ボジョレーヌーボーの保存方法と賞味期限について調べました!

Pocket

ボジョレーヌーボーの保存の仕方や賞味期限はご存知ですか?せっかく毎年楽しみにしているボジョレーヌーボーの解禁日ですが、手に入れたボジョレーヌーボーはいつまで飲めるの?飲み残してしまったら?時間が経ったら飲めないのでは?と思ったりしたことありませんか?そんな疑問について調べてみましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

ボジョレーヌーボーの保存方法とは?

ボジョレーヌーボーは、開けたら早めに飲みきるのがよく長期の保存には向いていないそうです。

一般の赤ワインは、瓶のコルクが浸るように寝かせて保存すると良いというのは、ご存じの方も多いと思いますが、ボジョレーヌーボーに関しては寝かせておいても味はほとんど変わらないそうです。

こうしたことからボジョレーヌーボーは、保存しないのですが、それでもすぐに飲めない事情というのがある場合もありますので、少しでも良い状態で保存する方法を紹介します。

ワイン全般に言えると思いますが、暗くて涼しいところに保存するようにしましょう。

ワインは日光に弱いので、暗い場所に保存するようにしましょう。

ワインに最適な環境は、室温13℃~15℃で、湿度は70%~80%と言われています。

この条件で保存できるといいですね。

ボジョレーヌーボーを飲み残してしまった場合の保存の仕方ですが、できるだけ空気に触れないように密閉した状態で保存できるようにしましょう。

ワインを飲むとそれだけ空気が瓶の中に入ってしまうので、小さい瓶などに移してできるだけ容器の中に空気が入らないようにし、できればワインで満たすようにするのがいいです。

スポンサーリンク

こうすれば冷蔵庫で数日保存することができます。

数日保存したあとに飲んでみて、問題なければそのまま召しあがればいいのですが、もし、酸っぱい味がした場合は、捨てることをおすすめします。

料理に使用することも止めたほうが良いでしょう。

料理の味に影響が出て、味を損なう恐れがあります。

ボジョレーヌーボーの賞味期限とは?

ボジョレーヌーボーの賞味期限についてですが、ボジョレーヌーボーは一般的な赤ワインより、賞味期限はかなり短めだそうです。

爽やかでフルーティな味わいのボジョレーヌーボーは、風味がフレッシュさが命なので飲みきるのがいいです。

解禁日が11月第3木曜日で、飲みきるなら年内ということで2~3ヶ月が美味しく飲める期間になるようです。

赤ワインは、熟成期間がながければ美味しくなりますが、フレッシュが売りのボジョレーヌーボーは、できるだけ早く飲むのがいいそうです。

時間が経てばそれだけ味が落ちてしまうそうです。

そもそもボジョレーヌーボーは、赤ワインで使用しているブドウとは違う種類のブドウを使用しているようで、短い期間の熟成で飲めるのに適したものだそうです。

こうしたことからもボジョレーヌーボーは、旬のワインということで、赤ワインとは違ったものであると認識した方が良いようです。

まとめ・感想

  • ボジョレーヌーボーの保存方法と賞味期限についてご紹介しました。基本的にボジョレーヌーボーは開けたら飲みきる。飲みきれなかったら小さな瓶に移して空気を防ぎ、密閉して冷蔵庫に数日保存する。酸味が出てきたら捨てるようにしましょう。もったいないからといって料理に使用するのは止めましょうね。熟成しても味は落ちるだけで美味しくなることもありませんので、できるだけ早く飲んでしまいましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。