肥満外来に保険は適用されるのか調べてみました!

Pocket

肥満外来に保険は適用されるのか今回、調べてみましたよ。肥満で医療機関にかかることがでてしまったときに気になるのは費用ですよね。医療機関にかかるのなら、健康保険が使えたら費用も抑えられますね。適用されるなら専門医からの指導で、継続して正しいダイエットで、肥満を解消し健康的なカラダ作りがしたいですよね。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

ダイエットで中性脂肪に関するサプリは、これが一番でした。
その理由は、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

肥満外来という言葉をご存知でしょうか?今回は、この肥満外来について調べてみることにしました。何度、ダイエットにチャレンジしても思うように体重が減らせれない、リバウンドを繰り返してしまうというのは、ありますよね。自己流のダイエットでは、なかなかうまくいきません。

無理なダイエットで体に無理をしたり、健康を損ねてしまうということもありえます。そこで、医療から医師の管理でダイエットをするのが、肥満外来になります。健康を損なうことなく安全にダイエットをすることができます。

肥満外来のダイエット

肥満外来のダイエットは、医療の立場から行いますので、治療になります。

主な治療法は、食事療法運動療法薬物療法外科治療となります。

食事療法

食事療法は、医師や管理栄養士から、患者に合わせた計画的な食事の指導を行う方法になります。

運動療法

運動療法は、運動と医学の専門家からの指導で、肥満になりにくい体作りを目標にしていきます。

筋トレと有酸素運動をバランスよく組み合わせたプログラムを行っていきます。

薬物療法

薬物療法は、治療薬を使用して、食欲を抑制していきます。

これは、肥満外来だからできる治療法ですね。

外科治療

外科治療は、肥満が重度で食事や運動で痩せたとしても皮膚の部分が残ってしまう場合に切除することや脂肪の吸引といったことを行います。

外科治療は、まずは肥満外来でお医者さんから詳しく診てもらいましょう。

おすすめ記事:ダイエットを成功させるための皮下脂肪を落とす筋トレの方法とは?

肥満外来によるメリット・デメリット

肥満外来のメリット・デメリットになります。

メリットとしては、肥満になっている原因が病気によるものなのか、ただの肥満なのかを調べてくれます。

多くがただの肥満なのですが、中には単純性肥満に該当しないで、ホルモン異常や他の病気が原因で肥満になっていたということもあります。

こうして自分の肥満が何が原因かしっかりと調べることが大事ですね。

デメリットですが、まずは治療費用が必要になります。

病院に通うので、通院がとても手間がかかります。

スポンサーリンク

肥満外来での治療は医師からの指導で行うので、治療費用が発生してしまいます。

治療を保険診療で行うのか、自由診療で行うのかで費用は大きく変わってきます。

当たり前ですが、肥満外来は病院で行いますので、病院に通う必要があります。

肥満外来自体が特殊な診療科目になりますので、近くの病院にないということが考えられます。

そうなりますと、肥満外来があるところまで行かないと行けません。

それに平日のある時間帯に通院しなければいけないということがありますので、肥満外来に通院が出来るのかあらかじめ調べる必要があります。

おすすめ記事:ダイエットを成功させる内臓脂肪を減らすには?落し方とは?

肥満外来による治療の流れ

肥満外来の治療の流れを紹介します。

  1. 医師の問診を受けます。
  2. 各種検査を受けます。
  3. 自宅で行うダイエットに関する器具を設置します。
  4. 栄養指導や運動指導を定期的に受けます。
  5. 最初に立てた3ヶ月目の目標がどのくらい達成できているか評価します。
  6. 6ヶ月目のダイエット効果を検査します。

おすすめ記事:40代のダイエット方法とは?食事や筋トレで成功させるコツ

肥満外来にかかる費用

肥満外来にかかる費用についてになります。

医療機関としては、美容クリニック個人病院大学病院、この3つになると思います。

美容クリニックは、診断の担当は、医師ではなくスタッフになります。

初診時に行う検査は、体脂肪測定とエコー検査くらいで、保険適用なしの3150円になると思います。

次回からは、サプリメントや漢方薬を販売し、血液検査を実施してくると思います。

費用としては、2ヶ月でだいたい32万円くらいです。

個人病院は、診断の担当は、医師が行います。

初診時に行う検査は、血液検査、尿検査、心電図を使用して、保険の適用があり、5720円になります。

次回からは、栄養指導、運動指導と1ヶ月毎に検診をします。

栄養指導と運動指導で4,000円ほど、1ヶ月後の検診と栄養指導で4,000円ほどになります。

大学病院は、個人病院と同じく診断の担当は、を行いますが、紹介状があるか、ないかで費用が変わります。

紹介状がない場合は、保険が適用されて6900円くらいになります。

次回からは、栄養指導と1ヶ月後の検診で、栄養指導はだいたい500円前後で、1ヶ月後の検診は3000円くらいになります。

医師が行います。

初診時に行う検査は、血液検査、尿検査など

ダイエットで中性脂肪に関するサプリは、これが一番でした。
その理由は、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 肥満外来に保険は適用されるのか調べてみて、肥満外来に保険は適用される場合がありました。保険適用されるためには条件があります。この条件は、重度に肥満である場合が条件にありますので、かなり重症な方を保険を使えるようにしているようです。それ以外の方は、保険の適用はなさそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. 冴木隆 より:

    肥満外来ってあるんですねぇ。
    知りませんでした。
    僕は絶対にデブちゃんにはなりたくないなぁ・・・
    運動しよ^^

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。