PTAって任意加入?!なぜか、いつの間にか強制加入!

Pocket

子を持つ親であれば、子どもが小学校に行きだすとPTAに入らなければいけないと思っている方が多いと思いますが、実は、PTAというのは、任意加入だとういことをご存知でしたか?なんだかいつの間にか強制加入になっていませんでしたか?少子化によりPTAに参加する方が減ってきているということもあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

PTAって何の略?

P・・・Parent(親)

T・・・Teacher(先生)

A・・・Association(組織)

PTAっていつから始まった?

PTAは、子どもの親と学校が一緒になって、豊かな教育を実現するのが目的の団体です。

今の形が日本で広がったのは、第二次世界大戦の敗戦後に、国家統制が著しかった戦前教育に代わり、民主主義を基調とした教育が導入されました。さらに、子供だけでなく、その保護者にも民主主義を浸透させようと、GHQ(連合国軍総司令部)がPTAを奨励しました。

その後、多くのPTAでは長らく、全員参加が当たり前とされてきました。その点に疑問を感じたり、活動を負担に思ったりする保護者は多く、ネットには

『母親を泣かせるPTA』

『PTAなんて必要ない』

『ボランティアという名の強制労働』

といった書き込みが多くなりました。

特に疑問が集中しているのは、加入は自由なはずなのに、事実上、強制されているという点でした。

PTAモデル規約が1967年に変えられていた!

PTAが日本で広まった当時、参加はあくまでも任意とされていました。

PTA問題に詳しい文化学園大学の加藤薫教授によると、文部省は過去3回にPTAモデル規約を示しています。

1948年と1954年のモデル規約では、『会員となることのできるものは・・・』として、親と教員が明示されていました。

『会員となることのできる者』という言い方で、任意性を示しています。ところが、1967年の規約では『PTAは、学校に在籍する児童生徒の親及び教師によって、学校ごとに組織される』と、任意性が引っ込んで、先生と親がPTAに自動的に入らなくていけないと思わせる書きぶりになった。

この事からも分かるように、文部省のモデル規約は、任意性に関する表現が弱められています。ですが、任意加入の原則そのものが消えたわけではないです。

この任意加入の原則は各現場で、徹底されているのだろうか?

スポンサーリンク

東京都港区事務所を置く日本PTA全国協議会の東川勝哉副会長の話では、

「ほとんどの皆さんに、楽しく、やってよかったな、という活動をやってもらっています。が、中には役員を決める時に難しさに直面するといったことがあります。(任意加入の説明が)きちんとされているか、伝わっているか、ということについては、課題として残っていると思います。ただ、ほとんどのところは(適切な説明が)されているという認識です」

※日本PTA全国協議会は、事例集やマニュアルを作るなど、各地の活動をサポートしています。

各地のPTAの動きの代表例

札幌市の札苗小学校は2013年2月の臨時総会で『入退会自由』を打ち出しました。

事前のアンケートで70%が自由加入を知りませんでした。

現在の加入率は95%。

最初から入らない人、途中で抜ける人、再入会する人と、それぞれの役割も『やれる人がやる』という形に変えました。

会長の川崎克彦さんは、

「これをやれる、やれない、とはっきり言えるような形にしたのは良かった」

と明快でした。

自由加入を徹底して、従来型のPTAそのものが事実上、無くなった学校もあります。

沖縄県の那覇市立識名小学校もその一つで、富田尚校長が

「任意加入と並行して、活動もやりたい人がやる形に変わりました。ただ、学校と切り離されてしまったところがあり、活動も連携していません」

という話でした。

今後、どういう形が望ましいか、模索を続けている最中のようですね。

まとめ・感想

  • PTAというのは、基本は任意加入が原則のようですが、実際の現場は、少子化になる前から、強制加入化されてしまった。1967年のモデル規約が変更されたのには、意図を感じますよね。
  • 現代の安倍首相が言う1億総活躍するためには、PTAのあり方も考える時期に来ていると思います。なぜなら、女性も仕事をすることが当たり前になっているのに、PTAに参加していたら仕事できませんからね。
  • 今後は、PTAに地域の人も入れて参加する形にしていくことがモデルとしては良いのではないでしょうか。PTAからPTCAという新たな形で、子どもの教育を豊かにしていく、この柔軟な発想を大人がしなくて、子どもができるわけ無いですよね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。