には、肌荒れ、生理痛、生理不順、頭痛、めまい、腹痛、体がだるい、眠れないと言った症状が起こります。

今回取り上げるのは、四肢末端型ですが、他にも下半身型や内蔵型の冷え性があるということですので、他の冷え性については別の機会にさせて頂きます。

冷え性の原因とは?

冷え性の原因は、自立神経の乱れから起こる場合が多いです。

健康な人であれば、外気温が何度でも、体温は一定になるように体が調整するようになっていますよね。

暑い時は、汗が出て、体の熱を下げようとします。

寒くなると体の熱を逃さないように表面積を減らしたり、震えて熱を作ろうとしたりします。

自立神経は、熱の出入りをする血管を縮めたり、広げたりと調整をしてくれます。

この自律神経がちゃんと機能しなくなってしまうと、”外気温が下がって体も冷えてしまう”ということが起こります。

これが全ての冷え性というわけではないですが、一つの原因とされています。

自律神経以外では、下記の生活習慣が原因となる場合があります。

  • 冷たい飲み物、食べ物、甘いものの食べ過ぎ
  • 旬ではない野菜やフルーツの摂取
  • 食べないダイエット
  • 冷暖房がしっかりした環境
  • 運動不足
  • タバコ
  • ストレス
  • 便秘

おすすめの記事:冷え性の原因とツボや食材、漢方による改善方法を紹介!

冷え性の対策方法とは?

冷え性の対策方法としては、自律神経が原因であれば、正常に自律神経が機能するように、体にかかっているストレスを取り除くことです。

ここでいうストレスは、メンタル面だけでなく、室内の温度の変化や体のゆがみといったことです。

スポンサーリンク

次のようなことがないかチェックしてみて下さい。

  • 室内の温度を下げすぎていないか、上げすぎていないか?
  • 食事は、冷凍食品やお惣菜、外食などばかりではないですか?
  • 栄養のバランスはしっかり取れていますか?
  • 休みなどは適度な運動やストレッチをやっていますか?

冷え性の対策方法の一つとして、運動で熱を作るのも一つの方法です。

適度に運動をすることで、筋肉量を増やしたり、筋肉の中で熱は作られることがいいですので、筋肉を活性化させることは理にかなっているのです。

毎日、少しずつウォーキングやストレッチなどの運動をすることがおすすめです。

おすすめの記事:ダイエットサプリメントを飲むタイミングで効果が変わる!

冷え性を改善してくれる食べ物とは?

冷え性を改善するために運動をおすすめしました。

しかし、運動ができないという方も中に入ると思います。

そんな方に冷え性を改善してくれる食べ物について調べてみました。

体を温めてくれる陽性の食品と呼ばれるのは以下の食品です。

  • 野菜類・・・ねぎ、にんじん、ごぼう、かぼちゃ、玉ねぎ、山芋、こんにゃくなど
  • 肉・魚類・・・鶏肉、羊肉、豚肉、卵、ソーセージ、鮭、鯖、タラ、ふぐなど
  • 調味料・香辛料・・・しょうが、味噌、にんにく、コショウ、シナモンなど
  • 豆類など・・・小豆、黒豆、納豆など

これらの食品以外でも温めてくれる食品はありますが、なかなか覚えられないですよね。

そういうときは、地下に向かって成長する根菜の多くは、体を温めてくれる食品です。

体を温めてくれる食品としてよく出される”しょうが”ですが、実は、生のしょうがを食べても腸管の粘膜の血流を増やすといった胃腸に良い効果があるのですが、冷えを解消するわけではありません。

生のしょうがに含まれるジンゲロールという成分は、体をほとんど温める効果はないのです。しかし、しょうがを蒸して干した状態で含まれるショウガオールには、体を温める効果があります。

ということから、ショウガオールが含まれるようにすれば、体は温まります。

冷え性に関するサプリメントを試してみましたが、今のところはこれが一番!。その理由を本音で語ったのが、こちらの記事⇒ 「酒粕しょうが粒」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 冷え性の原因と対策!改善するなら食べ物からを紹介しました。温めてくれる食品は陽性食品とありましたが、逆に冷やす食品は、陰性食品といいます。トマトやきゅうり、レタス、キャベツといった野菜は体を温めない野菜になります。陰性食品ばかり食べると体を冷やすことになるので、健康に野菜を食べることはいいのですが、種類には気をつけたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。