中秋の名月は2017年いつなのか?由来について調べました!

Pocket

中秋の名月は、日本の秋の夜長を楽しむイベントですよね!十五夜のお月見ともいいますね。2017年の中秋の名月はいつなのか?中秋の名月を知っていても、そもそもどんなイベントで、何をする行事なのかを知っている方は少ないかもしれませんね。そこで、中秋の名月について、由来に関しても調べましたので、紹介します。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

秋になると夏のときと違い、夜は涼しくというよりは、少し肌寒いかもしれませんね。

日本の秋の夜長を楽しむ風物詩で『中秋の名月』というお月見があります。

昔は、月を見ながらの月見酒で、月を肴に日本酒を飲んでいたものですが、現代では、月を見て楽しみながらと言うよりは、仲間と一緒に飲む方が多いでしょうかね。

中秋の名月はいつなのか?

中秋の名月ですが、2017年はいつごろなのかというと、10月4日頃になります。

中秋の名月に必ず満月になることはなく、十五夜が満月になったのは、2013年だったそうで、次の十五夜が満月になる時期は、なんと!2021年だそうですよ。

昨年の2016年での中秋の名月は、満月の日から1日遅れの年となりましたが、今年に関しては、9月17日が満月であったので、中秋の名月は、2日前になります。

1日、2日の差はそんなに大きくなく、実際に月を見るとほとんどまん丸の形をしており、満月を見ることが出来ます。

スポンサーリンク

中秋の名月の由来について

中秋の名月の由来についてですが、そもそもは稲の豊作を祈るためのお祭りであったという説や芋類の収穫祭だったという説など、諸説が多数あるようです。

他には、中国で月を見るという行事があり、これが平安時代に日本へ伝わったという説もあります。

平安時代では、貴族の風習だったものが、江戸時代では庶民にも伝わり、一般の行事となったようです。

そもそも中秋の名月というのは一体何でしょう。

読んで字のごとくで『中秋の名月』は、秋の真ん中に出る満月という意味で、新暦ではなく旧暦で7月~9月は秋になります。

旧暦で8月は秋の真ん中になり、8月15日の夜に出る満月でこう呼ばれるようになりました。

新暦と旧暦では1ヶ月程度のズレが生じるので、9月7日から10月8日に出る満月を十五夜の中秋の名月と呼んでいるのですね。

まとめ・感想

  • 中秋の名月について紹介してきましたがいかがでしたか?今年の中秋の名月は、10月4日だということです。十五夜は必ず満月になる日ではないということをお忘れなく。中秋の名月は、天気としては曇り、雨が多いようです。9月~10月という時期は台風が接近してくる時期なので、中秋の名月は、10年のうち9年は見えずという記述があるように見える日自体が少ないようです。今年の中秋の名月は、果たして見えるのか楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。