口内炎になる原因とは?予防するためにおすすめの食べ物とは?

Pocket

口内炎になる原因をご存知ですか?口内炎を予防するためにおすすめの食べ物を紹介します。口の粘膜に炎症が起きてしまうと食べたり、飲んだりすることが大変ですよね。酷いと唾を飲み込むだけで痛かったりします。だから、食べたくないかもしれませんが、口内炎になるということは、必要な栄養が足りないと言われています。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

口内炎を予防、回復にはビタミンやミネラルといった栄養素が必要です。この青汁は栄養だけでなく味も申し分ないです。
飲みごたえ野菜青汁についてはコチラの記事

口内炎になる原因とは?

口内炎になる原因は、口内の傷、免疫力の低下、ビタミンB2、B6等の不足と言われています。

口内の傷は、口の中を噛んでしまい、その傷が原因で口内炎となってしまうことがあります。

免疫力の低下は、同じように口の中で傷ができたときに細菌が繁殖してしまい、炎症を起こしてしまいます。

免疫力がある時は、最近の繁殖を抑えてくれるのですが、低下している時は、細菌が繁殖しやすくなっています。

免疫力はとても重要です。

ビタミンB2、B6等の不足は、口の中というのは、唾液などの粘液によって保護されています。

傷口の細菌を洗い流してくれる効果があります。

スポンサーリンク

なぜ、ビタミンB2、B6等が不足すると口内炎になってしまうのかというと、ビタミンB2は皮膚や粘膜を守り、ビタミンB6は、皮膚や粘膜の健康を維持する効果があります。

不足すると傷口を細菌から守る粘液が不足し、口内炎ができやすい状態を作ってしまいます。

普段の食事からビタミンB2、B6を摂るようにするといいですよ。

口内炎でオススメの食べ物

口内炎になっているときに口内炎でも食べやすく、さらに口内炎に効果のある食べ物を紹介します。

  • アボカド
  • イチゴ
  • うなぎ
  • たまご
  • チーズ
  • なっとう
  • にんにく
  • はちみつ
  • バナナ
  • パセリ
  • ひじき
  • ブロッコリー
  • ヨーグルト
  • レバー
  • わかめ

上記の食材が口内炎でおすすめの食材になります。

紹介した食材には、ビタミンB2、B6が豊富に含まれており、他にもビタミンAやビタミンCも含まれているので、口内炎を治すサポートをしてくれますよ。

これらの食材で一日でも早く口内炎を治してしまいましょう。

口内炎を予防、回復にはビタミンやミネラルといった栄養素が必要です。この青汁は栄養だけでなく味も申し分ないです。
飲みごたえ野菜青汁についてはコチラの記事

まとめ・感想

  • 口内炎の原因と口内炎の予防となるおすすめの食べ物を紹介しました。口内炎になると口の中が痛いですからね。口内炎には、ビタミンCがよく効くと思っていましたが、実はビタミンB2とB6だったんですね。これで口内炎を早期に回復させることが出来ると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。