お腹の皮下脂肪をダイエット!脂肪を燃焼させる方法とは?

Pocket

お腹の皮下脂肪をダイエット!脂肪を燃焼させる方法です。皮下脂肪は、内臓脂肪と違って落ちにくく、脂肪の中で一番といっていいかもしれません。体型が洋なしのような形の方は皮下脂肪が溜まっていると思われます。でも、よくわからずにダイエットしても皮下脂肪はなかなか落ちませんので、効率的な落とし方を紹介します。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

皮下脂肪をダイエットするために必要な成分が含まれています!
その理由は、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

『お腹の回りに脂肪がついてきたな~』と年を取るとこうした言葉が出てくるのではないでしょうか?私も最近、同じようなことを言っています。これは、運動をする機会が減っていて、基礎代謝が低下しているからなんですよね。

お腹の回りに脂肪がついてきたらかと言って、やみくもに運動をしてもなかなかこの脂肪は落ちてくれません。どうしたら理想的な体型を作ることが出来るのでしょうか?内臓脂肪と違い皮下脂肪は落ちにくいという特徴がありますので、皮下脂肪の燃焼の仕方を紹介しますので、参考にしていってくださいね。

皮下脂肪とは?

皮下脂肪というのは、皮膚の下に脂肪がついてる状態を言います。

内臓脂肪は、内臓に脂肪がついているので、エネルギーに変換するのに時間がかかりませんが、皮下脂肪に関しては、エネルギーに変換するまでに、内臓脂肪がある程度、使われた状態にならないと皮下脂肪のエネルギーを使用しないようになっているため、とても大変です。

皮下脂肪は、つくまでに時間がかかっているため、落とすにも時間がかかってしまうのです。

皮下脂肪は、食事制限のみで消費されるには難しく、運動も取り入れなければ、皮下脂肪に溜まったエネルギーを消費してくれません。

皮下脂肪がつくと脂肪燃焼がとっても大変なので、気をつけましょう。

おすすめ記事:ダイエットには簡単筋トレ!お腹周りを重点に攻めろ!

皮下脂肪の原因とは?

皮下脂肪の原因を知って、皮下脂肪をつけないようにしましょう。

まず、どうして皮下脂肪が付いてしまうのあ?

これを知ってあなたに皮下脂肪がつかないようにぜひして下さいね。

皮下脂肪は、エネルギーの消費よりもカロリーを摂りすぎてしまうことで、ついてしまうのです。

消費と摂取するエネルギーのバランスが、摂取する方に傾いているので皮下脂肪がついてしまうので、消費と摂取のバランスを取るようにしましょう。

運動をしない、もしくは、軽い運動でそんなにカロリーを消費しないというのがわかっている場合は、あまり食べないように食事の量をコントロールしたり、食事内容をヘルシーにしたりして、バランスを取るようにしましょう。

おすすめ記事:ダイエットで体重を落とす食事とは?太らない食べ方は?

スポンサーリンク

女性の方が付きやすい?!

女性の方が男性よりも皮下脂肪がつきやすい体の構造になっているそうです。

なぜ、男性よりも女性の方が皮下脂肪がつきやすいのでしょうか?

その理由は、女性には出産があるからなのです。

出産と皮下脂肪ってどういう関係があるのかわかりますか?

女性のお腹には子どもを作る時に必要な子宮がありますよね。

子宮が大きくなると守ることが出来るのは、皮膚のみということになるので、皮下脂肪がついて子どもを守れるように体の仕組みができているのです。

こうした理由から女性は皮下脂肪がつきやすいのですね。

おすすめ記事:ダイエット食品とレシピを紹介!スーパーフードのキヌア!

皮下脂肪が落ちないときは?

皮下脂肪を一生懸命に減らそうとがんばってダイエットしていてもなかなか減りません。

どうしたら皮下脂肪を減らすことが出来るのでしょうか。

それは、有酸素運動を行うことで減らすことが出来ます。

皮下脂肪はエネルギーを溜めているので、食事を制限しても、まぁ、減ってくれることはほぼないでしょう。

皮下脂肪を減らすのに必要なのが、運動するエネルギー消費です。

皮下脂肪の場合は、短時間の運動では脂肪が燃焼されませんので、燃焼されるようにするために長い時間運動することが必要です。

このブログでおすすめしている有酸素運動は、トランポリンです。

トランポリンは、5分やることで、ウォーキングで1kmと同じ効果を得ることが出来ます。

もっと効率よく皮下脂肪を燃焼させる方法としては、筋トレを先に行い、後で有酸素運動をすると脂肪が燃焼しやすいので、効率よく脂肪を燃焼することが出来ます。

有酸素運動をやって、『一生懸命に減らそうと努力しました!それでも減りません!』という方には、もしかしたら、これが理由かもしれませんよ。

皮下脂肪は、最後に燃焼する脂肪なので、最後の最後までいかないと全然減らないかもしれません。

内臓脂肪があるとまずは内臓脂肪が燃焼され、次に皮下脂肪が燃焼されるという順番なので、皮下脂肪のダイエットは長期で無理のないように楽しく気長にダイエットしていきましょう。

おすすめ記事:ダイエットを簡単にする方法を紹介!簡単に痩せる方法とは?

皮下脂肪をダイエットするために必要な成分が含まれています!
その理由は、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • お腹の皮下脂肪ダイエットについて脂肪を燃焼させる方法を紹介しました。お腹周りの皮下脂肪は、夏には水着を着るときに気になる部分ですので、ここの脂肪はしっかりと取っておきたいところですよね。皮下脂肪は、つくととるに大変時間がかかりますので皮下脂肪は十分に気をつけましょうね

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。