ヘルパンギーナの症状とは?大人も感染したときの対処法は?

Pocket

ヘルパンギーナは子供が夏になる病気なのですが、大人も感染することがあります。ヘルパンギーナの症状や大人も感染したときの対処法について紹介します。ちょっと前までは、夏風邪と言われていたのが、最近は、ヘルパンギーナと病名を言われる様に変わりました。冬の風邪と症状が違って同じ対処法でも回復しないそうです。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

ヘルパンギーナは、主に乳幼児や子供がかかるウィルス性の感染症になります。

だいたい5月くらいから感染者が増え、6~8月頃に発症のピークが来ます。

9月を過ぎた辺りではほとんど沈静化されるので、夏風邪の代表的な病として取り上げられます。

ヘルパンギーナの症状とは?

ヘルパンギーナの症状は、感染するとある日突然、38~40℃の高熱を出して、口や喉に痛みが出てきます。

感染すると代表的な症状として、口の中を見ると喉の付近に赤く炎症を起こして水疱が出来ているのが見えると思います。

この症状がヘルパンギーナの代表的な症状です。

この水疱が破れると破れた部分が白い潰瘍のようになり、痛みを発します。

痛みのあまり唾液を飲み込むのも辛く、食事をするのを嫌がってしまう子供もいるくらいです。

もし、乳幼児でまだ言葉を話せない子であれば、唾液が多くなったり、機嫌が悪くなったり、吐きやすくなったりするといった症状が出ます。

通常であれば、発熱後7~10日程度で症状は治まります。

スポンサーリンク

しかし、稀にですが、無菌性髄膜炎を合併症で起こる場合もありますので、熱が下がらないといった時は病院ですぐに診てもらうようにしましょう。

おすすめ記事:風邪を早く治すために効く食べ物をコンビニで買うとしたら

ヘルパンギーナの対処法とは?

ヘルパンギーナの対処法ですが、発症原因はエンテロウイルス属で、今のところ有効な治療薬が見つかっていないそうです。

予防接種で防ぐことも出来ません。

こうしたことからヘルパンギーナに感染した時は、対処療法が一般的のようです。

対処療法というのは、出ている症状に合わせて治療を行っていく方法で、高熱が出れば熱を下げるということです。

ヘルパンギーナは、口の中に痛みが出るということと、夏に流行るということから脱水症状には気をつけなければいけません。

脱水症状になってしまうと病院で点滴を受ける必要が出てくるので、適度な水分補給をするようにしましょう。

おすすめ記事:インフルエンザの初期症状と潜伏期間、予防の仕方や対策方法は?

まとめ・感想

  • ヘルパンギーナの症状と対処法について紹介しました。大人がヘルパンギーナに感染すると子供よりも重症化しやすいと言われています。症状は子供と変わらず、口の中に水疱ができたり、高熱が出ます。体の調子が戻るまでに10日以上かかるそうですので、子供がヘルパンギーナに感染したら、感染しないように十分注意するようにして下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。