便秘の原因は食べ物?!便秘に食べてはいけないものとは?

Pocket

便秘の原因を調べてみました。毎日、お通じがいいとストレスがなくていいですが、便秘になるとお腹がとても気になります。出てないと食事もたくさん食べようという気持ちにならないし、お腹が張ったら苦しいし、『便秘って嫌!』ってなります。便秘の時に食べてはいけない食べ物を調べて紹介します。参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

酵素を手軽に摂れるサプリを試してみましたが、今のところ、これが一番!。その理由を本音で語ったのが、こちらの記事⇒ 「酒粕しょうが粒」の効果を実感した意外な理由とは

便秘の原因となる食べ物とはどういうものか調べてみました。普段、便秘になりやすいという方はもしかしたら食べているものが便秘になりやすいものかもしれませんよ。どういう食べ物が便秘になりやすいのかを知っておくと防げるかもしれません。

便秘になりやすい食べ物を知っておけば、普段から食べすぎないように注意することができます。食べて便秘で苦しむより、食べないで便秘を避けることの方がいいですよね。

便秘を起こしやすい食べ物とは?

便秘を起こしやすい食べ物とは、わかりやすい言い方をすれば、腸に負担をかける食べ物、消化が悪い食べ物になります。

腸に負担をかける食べ物や消化が悪い食べ物というのは、消化するのに時間がかかる食べ物のことを言います。

消化が早いと言われているもので、果物というのは20分~30分で消化されます。

野菜は30分~1時間で、ご飯やパンなどの炭水化物は2~3時間で消化されます。

炭水化物を見たときに長いと思われた方は、もっと長い食べ物がありますよ。

それは、お肉になります。

肉のタンパク質は消化するのに3~4時間かけて消化します。

肉の脂肪は消化するためには12時間もかかり消化します。

肉の脂肪は12時間も消化するのにかかるので、その間、胃や腸は胃液などの消化液を出し続けるので、胃が荒れてしまいそうですよね。

食事の内容が、お肉ばかりという方には、それだけ胃腸に負担をかけているので、便秘になりやすいことになります。

お肉を食べる時は、野菜もしっかりと摂るようにしましょう。

おすすめの記事:ダイエットスープレシピを調べてみた!どんな効果がある?

便秘をさらに酷くする可能性のある食べ物とは?

便秘をしていてさらに便秘をひどくする可能性のある食べ物があります。

それは、”タンニンを含むもの”、”冷たいもの”、”刺激のあるもの”、”甘いもの”になります。

それぞれ見ていきます。

タンニンを含むもの

タンニンは、便を固くする効果があり、下痢止めに使われている成分です。

下痢や軟便に困っている方にはよいのですが、便秘に困っている方には便秘をひどくする効果になるので、注意した方が良いでしょう。

タンニンを含んでいるものは、

  • 渋柿
  • お茶
  • コーヒー
  • ワイン

タンニンは、腸粘膜に膜を作るという作用があり、腸のぜん動運動と呼ばれる働きを低下させ、スムーズにウ◯チが出口へ運ばれないようにしてしまうので、便秘になってしまいます。

スポンサーリンク

渋柿、お茶、コーヒー、ワインなどに含まれているので、飲みすぎてタンニンを摂取しすぎないように気をつけて下さい。

冷たいもの

冷たいものは、アイスクリームやジュースなどです。

他には、食べると体を冷やすことになる野菜も含まれます。

野菜は、トマト、レタス、キャベツ、きゅうり、なすなどです。

ほかには、こんにゃく、昆布、とうふ、そばなどがありますよ。

冷たいものを食べると体温が下がります。

体温が下がると、内臓も冷えることになり、胃や腸の血液の循環が悪くなります。

腸の働きを低下させることになり、腸のぜん動運動も低下します。

そうすると、ウ◯チを出口に運ぶ動きが鈍り、便秘になったり、免疫力が低下したりしてしまいます。

刺激のあるもの

刺激のあるものは、炭酸飲料、アルコール、香辛料などです。

これらを食べると便秘になるわけではないのですが、便秘の原因が、心理的・精神的ストレスで起こる痙攣性(けいれん性)便秘だと、刺激のあるものを食べると便秘になる場合があります。

痙攣性(けいれん性)便秘は、副交感神経が興奮すると大腸が緊張して、ウ◯チが腸の中をうまく移動できずに便秘になるという症状です。

痙攣性(けいれん性)便秘の特徴としては、コロコロとした小さな玉のような粒のウ◯チが出ます。

甘いもの

甘いものというのは、ケーキなどの洋菓子やスナック菓子、砂糖菓子といったもので、糖質をたくさん含んでいるので、食べ過ぎると便秘がさらに悪化します。

甘いものは、悪玉菌が好物にしているもので、どんどん増殖します。

悪玉菌が増殖すると善玉菌が減って、腸内は悪玉菌が多くなってしまい、悪玉菌が腸内で有害物質を発生させ、腸の働きを低下させてしまいます。

腸の動きが鈍くなれば、腸のぜん動運動も弱くなってしまい、ウ◯チがうまく出なくなってしまい便秘になってしまいます。

おすすめの記事:ダイエットで体重を落とす食事とは?太らない食べ方は?

悪化させる食物繊維とは?

食物繊維と聞くと便秘を解消してくれると栄養素と思いますよね。

しかし、食物繊維にも種類があり、便秘を解消してくれる食物繊維を摂らないと便秘をさらに悪化させる結果になってしまいますので、注意が必要です。

便秘に効果がある食物繊維というのは、水溶性食物繊維と呼ばれるものです。

では、悪化させる食物繊維は?と言うと、不溶性食物繊維と呼ばれるものになります。

不溶性食物繊維は、たくさん摂りすぎると便秘になりやすくしたり、悪化させたりします。

水溶性食物繊維は、ウ◯チを柔らかくしてくれますが、不溶性食物繊維は、逆に固くする効果があります。

詳しくはこちらの記事に書いてありますので、参考にどうぞ。

おすすめの記事:便秘をスッキリ!解消してくれる食物繊維を含む食べ物とは?

酵素を手軽に摂れるサプリを試してみましたが、今のところ、これが一番!。その理由を本音で語ったのが、こちらの記事⇒ 「酒粕しょうが粒」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 便秘の原因を調べて、便秘を起こしやすい食べ物や飲み物がありました。便秘になりやすいという方で当てはまると思う方は、こうした食べ物に注意してみて下さいね。避けることで便秘が改善される可能性もあります。サプリメントで足りない栄養を摂ることで改善されることもありますので、紹介しているサプリメントも試してみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。