Pocket

急性副鼻腔炎の原因と症状(熱、頭痛)、対処法について紹介します。鼻水が出るというのは、体の防衛反応の一つなので、鼻水が出ると言うだけで何かの病気というわけではありません。花粉やウィルスが入り込んで体に入らないようにする機能が働いていることもありますが、あまりに酷い時は急性副鼻腔炎の可能性もあります。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

急性副鼻腔炎というのは、副鼻腔内で突然、炎症を起こすことを言います。

鼻の内部には、鼻腔と副鼻腔とあります。

副鼻腔は鼻腔の周りに4ヶ所あります。

鼻腔というのは、一般的に見る鼻のことになります。

 

副鼻腔は、自然孔と呼ばれる細い穴を通じて鼻腔とつながっていて、鼻腔と同じように空気と一緒に侵入したウィルスやホコリなどを排出する機能を持っています。

 

一方、鼻腔内で感染した細菌も穴を通じて副鼻腔へ侵入してしまうことがあります。

 

副鼻腔内で細菌に感染してしまうと、細菌が副鼻腔内で増殖してしまい、膿が溜まって炎症を起こしてしまいます。

これが副鼻腔炎と呼ばれる症状になります。

 

急性副鼻腔炎の原因と症状とは?

急性副鼻炎の原因は、肺炎球菌、インフルエンザウィルス、ブドウ球菌などの細菌と言われています。

 

風邪などを引いてしまったあとに、熱や咳といった症状は治まったけど、鼻水や鼻づまりといった症状が改善されないという場合は、急性副鼻腔炎の可能性があります。

 

また、アレルギーを持っていて花粉症といった場合は、常に鼻水が出ますので、急性副鼻腔炎になっていても気づかなかったり、逆に副鼻腔炎の症状から自分にはアレルギーを持っていることが分かる場合があります。

 

急性副鼻腔炎には、ほかにも気圧性副鼻腔炎と呼ばれる潜水や航空機による気圧の変化によって副鼻腔内に痛みを生じるという症状もあります。

 

急性副鼻腔炎には、軽い場合は鼻水や鼻づまりという症状ですみますが、炎症が悪化して重くなると悪臭を放って膿が混じった鼻水が出たりします。

 

そして、炎症によって発熱や頭痛につながる痛みを発することがあります。

スポンサーリンク

 

副鼻腔は鼻の周りにあることで、炎症する場所によって頭痛になったりします。

 

鼻水と頬の痛みや頭痛は関連性が想像しにくいのですが、放置すると稀に副鼻腔の炎症が目や場合によっては、脳に影響をおよぼすことがあります。

 

まぶたが腫れたり、物がよく見えない、強い頭痛がするといった症状がある時は、病院へ行って検査を受けるようにしましょう。

 

おすすめ記事:花粉症の症状の頭痛と吐き気、めまいの原因と対策方法は?

急性副鼻腔炎の対処法とは?

急性副鼻腔炎の対処法ですが、軽い場合は対処できますが、ひどい場合は病院へ行ってくださいね。

 

まずは、『鼻をかむ』です。

急性副鼻腔炎を進行させないようにするために、こまめに鼻をかんで鼻の中にある膿を出すようにしましょう。

ここで注意点ですが、間違って強く鼻をかむと中耳炎になることがありますので、左右の鼻を同時に噛んだり、強くかんだりしないようにして下さい。

 

 

次に『アロマオイルを使う』です。

アロマオイルには、鼻水や鼻づまりを緩和してくれるものがあります。

ハンカチやマスクに少し染み込ませるなどして使用することで、症状を軽くする効果が期待できます。

 

 

 

3つ目に『清潔を保つ』です。

急性副鼻腔炎は、風邪といった感染症以外にも花粉やほこりなどのアレルギーが鼻の粘膜を刺激することで炎症を引き起こすことがあります。

部屋の掃除や空気清浄機を利用して鼻から吸い込む空気をきれいに保つことが大切です。

 

 

おすすめ記事:鼻がつまる!鼻づまりで寝るときの解消方法を紹介!

 

まとめ・感想

  • 急性副鼻腔炎の原因と症状、対処法について紹介しました。急性副鼻腔炎から慢性副鼻腔炎と呼ばれる症状に移行してしまうと自然に治すことはできなくなりますので、早めに対処するようにしましょう。アレルギーがなくても日頃から部屋はきれいにしておくことで、急性副鼻腔炎を防ぐことが出来ますので、部屋はきれいに保つようにしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク