先進医療認定の白内障の手術に必要な費用を調べてみました。

Pocket

先進医療認定の白内障の手術に必要な費用を調べてみました。白内障は、早い人で40代で発症する方から80代になるとほぼ全員が白内障の症状が表れるそうです。軽度なら自覚症状がありませんが、日常生活に支障をきたす場合は手術による対処をしなければ、失明してしまいます。そこで、手術費用はいくらなのか調べました。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

白内障をよくする効果はありませんが、えんきんを飲みだしたらよく見えるようになりました。詳しい内容はこちらの記事に⇒『ファンケルからの目のサプリ”えんきん“の口コミ情報!

見えにくいな~と思ったら、もしかして白内障になっているかもしれません。白内障というとけっこう歳を取った人がなるイメージがありますが、最近では、40代から発症する方もいて、80代ではほとんどの人が白内障の症状を見ることができるそうです。

自分がまだ白内障になる年齢でなくても、もしかしたら白内障になっているかもしれませんよ。軽い白内障であれば自覚症状がなく生活することが出来ますが、日常生活に支障をきたす場合は、外科手術による白内障を治療する必要があります。そのときの費用がどのくらいあるのでしょうか?

白内障とは?

白内障とは、目の中にある水晶体が濁ってしまうことで視力が低下する病気になります。

  • 目がかすむ
  • 物が二重に見える
  • まぶしさを感じる

といった上記が該当する方は、白内障になっているかもしれません。

白内障は、時間とともに水晶体のレンズが白濁が増していく進行性の病気で、手術による処置を行わないと最終的には失明に至ってしまいます。

白内障手術はどういうの?

白内障手術は、水晶体が濁ってしまうことで起こるので、この濁った水晶体を取り除き、人工のレンズを目に埋め込む手術となります。

水晶体の取り除き方は、濁った水晶体を超音波で吸引します。

その後、水晶体の代わりに人工のレンズを入れます。

人工のレンズには、いくつか種類があります。

  • 単焦点眼内レンズ
  • 多焦点眼内レンズ
  • 着色眼内レンズ
  • 非球面眼内レンズ
  • トーリック眼内レンズ

これに様々な度数がありますので、種類はとっても多いですね。

この中から自分に合っているものを医師と相談して決めます。

手術後は、日帰りが可能で、数日眼帯をつけて目の保護をします。

おすすめ記事: 老眼と白内障の違いとは?老眼の症状と予防法を紹介します!

白内障手術のリスクと術後の注意とは?

白内障手術のリスクですが、白内障手術は安全性が高い手術の一つではありますが、外科手術であるために100%安全ということは残念ながらなく、稀に合併症が発症してしまいます。

スポンサーリンク

手術後の注意点として、この合併症を起こさないようにすることが注意点としてあげられます。

失明する恐れのある眼内炎は、発症したら速やかに処置をしなければいけません。

この眼内炎を防ぐ目的で、入院して白内障手術をする眼科もあります。

白内障手術を受ける時は、

  • 手術の実績のある眼科を選ぶ
  • 事前に眼科専門医がいるか
  • リスクの説明患者の質問に答えてくれる

も良い眼科を選ぶポイントになってきます。

おすすめ記事:老眼対策に効果のある食べ物とは?予防・回復する栄養素は・・・

白内障手術の費用とは?

白内障手術の費用ですが、白内障手術には、

  • 単焦点眼内レンズ
  • 多焦点眼内レンズ

この2種類になります。

単焦点眼内レンズの場合

単焦点眼内レンズは、読んで字のごとく、一箇所にのみピントが合うようになっていて、手元や遠くを見るときには老眼鏡が必要となります。

こちらは公的保険という健康保険国民健康保険の適用を受けることが出来ます。

一般的な白内障手術になります。

多焦点眼内レンズの場合

多焦点眼内レンズは、こちらも読んで字のごとくですが、こちらは遠くにも近くにもピントが合うようになっています。

しかし、こちらは公的保険の適用外ということで自費診療となるため、費用が高くなります。

先進医療認定の医療施設であれば、混合診療として公的保険を一部分に適用することが出来ますので、若干ですが、費用を抑えれます。

費用

具体的な費用ですが、

単焦点眼内レンズは、保険が適用されますので、3割負担で5万円前後です。

多焦点眼内レンズは、保険が適用されませんので、眼科によりますが、両眼で50万円~120万円前後となっています。

白内障をよくする効果はありませんが、えんきんを飲みだしたらよく見えるようになりました。詳しい内容はこちらの記事に⇒『ファンケルからの目のサプリ”えんきん“の口コミ情報!

まとめ・感想

  • 先進医療認定の白内障の手術に必要な費用について調べてみましたが、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズで費用がかなり違うことがわかりました。保険が適用されるか、されないかは大きいですね。それに、外科手術ですので、良い眼科でしてもらうことも大切ですので、実績のある眼科に行ってもらうようにしましょう。費用が安いからと言って安易に決めて、後々失明してもいけませんからね。良い眼科を見つけるようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。