ハロウィンのジャックオーランタンの意味は?かぼちゃの由来とは?

Pocket

ハロウィンでかぼちゃを使う意味や由来について知りたくありませんか?ジャック・オー・ランタンってなんでしょうね?そんな疑問から調べてみました。一昔前は、ハロウィンはそんなにメジャーなイベントではなかったのですが、ここ数年で、仮装して街を歩く人やかぼちゃを家の前に飾る家庭も増えて知名度が上がっています。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

ハロウィンとかぼちゃの関係は?

ハロウィンにはよく目にするかぼちゃですが、いったいどんな関係があるのでしょうか?

ハロウィンの発祥は、紀元前5世紀ごろの古代ケルト人と言われています。

古代ケルト人は、ハロウィンの時期に秋の収穫や悪魔祓いの儀式を行っており、そのときに使われていたのは、かぼちゃではなく『かぶ』だったそうです。

かぶを使っていたのになぜ、かぼちゃになったのでしょうか?

それは、このハロウィンがアメリカに伝わったときに、かぶに馴染みがなかったというのとかぼちゃがたくさん採れていたという理由からかぼちゃが使われるようになりました。

このアメリカ式が世界中に広まっていったので、『ハロウィンにはかぼちゃ!』というようになりました。

そもそもハロウィンというのは、古代ケルト人の万聖節が元となっており、万聖節の前夜を『All Hallows’Eve』といって収穫を祝って、悪魔を祓うのが『Halloween』になったと言われているそうです。

古代ケルト人は、かぶをくり抜いてランタンを作って悪魔除けとして飾っていたのですが、アメリカに伝わったときにかぼちゃが多く採れていたので、かぼちゃを加工してランタンを作ったそうです。

かぼちゃの方がランタンを作りやすかったこともあり、世界中に広がっていきました。

おすすめの記事:ハロウィン(Halloween)仮装コスプレ衣装おすすめ!

スポンサーリンク

ジャック・オー・ランタンの意味は?

ジャック・オー・ランタンってハロウィンでよく目にしますが、これって一体なんでしょうね?

ジャック・オー・ランタンを日本語に訳すと『吊り下げ式のランプを持っている男』だそうです。

なんでも、昔、アイルランドに酒好きで乱暴者のジャックという男がいたそうです。

ハロウィンの夜に、ジャックは悪魔に魂を奪われそうになります。

しかし、言葉巧みに悪魔を騙し、魂を取らないように約束させます。

それから、時が経ち、歳老いたジャックは亡くなってしまいます。

死んでしまったジャックは、生前悪いことばかりしていたため、天国に行くことが出来ませんでした。

仕方がないので、地獄に行くと約束をした悪魔が地獄の入口に立っていて、『お前の魂は取らない』と言って、ジャックを追い払うのです。

こうしてジャックは、天国にも地獄にも行くことができなくなりました。

どちらにもいけないジャックは、悪魔に頼んで地獄の火を分けてもらい近くにあったかぶをくり抜いて作ったランタンに灯して、この世とあの世を彷徨い歩くようになったのだそうです

このジャックが持っているランタンの火は、いつしか『魔除けの火』として伝わり、ハロウィンでは飾られるようになったんだそうです。

おすすめの記事:ハロウィンで仮装するようになった理由とは?その由来と意味は?

まとめ・感想

  • ハロウィンでなぜかぼちゃが使われるようになったかわかりましたか?始めはかぶから作られていたのですね。かぼちゃがないときは、かぶで作ってみるのもいいかもしれませんね。アイルランドの方では、今でもかぶで作られているそうですよ。それでは楽しいハロウィンをお過ごし下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。