ボジョレーヌーボーとは、種類があるの?解禁日はいつごろ?

Pocket

ボジョレーヌーボーについてご存じですか?毎年11月になると話題になるワインなのですが、解禁日についてはニュースになったりするので、ご存じの方もいると思います。日付が一番早く変わるのが日本ということで世界で一番早くこのボジョレーヌーボーを飲むことができます。そんなボジョレーヌーボーについて紹介します。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

ボジョレーヌーボーとは?

ボジョレーヌーボーとは、ワインの名前にもなっているボジョレーというのが、フランスのブルゴーニュ地方にある地区の名前になります。

このことからもわかるようにこの地区で作られたワインで、1年中売られている『ボジョレー』というのがあります。

ボジョレーヌーボーというのは、その年に最初に作られた新酒のことを特別な名前で販売しています。

ボジョレーヌーボーは、普通のワインよりも醸造期間が短いので、渋味が少なく爽やかな風味であることが特徴になります。

フルーティで飲みやすいことからも女性に人気のあるワインです。

ボジョレーヌーボーが日本で人気のあるのもこの特徴が日本人の口にあっているということもあります。

また、日本人は初物好きということもあり、このワインを特別扱いしているところもあります。

通常、赤ワインは冷やして飲むものではありませんが、フルーティなボジョレーヌーボーは少し冷やして飲む方が美味しいです。

ボジョレーヌーボーの種類とは?

ボジョレーヌーボーというと1種類だけと思うかもしれませんが、実は、種類は多くあります。

ボジョレーヌーボーには、ただのボジョレーの他にもボジョレーヴィラージュというのもあります。

このボジョレーヴィラージュは、一般的なものよりもさらに限定されたもので、収穫量アルコール度数といった基準も厳しいものになっており、上級ワインとなっています。

スポンサーリンク

高ければよいというわけではありませんが、こうしたヴィラージュのようなワインであれば、美味しいボジョレーワインを味わえると思います。

ボジョレーヌーボーを飲むときに気をつけたいのは、1,000円を切るような安価ワインは避けるようにした方が良いということだそうです。

空輸で日本に入ってくるワインなので、1,000円を切ると一体原価はいくらなのか?と思えますよね。

初めてボジョレーヌーボーを飲むのであれば、2,000円~3,000円くらいのものがいいと思います。

ボジョレーヌーボーの解禁日はいつ?

ボジョレーヌーボーの解禁日は、毎年11月第3木曜日の時刻は0時になります。

日付が世界で一番早く変わる日本で、ボジョレーヌーボーが世界で一番早く発売されるため、毎年イベントとしてニュースに取り上げられています。

この解禁日というのは、ワインの早出し競争が激化して品質が低下してしまうことを防ぐために作られたそうです。

もともとは、ワイン業者がその年のワインの出来を確認するためのものだったそうです。

お祭りのようになっているのは、この年も無事ブドウが収穫できたことと美味しいワインができたことを感謝するという意味でもあるようです。

ボジョレーヌーボー以外にもフランスではワインの解禁日があるのですが、ボジョレーヌーボーだけ大きく報道されて盛り上がっているのは、ボジョレーヌーボーの生産者の戦略が成功したからということだそうですよ。

まとめ・感想

  • ボジョレーヌーボーについてと解禁日についてをご紹介しました。ボジョレーヌーボーの解禁日がこれだけ大きく取り上げられるのは生産者の戦略の賜物だったのですね。でも、味が良くなければ取り上げられ続けることはありませんので、ボジョレーヌーボーの美味しさが最大の成功要因かもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。