七五三で神社の初穂料の相場や渡すタイミングは?

Pocket

七五三でお参りする神社で祈祷をお願いする場合は、初穂料というのが必要になります。でも、この初穂料っていくらなのかよくわからないですよね。お参りする神社によっては案内があるのですが、初穂料の案内がない神社は困ってしまいますよね。相場がわかれば、準備もし易いので、初穂料には是非参考にしていって下さいね。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

七五三の初穂料とは?

七五三の初穂料とは、まず、初穂料の読み方ですが、『はつほりょう』と読みます。

初穂というのは、初めて収穫された稲穂の束のことをいい、その年に初めて収穫された米、野菜、果物、海鮮などを神前に奉納して、豊作を祈願し、恵みに感謝したことが始まりのようです。

このことから初穂料というのは、神社に祝詞(のりと)を神様に上げてもらい、お祓いをして頂いたときに謝礼として納める金銭のことをいいます。

おすすめの記事:七五三はいつやるの?時期や年齢について調べてみました!

スポンサーリンク

七五三の初穂料の相場は?

七五三の初穂料の相場なのですが、金額の相場は、だいたいですが、5,000円~10,000円くらいで、一般的な初穂料としては「5,000円~」という神社が多いようですね。

他には、初穂料は「◯◯円」と決めている神社もあります。

神社によりますが、祈祷を予約したり、問い合わせの電話のときに初穂料について聞いてみると教えてくるれるところもありますので、電話で聞いて確認するしてみるのもいいと思います。

初穂料を渡すタイミングですが、七五三のお参りの受付をしているところで渡すケースが多いようです。

おすすめの記事:七五三のお祝い金の相場は?いくらか調べてみました!

まとめ・感想

  • 七五三の初穂料の相場と渡すタイミングについてでしたが、いかがでしたでしょうか?初穂料などは、できれば渡し過ぎたくはないと思いますが、少なすぎもちょっとと思いますよね。できれば、だいたい、皆さんが多く払われている金額を入れたいと思うと思います。ですが、金額は各神社によるところがありますので、確認が事前にできるであれば確認して、指定されたくらいの金額は納めるようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。