生活習慣病の種類にガンがあるって知ってました?予防法を紹介!

Pocket

生活習慣病の種類にガンがあるということを知らなかったので、予防方法も含むて調べてみました。不適切な食事や運動不足、喫煙、飲酒といった生活習慣の乱れから引き起こされる生活習慣病。うつ病や痴呆症といったことも生活リズムの乱れが原因と考えられています。その中でも三大生活習慣病の一つガンを紹介していきます。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

生活習慣が原因で血圧が高めの方におすすめのサプリは、これが一番!
その理由は、以下の記事⇒ 「わかめペプチド粒タイプ」の効果を実感した意外な理由とは

生活習慣病には、脳卒中、心臓病、がんの3つの病気があります。そして、日本での死亡原因の1位が”がん”です。がんという病気が身近になってきています。しかし、最近は、がんが予防することができる病気として、研究によって分かってきました。

がんを予防するためには一体どうしたらいいのでしょうか?がんになりやすい生活習慣とはどういう生活なのか、知ることで今からでもがんを予防していきましょう。

生活習慣病である”がん”とは?

私の祖父はがんで亡くなったのですが、身近にがんでなくなった人がいても、”がんについて知らない”という方はいると思います。

私も正直、がんについて詳しく知りませんでした。

今回調べてみて、わかりました!

私やあなたの体は、タンパク質で出来ていますよね。

タンパク質が組み合わさって構成されている遺伝子を持っています。

この遺伝子に正常な遺伝子とがん遺伝子が存在しているということです。

『がん遺伝子があるとがんになっちゃうんじゃないの?』

って思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

がん遺伝子が突然、がん化することはありません。

がん遺伝子が何らかの原因で傷ついて、遺伝子が細胞をがん化させます。

がん化したとしても、がんを増殖させる遺伝子とがんを抑制する遺伝子のバランスが取れている時は、がん化しても増えません。

しかし、バランスを崩した時にがん細胞が増殖していくことになるんです。

増殖は、骨や臓器、リンパ節などに広がっていきます。

この広がっていくことを”浸潤”といい、血液やリンパ液によって体中に広がっていくことを”転移”といいます。

こうして広がっていくのが”がん”の恐ろしいところです。

浸潤や転移でがんが広がっている場合は、治療の難易度が上がりますので、がんは早期発見早期治療が大切ですね。

がんになるとどうして死に至ってしまうのかというと、がん細胞というのは、正常な細胞から栄養を吸い取って大きくなるのです。

栄養を吸い取られるので、体が栄養失調状態になってしまいます。

栄養失調になると免疫力が低下し、肺炎などを起こしてしまい亡くなってしまう方もいらっしゃいます。

がんというのは、浸潤や転移する前に早期に発見し治療を開始することで、がんによる死亡者を減らすことが出来ます。

おすすめ記事:メタボリックシンドロームの基準は?あなたも予備軍かも?!

”がん”になりやすいよう生活習慣とは?

”がん”になりやすい生活習慣とは、よく言われているのが、偏った食生活、飲酒、喫煙、肥満だと思います。

このあたりのことは、よく言われることなので、ご存知だと思いますが、ここで再度おさらいをしてみましょう。

まずは、偏った食生活についてですが、がんと食生活は密接な関係にあるようです。

ということは、食生活を改善することはがん予防にもつながるということになります。

例えば、野菜や果物には、酵素を活発にし、がん細胞を解毒することがわかっています。

スポンサーリンク

野菜や果物をしっかりと食べることで、食道がん、胃がん、大腸がんといった消化器系のがんの発症するリスクを低下させることができますね。

また、塩気の強い食べ物は胃の粘膜を傷つけて破壊に至ると言われており、胃がんのリスクを高めることがわかっているそうです。

このことから塩気の強い食べ物を食べて、野菜や果物をしっかりと食べていないという食生活をおくるとがんのリスクが高まることになります。

次に、飲酒と喫煙ががんになるリスクを高めることは知っていると思います。

なぜ、リスクを高めるかというと飲酒には、発がん性物質が体内に取り込まれやすくなることだそうです。

アルコールにはアセトアルデヒドの影響によって免疫が抑制され、栄養不足に陥りやすくなることからも発がん率を高める作用があります。

喫煙ががんを高める要因としては、タバコの煙には数千種類の化学物質が含まれており、その60種類が発がん性物質になります。

喫煙によってがんになる可能性というのは、肺だけではありません。

血液の流れに乗って、体中の臓器に影響が及ぶことがわかっています。

最後に肥満ですが、”ただ太っているだけ”と思わないで下さいね。

肥満もがんの発生率を上げる要因であることが、最近の研究でわかっています。

理由としては、悪玉コレステロールが増えて活性酸素と結合することで、過酸化脂質が生じて、脂肪組織が作るエストロゲンが乳がんや子宮がんを誘発することが考えられています。

しかし、肥満に関しては、海外と比べて日本は、肥満の人が少なく、逆に痩せ過ぎていることで栄養不足が原因で、ガンの発生率を高めているという指摘があります。

がんは、太っていても痩せていても健康にはよくなく、理想の体重を維持する生活習慣で過ごす必要があります。

おすすめ記事:動脈硬化の原因と症状とは?予防するための食事とは?

”がん”を予防する生活習慣とは?

がんを予防する生活習慣とは、がんになりやすい生活習慣ががんの原因であれば、なりやすい生活習慣の逆をすればいいわけですね。

がんを予防する生活習慣は、正しい食生活、禁煙、減酒、適度な運動を行うことでがんを予防することが出来ます。

正しい食生活では、肉類や乳製品を控え、野菜や果物を多く取り入れたバランスの良い食事にしていくと良いでしょう。

あとは、塩分のとりすぎに注意です。

味噌や醤油にも塩分は含まれているので、味付けは薄味にするように心がけます。

禁煙、減酒は、禁煙をすることでがんの発生率を大幅に下げることが出来ます。

飲酒は、お酒の量を徐々に減らしていきます。

突然、お酒を止めるとかえってストレスを溜めてしまうことになりますので、少しずつ減らしていきます。

肥満を予防するための適度な運動ですが、運動することで新陳代謝を活発にし、免疫力を高めてくれます。

突然、激しい運動をすると長続きしないので、まずはウォーキングなどの軽めの運動から始めるのがおすすめです。

生活習慣が原因で血圧が高めの方におすすめのサプリは、これが一番!
その理由は、以下の記事⇒ 「わかめペプチド粒タイプ」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 生活習慣病の種類にがんがあるということを知らなかったので、今回調べてみて色々と勉強になりました。がんという病気は知っていましたが、生活習慣病の一つというのを知った時は、”がんって生活習慣でなるのか”と思いました。生活習慣でがんになるのであれば、がんにならない生活習慣を身につければいいということで、安心しました。ぜひ、こちらの記事をお役立ていただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。