チャンスは人を介してやってくる!?目の前の仕事に集中!

人生のチャンスというものをどのようにお考えですか?突然、天から降ってくると思われている方、宝くじのように偶然訪れると考えている方、それはちょっと違うと思いますよ。人は、人とのつながりによってチャンスは巡ってくるものです。今回は、そんなチャンスについてです。

スポンサーリンク

自分の目の前にあることに全力を出す!

「将来性のある仕事などない。

将来性の有るか、無いかは、

その仕事をする人によって決まるのである」

この言葉は、アメリカの実業家であるジョージ・クレーンの言葉です。

あなたは今、仕事が楽しいですか?誇りに思って仕事ができていますか?

現代では、会社で働いている方で、このように思っている方は少ないのではないでしょうか?

リストラや派遣切りは、大企業でも行われています。

長く同じ仕事をすること自体が難しくなってきています。

『これが私の天職です』と言える仕事ができている人は相当幸せな人生を歩んでいると思いますよ。

しかし、職に就くことすらままならない現代で、天職に就くなど、奇跡のように思えますよね。

例え、天職といえる仕事に就いたとしても、人間関係に悩み、多くの不満を抱えて、せっかくの幸福感を体感することができなければ、それは不幸です。

そのような人は、たくさんいることでしょう。

石田三成は、三杯のお茶が人生を変えた!

人というのは、おかれた環境によって磨かれ、変化し、成長していきます。

『どんな仕事』も大事です。が、『誰と仕事をするか』はもっと重要になってきます。

スポンサーリンク

自分が選ばれるようにならなければならないということは、一緒に働きたいと思われる仕事ぶりでなければならないのです。

あの石田三成は、三杯のお茶の煎れ方から認められて、その場で、豊臣秀吉にスカウトされたという有名なお話からも分かるように、お茶の煎れ方一つで、人生を大きく変えた石田三成のように、どんな仕事にも真剣に取り組むという姿勢は、ある人に出会ったことから認められ、認められてからの人生を大きく変えたという人は、石田三成だけでなく多くの方がいることでしょう。

ここで考えて欲しいのは、チャンスというのは、人を介してやってきているということです。

天職を見つけたいと思っている人は、転職情報誌や転職フェアにはありません。

自分の今の仕事の中にあると思いませんか?

そして、天職の場所を知っているのは、上司や同僚、日頃お世話になっているお客様や関係といった、普段自分が関わっている人たちなのではないでしょうか?

このことを踏まえると目の前の仕事が、自分の天職のように思えてくるでしょう。

仕事自体に未来があるのではなく、自分が真剣に取り組む仕事が未来を切り開いていくのです。

まとめ・感想

  • 目の前の仕事に真剣に取り組んでこそ、自分の未来は切り開かれていく。
  • 天職は、転職情報誌や転職フェアにはない。
  • 誰と仕事をするかはとても重要です。そのためには選ばれるように真剣に仕事をしなければなりません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。