奨学金の保証人は危険!奨学金制度で破産が続出!日本の今!

大学や専門学校などに通うためのお金が両親から出してもらえないというのは、今の日本では、かなり多いようです。そのために、奨学金制度を利用する方も増えているようですが、この制度、調べてみると良い制度設計にはなっていないようですよ。時代に合った制度になっていないというべきでしょう。これからはどういう制度がいいのか皆さんも考えてみて下さい。

スポンサーリンク

はじめに

奨学金というと大学にいけない子に対してお金を出してあげて大学に行けるという制度だと思っている方が多いのではないですか?

今、奨学金遅延訴訟が激増しているそうです。貸与型と給付型の奨学金がありますが、給付型は海外留学にのみなので、国内は主に貸与型奨学金制度のみになります。

そのため、10日に行われた参院選では、ほぼ全ての政党が給付型奨学金制度の創設を公約にあげていました。

ここで奨学金の返済は、若い人だけの問題と思っている方は、そうではないことを認識する必要があります。奨学金の返済は、本人だけの問題ではなく、保証人となる家族にまで降りかかってくる問題だからです。

この就職をしても安い賃金の場合やブラック企業で使い捨てされた場合は、本人に返済能力がなく破産したとなれば、返済問題は保証人に督促されることになるのです。

この就職難な状況では保証人になるとリスクが大きい

奨学金は、日本学生支援機構(JASSO)がほとんどを貸し出している。

JASSOの奨学金には、2タイプあり、無利子タイプと有利子タイプがある。
返済はどちらも卒業してから半年後からスタートし、最長で20年で返済するようになっている。

奨学金を借りるためには担保として保証人か保証会社が必要になっている。
保証会社の場合は、毎月数千円の保証料がかかるので、保証人を選択する人がほとんどなのは、当然だろう。なぜなら、お金がないから奨学金を借りるのにわざわざお金が多くかかる保証会社を選択するはずがないというのは想像すればすぐに分かる。

保証人も、連帯保証人と2人必要で、なおかつ、家族である必要があるというのだ。
そのため、保証人には、祖父や祖母、叔父や叔母がなり、連帯保証人には、両親がなるという場合が多いという。

入学するときは、これでいいかもしれない。
卒業が近くなるまでは、楽しい大学生活を送りながら、勉強して、アルバイトをして、普通の学生生活がおくれるかもしれない。

保証人になった人たちも、大学に行って、卒業して、ちゃんと就職すれば、返済できると考えているだろう。まさか自分の孫や子供が奨学金を返済しないなど馬鹿なことをするはずがないと考えるだろう。まじめに働かないなんて、この子に想像もできない。

しかし、そういう思い込み、前提は就職氷河期という21世紀始めのころに脆くも崩れ去ることになる。大学を卒業しても非正規雇用で正社員として就職することができない。『非正規雇用』が4割に達している。正社員でやっと入社できたと思っても、ブラック企業だった。そのブラック企業によって短期間で使い潰されうつ病になってしまった。

まじめでしっかりした若者でも、奨学金を返済できるということはなくなってしまったのです。JASSOのデータで3ヵ月以上滞納しているものの80.2%年収300万円以下だそうです。

そして、なんと学生に味方だと思われたJASSOが回収強化として、取り立てを強化しているのです。この取り立て強化で保証人のリスクは極めて高い状況となっています。

JASSOは、9ヵ月滞納者に機械的に一括返済を求める法的処置を執っているという。
血の通う人間がやることとはとても思えない。

2014年度では、JASSOは8459件の裁判所を通じて、支払督促申立を行い、それでも支払えない者に対して、320件強制執行を行った。本人が返せない場合は、保証人、連帯保証人に全額一括返済を請求する。

家族連鎖の実例

事例1 兄からの相談
妹が大学に通うために月10万円の奨学金を借りることになり、父親とすでに働いていた自分(兄)が保証人になった。奨学金の返済は妹自身が働いて返すという約束だったが、妹は疾病を発症してしまったため満足に仕事ができず失業し、奨学金を返済できず破産した。父は既に他界したため、利子と延滞金が元本に上乗せされた約800万円の請求が自分に届いた。正社員で働いているが家族がいるので自分の生活で精一杯。到底支払えない。(50歳代、男性)


事例2 家族の破産連鎖の危機
専門学校の通学費用として総額300万円を日本学生支援機構から借りた。しかし卒業後は非正規の仕事で手取りが十数万円しかなかったため、返済が滞ってしまった。延滞が続いたため裁判を起こされJASSOと和解したものの、その後も支払えず財産を差し押さえると言われている。自分が破産してしまうと保証人になっている母親に請求が行ってしまい、パートで働く母親も破産するしかない。(30歳代、男性)

事例1では、請求書が保証人の兄に届き、事例2では、請求書はまだ保証人に届いていないが、今の収入が非正規雇用なので、返済することが不可能だということは火を見るより明らか、このままでは本人が破産すれば、保証人の母も破産してしまうという状況、まさに家族を巻き込んだ連鎖破産に追い込む奨学金制度の欠陥があらわになっています。

スポンサーリンク

対処法は何かないのか?

