月見団子の意味とは?由来についても調べてみました!

Pocket

月見団子の意味についてご存知でしょうか?月見団子といえば、中秋の名月である十五夜の日にお団子を作って、月にお供えをします。その後は、その団子を食べるんですけどね!なぜ、団子を月に供えるのでしょう?月見団子っていくつお供えするのか知ってますか?知らないことは調べないといけないですよね!調べてみました。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

月見団子の意味、由来とは?

月見団子の意味や由来についてですが、月見団子を供えるようになったのは、江戸時代からだそうです。

そのころは太陽よりも月を信仰の対象としていたことからのようですね。

お月見に月見団子を供えるのは、これからの収穫を祈るということから、お米の団子を作って用意したのが月見団子の由来だと考えられています。

この時期に収穫に感謝し、収穫したものをお月さまにお供えするようになったのですね。

月見団子というと通常丸いですが、これは地域によって形が違うところもあったようです。

江戸つまり現代で言う東京では、丸い形でしたが、京都では芋型だったと言われております。

そして、なぜ、ススキを一緒に供えていたのかですが、これはススキが稲穂(お米)に似ていたからということで、実際に稲穂を供えることもあるそうです。

スポンサーリンク

おすすめの記事:中秋の名月は2017年いつなのか?由来について調べました!

月見団子の数、並べ方は?

月見団子のお供えする数や並べ方についてですが、ご存知でしょうか?

この数や並べ方については、2つの説があるそうです。

1つは、満月の数から12個という説があります。

これは、閏年になると13個になるそうです。

2つ目は、十五夜から15個という説があります。

十五夜だから15個としているそうですので、十三夜では、13個になります。

並べ方ですが、15個並べる場合は、一段目に縦3×横3の9個、二段目に縦2×横2の4個、三段目に神事の場合は、正面から見て縦に2個並べて、仏事の場合は横に2個並べます。

お供えする器は、三方と呼ばれる物を使用し、その上に白い紙を敷いてお供えします。

三方がない場合は、お盆やお皿にお供えすればOKです。

まとめ・感想

  • 今回は月見団子について意味や由来などをご紹介しました。最近では、スーパーで団子以外にも色々な形の団子や饅頭が売っていますので、お時間がないという場合にはこうしたものでもいいかもしれませんね。時間がない現代で、こうしたちょっとした普段と違うことをしてみるのもいいかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。