気づきを倍増させる方法を発見!これでひらめきも倍増!?

ビジネスにおいてひらめきというのは、加速度的に発展させる起爆剤になりますよね。このひらめきを得るためには日ごろから気づきが必要になってくるのですが、この気づきを倍増させる方法があるのをご存知でしょうか?この気づきを倍増させる方法を試してみて下さい。それではどうぞ。

スポンサーリンク

自分以外の気づきを取り込む!

経営者や管理者など、指導的な立場であるならば、あなたの気づいたことを部下や社員に伝える機会はありますよね?

それでは、部下や社員が気づいていることについてはどのようにあなたは吸い上げを行っていますか?

経営者や管理者には状況判断と決断力が必要なのは以前、ご紹介しましたね

この状況判断と決断をより正確にするためには、社員の気づきをうまく拾い上げて情報を収集して、判断することでより的確に行うことができるようになります。

つまりは、社員の気づきを自分に取り込むことで自分の気づきを倍増させることができるようになるのです。

理屈はわかりました、それではいったいどうやって社員から気づきを吸い上げるのか?

その具体的な方法をご紹介します。

打ち合わせ・会議・ミーティングで拾い上げろ!

社員の気づきを拾い上げる機会としてよいのは打ち合わせ・会議・ミーティングがいいです。

みんながそろう場なので、せっかく集まるわけですからこのチャンスを生かさないのはもったいないですよね。

この場で、社員が経験して得た感覚を全部出してもらうことが重要なのです。

それでは具体的には何ができるのか?

良くないのは、会議などでありがちな発言がないという、シーンとした会議で、これではまったく意味がないです。

一人でも黙らせない工夫が必要です。

全員の情報を出してもらわなければ、会社判断を誤ることがあるかもしれません。

では、どうしたら黙らせずに全員の情報を引き出せるかというと、ポストイットとホワイトボードを使えば可能です。

スポンサーリンク

擬音語などの表現も含めて発表してもらう!

ポストイットとホワイトボードでどのようにやるのかというと、議題に対して、ポストイットに全員に思っていることを項目ごとで全部書き出してもらいます。

挙手制にすると社員は自分が変なことを言っていないかということを気にして言うことができないという人が多いです。

これでは全員の情報を限られた時間で引き出すことは不可能です。

このことからポストイットを使用して、書いてもらうことで時間を短くし、多くの意見を吸い上げるようにします。

ここで注意することは、擬音語などの表現も含めてOKであるということです。

誰も気負わずに書けるようにする雰囲気が大事です。

自分以外の人と考えを見える化して共有!

全員のポストイットが出たら、次にやることは、同じような内容や関連することをまとめて一塊にする。

塊を作ったら、関連する塊があれば円で囲うということをしていきます。

こうすることで議題に対する参加者が感じたことを一目でわかるようにすることができます。

こうするとたくさんの意見とその人しか気づかなかったことがわかります。

これを見える化といいます。

この方法は、他にもいろいろと使えます。

顧客からのクレームを類別、商品のネーミング、各種アイディア出しにも使えます。

大多数の意見等に惑わされずに、小さな意見も丁寧に気づきを拾い上げる仕組みを作ることが経営者や管理者の気づきを倍増させ、ひらめきを増やしていくことになるのです。

まとめ・感想

  • 自分以外の部下や社員の気づきを拾うことが自分のひらめきを倍増させる方法になります。
  • 部下や社員の気づきを拾う場としては、会議やミーティングの機会がチャンス!
  • 気づきの吸い上げのときは、擬音語も含めてOKとすること。
  • とにかく全員の意見を出し切らせることが大切。
  • 自分以外の人とも情報を共有していくために見える化をする。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。