七五三はいつやるの?時期や年齢について調べてみました!

Pocket

七五三について時期や年齢についてご存じですか?私にも子どもがいるのですが、七五三についてよく知らないので、調べてみることにしました。七五三の日というのがあり、七五三では神社へお参りやお祝いをする行事ですね。このくらいの時期によっては神社も混み合いますので、お祝いの日は日程を上手く組む必要があります。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

七五三はいつやるの?

七五三をやる時期についてですが、七五三には、『七五三の日』というのがあります。

それが『11月15日』にあります。

この日に神社へお参りしてお祝いをすることになりますが、この日だけというわけではありません。

最近では、両親が仕事をしているという事情などで、11月15日にできないというご家庭も多いので、『10月中旬~11月前半の吉日や土日などの休日』を利用してお祝いをするというケースが多くなっているそうです。

今でも11月15日の日にお祝いをする方はたくさんいます。

七五三の日である11月15日やその前の土日などは、七五三で神社が混みますので、七五三をするのであれば上手にスケジュールを組んでおくことをおすすめします。

七五三というのは、いつからいつまでという日程のルールは特に決まってはいないそうです。

スポンサーリンク

最近では、11月15日にこだわることはなく、10月~11月で、家族、親戚が揃う日程で行われているそうです。

また、これは知らなかったのですが、七五三に大安や友引といった六曜と呼ばれるのは、関係がないそうです。

関係ないのですが、大安の土日などは参拝客が集中するそうで、大きくて有名な神社では、大安などの良い日とされている日は、七五三の参拝客で埋まってしまう程だそうです。

七五三の年齢は?

七五三の年齢のなのですが、あなたは数え年と満年齢の違いをご存じですか?

七五三は、文字通り7歳、5歳、3歳のときにお祝いをしますね。

男の子は、3歳と5歳で、女の子は3歳と7歳にお祝いをします。

この年齢については、満年齢が今では一般的だそうです。

ちなみに数え年と満年齢の違いですが、

数え年は、生まれた年を一歳として数えます。

満年齢は、生まれた翌年の誕生日を一歳として数えます。

どちらがいいかというとどちらでも大丈夫ですが、満年齢が一般的というだけの話です。

習慣で、数え年というところは数え年でも大丈夫ですよ。

まとめ・感想

  • 七五三の時期と年齢について調べてみました。調べてみるとまだまだ知らないことはありますね。七五三の日以外でも七五三は良いということがわかりましたので、我が家ではできるだけ早めに七五三をして神社が混む時期は避けようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。