お腹痩せ対策は内臓脂肪から!内臓脂肪ダイエットを紹介します。

Pocket

お腹痩せ対策は内臓脂肪から!内臓脂肪ダイエットを紹介していきます。中年になると基礎代謝が下がり、運動する機会が減り、お酒を飲む機会が多く、内蔵に脂肪が付きやすくなってしまいます。中年の象徴はポッコリお腹ですが、このお腹には病気の原因になります。そこで、内臓脂肪のダイエット方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

内臓脂肪を落しやすくするために必要な成分が含まれています!
その理由は、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

内臓脂肪というのは、内臓の周りにつく脂肪のことです。お腹でも皮下脂肪と内臓脂肪は違います。内臓脂肪の特徴は、お腹だけ妙にぽっこりと出ているのが特徴になります。

内臓脂肪は、その気になれば実は、すぐに落とすことが出来ます。内臓脂肪と違ってすぐに落ちないのが皮下脂肪になります。内臓脂肪と皮下脂肪では、内臓脂肪は普通預金で、皮下脂肪は定期預金という例えがあります。内臓脂肪は、運動すれば減り、食べ過ぎたら増えます。皮下脂肪は、一旦溜まるとなかなか減りません。今回は、内臓脂肪についてです。

内臓脂肪の落し方

内臓脂肪の落し方には、基礎代謝を上げる、運動で消費する、というのが考えられます。

そもそも、なぜ内臓に脂肪が溜まってしまうのかというと消費するエネルギー摂取するエネルギーのバランスが摂取するエネルギーの方が多いからであり、これが逆に消費するエネルギーの方が多ければ内臓脂肪は減っていくのです。

消費エネルギー > 摂取エネルギー ⇒ 内臓脂肪 減少↓

消費エネルギー < 摂取エネルギー ⇒ 内臓脂肪 増加↑

おすすめ記事:ダイエットを成功させる内臓脂肪を減らすには?落し方とは?

基礎代謝を上げた内臓脂肪の落し方

基礎代謝力を上げることで内臓脂肪を落とすことが出来ます。

消費するエネルギーが摂取するエネルギーよりも多いと内臓脂肪は減らせるというのは、先程、説明させて頂いた通りです。

消費するエネルギーの7割が実は基礎代謝による消費なのです。

けっこう基礎代謝での消費が多いと思いませんか?

基礎代謝というのは、7割のうち、3割が筋肉による消費と言われていますので、全体で見ると筋肉の消費は2割ほどとなります。

年齢が重なっていくと基礎代謝力は下がっていきますが、筋力が落ちることが関係していると思われますので、筋力を落とさずに維持・向上させることで基礎代謝力が下がることなく、年齢を重ねても、上げることができるようになるのです。

スポンサーリンク

そして、大事なことがもう1つあります。

基礎代謝をあることをしないと下がることになります。

それは、朝食を食べることです。

朝食をダイエットだからと食べないでいると体が基礎代謝を下げるようにしてしまいます。

なぜかというと、食事を抜くことで体が飢餓状態と判断し、エネルギー消費を抑えようとする作用が働きます。

基礎代謝力を下げると内臓脂肪が溜まりやすくなりますので、朝食を食べるようにしましょう。

おすすめ記事:30代のダイエット!自宅で出来る筋トレメニュー!

有酸素運動で下げた内臓脂肪の落し方

有酸素運動をすることで内臓脂肪を落とすことが出来ます。

有酸素運動でよく知られているのは、ウォーキングだと思います。

なぜ、ウォーキングが内臓脂肪に良いかというと、有酸素運動のように動き続ける筋肉は、肺からの酸素と脂肪でエネルギーを作り出すからウォーキングが有効と言われています。

ということは、有酸素運動をすればするほど脂肪が酸素とエネルギーを作り続けるので、脂肪が消費されるということになります。

このことから有酸素運動が内臓脂肪に有効だと言われている理由になります。

こちらのブログでは、有酸素運動でおすすめしているのは、トランポリンです。

ウォーキングは、外に出かけなければいけないので、女性は夜に出かけるのは嫌だという方もいると思いますし、雨の日は、ウォーキングが出来なかったりします。

そこで、トランポリンなら室内で安全に行うことが出来ますし、時間も選ばずに出来ます。

トランポリンは、5分するとウォーキング1kmに相当する有酸素運動になります。

最近は、バネ式ではなくゴム式トランポリンが発売されており、静粛性に優れたものもあります。

有酸素運動には、トランポリンがおすすめです。

おすすめ記事:ダイエットには簡単筋トレ!お腹周りを重点に攻めろ!

内臓脂肪を落しやすくするために必要な成分が含まれています!
その理由は、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 内蔵脂肪のダイエットを紹介しました。内臓脂肪には、基礎代謝力を向上させること、有酸素運動で消費する方法を紹介しました。そして、朝食はしっかりと食べましょう。朝食をしっかり食べて、朝から元気に生活して基礎代謝力で内臓脂肪を消費させましょう。これで、内臓脂肪を減らして締まったウェストを手に入れましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。