秋分の日はいつ?意味や由来とは?お彼岸はいつ?

Pocket

秋分の日の意味や由来について知ると、秋のお彼岸につながります。では、秋分の日はいつなのか調べてみました。『暑さ寒さも彼岸まで』と言われるようにお彼岸は季節の変わり目の目安になります。お彼岸というのは日本独自の仏教行事で、西方極楽浄土の信仰と結びついたそうです。秋のお彼岸はいつまでの期間なのでしょう。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

秋分の日はいつ?

秋分の日は昼と夜の時間が同じになる日です。

春分の日も同じですね。

秋分の日というのは、毎年、9月23日頃となっておりますが、23日が統計的に多いからこの日くらいと紹介しております。

実際に秋分の日と決められるのは、国立天文台が作成しております暦象年表にもとづいて閣議決定されて前年の2月に官報で発表されます。

また、秋分の日というのはとても複雑な計算式の上で成り立っており、毎年決まった日付ではないということです。

秋分の日の意味や由来とは?

秋分の日というのは、1948年に公布・施行された「国民の祝日に関する法律」により制定されています。

意味は、「先祖を敬い、亡くなった方を偲ぶ」という日なのだそうです。

秋分の日は、国民の休日などといったこと以外にも意味があります。

スポンサーリンク

それは、昼と夜の長さが同じという日でもあります。

これはご存じの方は多いと思います。

では、この長さが同じということがお彼岸に結びついていることはご存知でしたか?

昼と夜の時間が同じになるということは、太陽が東から登って西に沈むことを言います。

仏教では、西方浄土といい西には極楽浄土があると信じられていました。

こうしたことから真西に太陽が沈む秋分の日というのは、仏様み祈りを捧げるのに最適な日なのですね。

こうしたことから秋分の日はお彼岸として先祖供養の人して設定されました。

秋分の日がお彼岸に関係がある理由や意味・由来について知ることができましたね。

お彼岸はいつ?

お彼岸というのは、秋分の日や春分の日を中日として、その前後3日間の合計7日間がお彼岸となります。

期間中いつでも良いのですが、この期間にお墓参りを家族揃って行くようにしましょう。

お墓参りで混む時期はやはり中日にお参りされる方が一番多いそうです。

まとめ・感想

  • 秋分の日について調べてみました。調べていたら秋分の日とお彼岸に関係があることを知り、ちょっと驚きましたね。このお彼岸というのは、日本独自の行事ということでお墓参りや自宅の仏壇を整えたり、ぼたもちなどをお供えるようにしました。これで今年のお彼岸は家族揃ってお墓参りや自宅の仏壇を整えましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。