歯ぎしりの原因と悪影響は?対処法や治す方法を紹介します!

Pocket

歯ぎしりの原因と悪影響についてご存知ですか?朝起きて顎に痛みを感じたら、もしかしたらそれは歯ぎしりが原因かもしれませんよ。歯ぎしりは、上下の歯をこすり合わせたり、力いっぱい噛むことを言い、寝ているので気が付きにくく放置されてしまいます。そんな歯ぎしりの対処法や治療法について調べましたので紹介します。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

歯ぎしりのイメージは、歯をギリギリして音を出しているというイメージではありませんか?

でも、歯ぎしりには、3つのパターンに分けられているそうです。

一番多いのは、イメージのグランディングと呼ばれる一番多い歯ぎしりです。

グランディングは、上下の歯を強く噛んで、横に動かしてこすり合わせるというものです。

ギリギリと音が出るのが特徴です。

2つ目は、クレンチングと呼ばれる歯ぎしりです。

クレンチングは、上下の歯を強く噛むことを言います。

クレンチングの場合は、横にずらして音を出さないので、周囲が気づくことがありません。

3つ目は、タッピングと呼ばれる歯ぎしりです。

タッピングは、上下の歯をカチカチと噛むことを言います。

歯ぎしりには、この3パターンがあります。

歯ぎしりの原因とは?

歯ぎしりの原因ですが、最も多いのがストレスです。

やっぱりと思われたかもしれませんが、ストレスが溜まると体にはいろいろな影響がでます。

しかし、運動や趣味をしてストレスを発散することができていれば、何も問題はありません。

原因としてストレス以外では、歯のかみ合わせという問題でも起こります。

虫歯を放置して歯が欠けてしまっていると上下のかみ合わせがズレてしまう、歯の治療で歯医者さんから歯に詰め物などをしてもらったことが原因でかみ合わせが悪くなってしまったということでも起きる可能性はあります。

ここまでは大人の歯ぎしりの話で、ここからは子どもの歯ぎしりについてです。

子どもの歯ぎしりで調べていて、ストレスが原因?と思われたかもしれませんが、子どもの場合は大人とは原因が違います。

子どもの場合は、原因として考えられるのは、歯が生えることで今までぴったりと合っていた上下の顎にズレが生じてします為、また安定する箇所を探すために歯ぎしりをすると考えられています。

スポンサーリンク

他には、乳歯が生えてくるので、それに伴い顎も発達して、歯と歯の間に隙間ができ、その際にかみ合わせを調整するために歯ぎしりをすると言われています。

子どもの歯ぎしりは、大人とは違い成長する過程で起こることなのです。

でも、子どもでもストレスが溜まれば、歯ぎしりをする場合もありますので、ストレスが原因であればストレスを解消する必要があります。

歯ぎしりが与える悪影響とは?

歯ぎしりが体に与える影響ですが、通常の食事のときにかかる数倍の力が歯にかかるので、歯がすり減ったり、歯にヒビが入ったりして割れることもあるそうです。

寝ているときの歯ぎしりは、睡眠の質も低下させてしまったり、顎に力が入っているので、顎関節症になったりします。

また、虫歯や歯周病の悪化や肩こり、頭痛、めまいといった症状の原因にもあり、寝不足で肌荒れにもなります。

歯ぎしりの対処法は?

歯ぎしりをしないようするための対処法ですが、これで歯ぎしりが治るというわけではなく一時的なものになります。

まずは、お酒を飲みすぎないようにすることです。

過度な飲酒は歯ぎしりになる原因となる場合があるので、寝る前にお酒の飲み過ぎには注意しましょう。

歯を強く噛んでいることに気がついたら歯がつかないようにしましょう。

意識することで徐々にですが、歯を強く噛まなくなります。

食事の時は左右均等に噛んで食事をする。

片側ばかりで食事をするとかみ合わせが悪くなる原因になります。

そうなると歯ぎしりを起こす原因にもなります。

歯ぎしりの治療法は?

歯ぎしりの治療法ですが、歯ぎしりのメカニズムは完全には解明には至っておりません。

ですが、歯ぎしりに気づかれた時は、医師に相談することをおすすめします。

治療法としては、マウスピースによる治療薬物による治療矯正による治療の3つがあります。

まとめ・感想

  • 歯ぎしりについて調べた結果を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?たかが歯ぎしりと思っていても、体には影響が出ますし、回りも迷惑に感じるので治せるのであれば治した方がいいと思います。あまりにも酷くなると歯にヒビが入ってしまい割れてしまうこともあるということですので、いつまでも美味しく食事をしたいと考えるのであれば、医師に相談するようにしてみて下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。