このように奨学金制度は、家族巻き込むもので、決して若者だけの問題ではないのです。

では、どうしたらよいのか?対処法としては2つあるようです。

1つ目は、返済に困った本人に返済猶予などの制度を教えて利用するように勧める

2つ目は、法的な手続きを踏んで、債務整理することを勧める

返済に困った本人に返済猶予などの制度を教えて利用するように勧める

1つ目をもう少し詳しく教えよう、JASSOも一応、返済に困った人に対して、減額返還、返還期限猶予、返還免除の3つの方法を用意している。

この制度をうまく利用して、返済できるようにしてもらいたい。

法的な手続きを踏んで、債務整理することを勧める

1つ目の方法が選択できず、本人に返済能力がなければ、債務整理という手段で、借金を減らすことを検討することになると思います。債務整理にも、自己破産や任意再生と収入や残額によって使える制度が変わってきます。

ただし、自己破産したら。支払い請求は保証人、連帯保証人に移ることになる。

それでも自己破産を勧める理由が実は、延滞期間が伸びると伸びた分だけ延滞金が発生するのです。日本の未来を担う若者に延滞金を取るというのが、そもそもおかしいと思いますけどね。

この債務整理を伸ばしたら伸ばした分だけ延滞金が発生し、保証人のコストが増大していくのです。

JASSOでは、延滞金は遅れている元本に対して年間5%と高金利なんです!
これって、完全にビジネスにしていますよね。

その上、JASSOは9ヶ月間延滞すると一括返済を求めるのです。
返せないのに一括返済を求めるっておかしいですよね。
破産しろと言っているようなもの。

例えば、400万円を借り、月に2万円返している人の場合を考えよう。8か月の滞納までは16万円に対して年間5%の延滞金が発生するだけだが、9か月目からは、400万円すべてに延滞金が発生する。その金額は年間20万円にも上る。その状態が5年続くと、延滞金だけで100万円になる(尚、2014年3月28日までの分については延滞金の利率が10%であり、さらにこの二倍の金額になる)。

もし当人が破産せざるをえない状態であれば、保証人になっている以上、その分の保証を免れることはできないので、保証人に降りかかる延滞金は極力押さえるように、猶予手続きに加え、早めの債務整理が求められます。

JASSOに裁判を起こされた方はすぐに専門家に相談!

JASSOから請求が来て、JASSOに電話相談窓口に相談しても無駄です。丁寧な説明はしてもらえないと考えたほうが良いでしょう。そこで相談するなら、NPO法人のPOSSEや奨学金問題対策全国会議などの支援団体に相談するようにしましょう。

保証人の場合は、そもそも支払う必要があるのかというのもポイントになるらしく、JASSOの主張や請求を鵜呑みにせず、専門家に相談するようにしましょう。

そこで提案

返済できない人にネットビジネスを教えて、稼ぐ能力を身に付けさせる。
稼いだお金で奨学金を返済し、そのまま就職せずに独立、起業してもらう。
そこで、この情報がとても役立つと思います。

bana-1 

cats goodincome_bana_booksize

まとめ・感想

  • 日本の奨学金制度は、利用すると後からとんでもない請求が来るので、制度を利用するときは注意して十分検討してからにしてもらいたい。
  • 学生の味方と思ったJASSOは、見方でも何でもなく、ただの金融機関で、高金利で学資という名の債務を背負わせている。
  • やはり、貸与型ではもう奨学金として機能を果たすことができないと考えます。
    給付型を作る、もしくは貸与型でもお金の稼ぎ方を教えるということが必要だと考えます。
  • ネットビジネスのやり方を在学中にできるようにして、卒業までに返済できるようにすれば良いのではないかと最近考えました。
  • 返済の必要のない奨学金制度または在学中に返済し終えてしまう奨学金制度の創設が必要だと思います。自分はそれを作りたいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ポチっとお願いします。
人気ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。