求人広告を出しても人が集まらない!どうしたら集まる?

飲食店やサービス業などでよく聞くのが『人手不足』です。2009年の時にリーマン・ショックが起きた時は、飲食店やサービス業で人手不足が解消されるという珍現象がありました。これは、他の製造業などの業界で大量に契約を切るということがあったので、その大量の人が飲食業界に流れたことで起こりました。この時は、求人広告をただ出すだけで人を集めることができました。では、今はどうでしょうか?今回はどうしたら集まるかです。どうぞ。

スポンサーリンク

求人広告の例

手伝って下さい・・・
ファッションの小売業を変革させませんか。

どんな店にいても、同じような服が同じようにディスプレイされ、同じような人に同じように販売されていることに飽き飽きしていませんか。もしあなたが同意してくれるならば、ぜひお会いしたいと思います。私の名前はリッチ・シェフレンです。

私は、アンティーク・ブティックというお店を受け継ぎました。

そして、同時にこの業界にこれまでなかったようなお店にしようと考えています。私たちは想像力があり、エネルギーに溢れている人たちを求めています。

もしあなたが小売業に興味があったり、自分の店を持つことに興味があるなら、それをまったく違う方法で実現できるでしょう。ぜひ、あなたにお会いしたいと思っています。

このリッチ・シェフレンという方は、蒸気の求人広告で1350人の候補者を獲得しました。

この人材を集めるということがビジネスにおいての第一歩だったのです。

相手の目線で情報提供

お客さん、パート・アルバイトの募集も人を集めるということでは同じと考えることです。

スポンサーリンク

お客さんにメリット、ベネフィットの提示をするのも、パート・アルバイトの募集もメリット、ベネフィットの提示をすれば、そこに響いた人が集まってくる。

お金だけの人を集めても、より高い時間給を設定しているところに人が流れてしまいます。

そうではなく、

『うちで働くとこんなにいいことがありますよ。』、

『将来、独立したいと考えている方には、うってつけの場所です。』

といったアプローチの仕方が良いのではないかと思います。

金額設定だけで集めた人は、金額で流出します。

しかし、お金ではない条件で集めた人には目的があり、そこで学ぶ理由があるので仕事も一生懸命やってくれます。

人数は多くないですが、ターゲットに対して絞っていくことがマーケティングではよく言われていることなので、人材の募集も絞ることで優秀な人材を得やすくなるということも十分かが得られます。

まとめ・感想

  • 求人で困っているという方は、求人広告の例を参考にして、自分にあった求人広告の文言を考えて作成して募集をしてみて欲しい。
  • お金のみで集めたら、また時給の高いところへ人材が流出してしまいます。
    お金ではなく、働くことでここでのメリットやベネフィットを訴求することで、優秀な人材を獲得することが良いのではないでしょうか。
  • 集客も人材募集も人集めという観点からすると同じ。ターゲットに対して明確なメッセージを送ることがこれからの時代では必要になると考えています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。