加齢が原因の動脈硬化を予防するための方法とは?

Pocket

加齢が原因の動脈硬化を予防するための方法について調べてみました。そもそも動脈硬化というのは、動脈が老化した状態をいいます。では、どうして若い人が動脈硬化になるのか?老化が加速されるのか?加齢の他にも原因があるようで、どうしたら動脈の老化は防ぐことができるのでしょう。原因と予防方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

生活習慣が原因で血圧が高めの方におすすめのサプリは、これが一番!
その理由は、以下の記事⇒ 「わかめペプチド粒タイプ」の効果を実感した意外な理由とは

動脈硬化というのは、動脈の血管壁が厚くなり、弾力がなく硬くなってしまい、血液の流れが悪くなった状態をいいます。健康な動脈は、血管に弾力があって、血管自体が血液を送るポンプの役割を果たして、全身に血液を送っています。

加齢と共に血管にコレステロールや脂質が血管内に蓄積してしまい、部分的に狭くなってしまうとポンプの役割が正常に働かなくなることがあります。動脈硬化は、喫煙や肥満、運動不足などの危険因子が重なると発症する確率が上がると言われています。放っておくと心疾患、脳血管疾患といった病気にもつながります。

加齢による動脈硬化とは?

動脈硬化というのは、食生活や高血圧などの他に、加齢によっても進行します。

脳梗塞という病気が中高年に多いというのも、動脈硬化が加齢からという理由が大きいと考えられています。

加齢による動脈硬化は、血管壁の間質と呼ばれる血管壁を形成している骨組みなどの成分が比率を増して、動脈の壁に石灰分が沈着してしまい硬化を引き起こします。

石灰分が付着して硬化すると血管がポキポキというくらい硬くなり、ここまで硬くなると血管に柔軟性がなくなってしまうので、入浴したり、起床したりしたことで血圧に変化があるとこれだけで脳卒中になる可能性が非常に高いと言われています。

おすすめ記事:中性脂肪が高い原因はストレスかも!?基準値はいくつ?

加齢ではない動脈硬化の原因とは?

加齢によらない動脈硬化は、まず、動脈というのは、内側から”内膜”、”中膜”、”外膜”という3層で構成されております。

内膜は、血液と直接触れるので、様々な血管作動物質を放出しており、動脈硬化を防ぐ働きがあります。

スポンサーリンク

『動脈硬化を防いでくれるなら内膜いいね』と思うかもしれませんが、この内膜が高血圧や糖尿病などで血管に負担がかかると内膜にある”内皮細胞”というのが傷つけられてしまい、内皮細胞の効果が失われてしまいます。

こうなると血管に出来た傷から血液中の悪玉コレステロール(LDL)が内膜の中に入り込んで、活性酸素によって酸化して、酸化LDLに変化します。

酸化LDLが増えるとこれらを処理するために白血球も内膜に入り、マクロファージという状態に変わります。

マクロファージは、酸化LDLを取り込んで処理していきますが、大量の酸化LDLを取り込むと死んでしまいます。

死んでしまった後にはコレステロールや脂肪でできたどろどろが残り、血管の内壁にプラークと呼ばれるコブのようなものが出来ます。

血管の内壁が厚くなり、血液の流れが悪くなって、動脈硬化になってしまいます。

おすすめ記事:ストレスが高血圧の原因!?高血圧の対策方法とは?

動脈硬化を予防する方法とは?

動脈硬化を予防する方法とは、加齢と共に起きる動脈硬化を緩和する方法としては、野菜を中心とした食生活をすることと、適度な運動が大切です。

適度な運動は血行が良くなり、代謝が良くなるといった効果に加えて、骨に刺激を当てるという点で重要だと言われています。

最近、カルシウム移動説というものがあり、高齢者に多いと言われている骨粗相症は、骨のカルシウムが血管壁に付着したのではないかと言われています。

もし、これが事実であれば、骨の強度を弱めることを防ぐことが動脈硬化を遅らせることにもつながっていくことになるわけですね。

おすすめ記事:血中脂質が高い原因とは?高いとどんな病気になる?

生活習慣が原因で血圧が高めの方におすすめのサプリは、これが一番!
その理由は、以下の記事⇒ 「わかめペプチド粒タイプ」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 加齢が原因の動脈硬化を予防するための方法についていかがでしたか?骨のカルシウムが流出して血管に付着することで動脈硬化になっている可能性があるということから適度な運動というのは重要だということがわかりました。肥満を防ぐことだけでなく、運動をすることは健康に過ごすために必要だということですので、運動する時間がない人は、時間を見つけて運動をするようにしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。