目の疲れや眼精疲労からの頭痛の解消法を紹介します!

Pocket

目の疲れや眼精疲労からの頭痛の解消法です。長時間のパソコン作業や読書で目を酷使した後は目が疲れますよね。酷くなると眼精疲労になり、焦点が合わない、目が乾くなど、頭痛の原因になります。頭痛にも症状に特徴があり、自分はどれに該当するかで、対処法が変わります。頭痛でお悩みの方に参考になる記事を紹介します。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

眼精疲労が酷くて頭痛に悩まされていましたが、えんきんを飲みだしたら頭痛がしなくなりました。詳しい内容はこちらの記事に⇒『ファンケルからの目のサプリ”えんきん“の口コミ情報!

会社のパソコン作業で画面を見る時間が増えたことで、目が疲れてだんだん頭痛がするようになったという方もいらっしゃると思います。学生時代は、頭痛なんて風邪を引いたときか徹夜をした時くらいで、そんなに頭痛なんてならなかった!年を取ったせいなのかな~。

会社で事務仕事をしていればパソコン作業は今や必須作業!でも、頭痛には耐えられない!どうしたらいいの?ということで、解消方法を調べてみました。目を温めたり、冷やしたりとか聞きませんか?どういう時に温めて、冷やすとスッキリすることがわかりました。

眼精疲労が原因で頭痛がするのか?

目が疲れることでなぜ、頭痛になるのか発生のメカニズムについて説明していきます。

  1. 目が疲れて、さらに酷くなると眼精疲労となる
  2. 目の周りにある筋肉が緊張と収縮をする
  3. 目の周りの筋肉が慢性化すると、頭の筋肉も緊張と収縮をする
  4. 頭の筋肉内で血管が収縮し、血流が悪くなる
  5. 血流が悪くなると酸素が血管内で不足し、老廃物が発生する
  6. 老廃物が発生するとさらに血流が悪化し、頭痛が起こる

上記のような流れで目の疲れから頭痛につながっていきます。

眼精疲労が原因の頭痛は、筋肉が緊張して発症する緊張型頭痛と思われます。

ということで、緊張型頭痛の解消法を次に紹介していきます。

おすすめ記事:ルテインとは何か?ルテインの摂取による効果・効能とは?

スポンサーリンク

眼精疲労が原因の頭痛の解消法

眼精疲労が原因で頭痛になってしまったときの解消法は、眼精疲労による場合は、緊張型頭痛であると考えられるので、緊張型頭痛に対する解消方法を紹介していきます。

緊張型頭痛の場合は、原因が目を酷使したことにより、目の周りの筋肉や首、肩の筋肉が緊張してしまったために、血流が悪化し、頭痛が起こると考えられています。

目の奥に痛みを感じて、頭がぎゅっと締め付けるような痛みが緊張型頭痛の症状です。

このような場合は、目の回りを温めてほぐすのが良いです。

温かいお湯をタオルに含ませて目に当てるといったことで、目の筋肉を緩めます。

他には、サプリメントや食べ物、同じところを長い時間見ないようにすると頭痛になるのを予防することが出来ます。

特に食べ物やサプリメントは体の内側から効果を出してくれるので、血管内の老廃物を排出したり、血管を強くしてくれたりと効果は高いです。

マッサージなどもありますが、整体などのプロにやってもらうとスッキリしますが、自分ではなかなか難しいところだと私は思っています。

眼精疲労にまでなっているとマッサージも結構強力でないと効果が期待できないのが私の経験です。

まずは、眼精疲労にならないように毎日、目を使ったあとは休ませるように気をつけましょうね。

おすすめ記事:老眼はレーシックで治るのか?費用・口コミを紹介!老眼とは?

眼精疲労が酷くて頭痛に悩まされていましたが、えんきんを飲みだしたら頭痛がしなくなりました。詳しい内容はこちらの記事に⇒『ファンケルからの目のサプリ”えんきん“の口コミ情報!

まとめ・感想

  • 目の疲れや眼精疲労からの頭痛の解消法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?目が疲れて眼精疲労から頭痛になるメカニズムを紹介して、まずは目が疲れないようにケアすることが大切であるということがわかりました。目の周りを温めるようにしましょう。では、冷やす場合はどういうときかというと、目が血走って充血しているときや片頭痛のときに冷やすと良いそうですので、緊張型頭痛ではない片頭痛や充血していたら目を冷やすようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。