タトゥーを消す時の痛みは機関銃で撃たれるくらい痛い!?

最近では、気軽にタトゥーを入れている方、いらっしゃいますよね。このタトゥーですが、相当の覚悟、消すことは絶対にないというくらいの覚悟がなければ、入れない方が良いようです。消す痛みは、出産を経験した人は、出産の次に痛いというのです。痛そうですね。それではもう少し説明しますので、どうぞ。

スポンサーリンク

タトゥーを消すのはかなり大変

福岡県の20代後半の女性が19歳の頃に入れたタトゥーを消そうと考えます。

理由は、結婚して子どもができたからです。

子どもと海水浴や温泉でタトゥーが入っているために困るから消したいというのです。

タトゥーを消すためにインターネットを使って色々と調べてみたところ、関東地方の美容外科を受診しました。

担当医からは、2年ほどで綺麗になるというので、医師の言葉を信じて、複数回の切除手術を受けました。

手術によってタトゥーの柄は消すことができましたが、これでめでたし、めでたしとはいかなかったようです。

手術後の傷口が広がり、膿んでしまうなどの症状が出てしまいます。

常に引っ張られるような痛みがあり、血がにじみ、ろくにお風呂にも入れないという日が続きました。

こうした症状を担当医に相談しても『体重が増えたから傷口が開いた』や『治らない人なんていないんですけど』とまともにとりあってくれない。

処方してくれた塗り薬も塗ってもなかなか良くならない。

結局、4年ほど通院して、交通費なども含めて150万円以上も支払うことになってしまいました。今では、病院を変えて症状もよくなっているということです。

タトゥーは綺麗に消すことはできない

紹介した女性は、自戒を含めてこう言いました。

『絶対にキレイに治る、なんてウソ。傷が残るリスクなども含めて、病院はきちんと説明するべきです。除去手術の大変さや、多額のお金がかかることを知らない人も多い。知識や覚悟がないのなら、ボディーペイントぐらいにしておいた方がいいと思います』

全国で消費生活センターにタトゥー除去のトラブル

「レーザー治療でやけどの痕のような状態になった」(30代女性)
「切除手術で傷が盛り上がり肉割れした」(30代女性)
「レーザーで水ぶくれができて痛い」(30代男性)

上記のような苦情が、全国の消費生活センターなどに昨年度、タトゥー除去をめぐってトラブルの報告や苦情が寄せられました。

タトゥー除去の現状

六本木境クリニックの境隆博院長(48)は、タトゥー除去の現状についてこう言っています。

『タトゥー除去を希望する患者は、どんな人が多いかというと、20代、30代の女性が多い。理由は、結婚、職場の上司命令などです。

スポンサーリンク

ただ、タトゥー除去はそんなに甘いものでもない。私は常々、患者さんに「死ぬぐらいの思いをしても取りたいですか?」と聞いています。

『機関銃で撃たれるような痛み』

そんなに大変な治療なのですね。

例えば、レーザー治療は、子どもを産んだことがある女性の患者さんは口々に「お産の次に痛い」と言います。

医師によっては、『ゴムで弾くぐらいの痛み』と説明する人がいますが、とんでもないです。

私に言わせれば「機関銃で撃たれているような痛み」です。

レーザーだけでなく、他にも色々な治療法がありますが、治療でタトゥーを消すことはできません。

タトゥーを傷跡に変えるだけで、綺麗な状態にはならない。

タトゥーというのは、墨と傷跡が混在したもので、仮に魔法のようなもので墨だけを取り除けたとしても、タトゥーを入れた時の傷跡は残ります。

実際には、ここに更に治療の傷が加わるのです。

一番いいのはやっぱり

タトゥーに対しては、一番いいのはやっぱり、タトゥーを入れないこと。これに限ります。

そして、次はタトゥーを取らないことです。

各治療法のメリットとデメリット

レーザー治療

レーザーは、身体への侵襲性が低いこと、また消えはしないものの、タトゥーを薄くできるのがメリットです。先ほど言ったように、非常に痛いというのはデメリットだと思います。

切除

切除のメリットは、切った部分を完全に除去できること。ただ、デメリットとしてワンポイントなどのごく小さなものしか対応できません。

植皮

植皮は、太ももや臀部から皮膚を移植する治療です。切除に比べ、大きいものにも対応できるのはメリット。しかし、治療箇所以外に採皮部にも傷がつく、また治療箇所が目立ちやすくなります。

削皮

削皮は、墨の入った皮膚を削りとる手術。短期間で効果が見込め、植皮に比べ広い面積でも治療できます。成功した時の見栄えは比較的いいですが、失敗した場合はケロイド状になってしまう恐れもあります。非常に難しい手術で、医師の腕次第というところがあります。

まとめ・感想

  • タトゥーは、入れるときは消さないという覚悟を持ってから入れないと後が大変なことになります。
  • タトゥーは、気軽に入れるのはやめましょうね。
  • 一番いいのは、タトゥーを入れない。その次に、タトゥーを取らないことです。
  • タトゥーを取る時の痛みは、『機関銃で撃たれるような痛み』。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。