起業して5年以内に9割が失敗!理由はこれを知らないから!

起業してから5年以内に失敗するのが、何と!9割というから驚きですよね。なぜ、なのか?商品が良くても技術があっても倒産したり、失敗したりしてしまいます。理由は、この話を知らないからだそうです。自分もそうだなぁと思いました。それではその話をどうぞ。

スポンサーリンク

ゲーリー・ハルバートという世界最高のセールスライター

ゲーリー・ハルバートという今はもう亡くなった方なのですが、世界最高のセールスライターと言われた人です。

ゲーリーのセミナーで参加している人にこのような質問をしました。

『もし、俺とあんたらがハンバーガー屋を始めたとする。
それで誰が一番売れるか競争するとしよう。
そしたら、あんたらは、その競争に勝つためにどんな”条件”が欲しい?』

このような質問をしたときに、あなたなら何て答えますか?

『隠し味に使う秘密のソースが欲しい』

『最高のハンバーガーを作るために最高の牛肉が必要だ』

『最高の場所』

このような答えが多く挙がりました。

あなたの答えはこの中のどれかですか?

それとももっと別の違う答えですか?

ゲーリーが答えました。

『腹を空かした群衆だよ!』

これこそが失敗する最大の原因!

ゲーリーの答えをみてどう思いましたか?

当たり前だよと思った方、答えを知って衝撃が走った方、受け取り方は様々だと思います。

ゲーリーの答えは、確かにその通りですよね。

セミナーに参加した人たちは、商品を素晴らしくすることに意識がいっていて、顧客や見込み客のことが見えていない。

スポンサーリンク

これこそが、ほとんどの社長・起業家が失敗する最大の原因なのです。

『良い商品だから、知ってくれたら買ってもらえる』というのはよく聞く言葉ですね。

今の時代は、知ってもらうことがものすごく困難になっています。

いい商品を作ることの方がむしろ簡単で、知ってもらうことは遥かに難しいのです。

いい商品を作ればお客は自然と寄ってくる。

良いビジネスをすればお客はつく。

これはとても危険な考え方なので改めて下さい。

ビジネスにおいて、もっともお金になる考え方は、

『腹を空かした群衆』に対して、欲しがる商品をきちんと『売る』ことです。

お腹を満たした群衆では見向きもしてくれません。

いい商品

完璧なカスタマーサポート

効率的に業務を処理

素晴らしいマネジメント

これらはお客さんがいなければ『ムダ』です。

自然と寄ってきてはくれません。

その商品を『売る』ことが起業で成功する第一歩になるのです。

まとめ・感想

  • 9割の起業家が失敗する最大の原因は、お客様を見ずに商品をよくすることを考えるから失敗してしまう。まずは売上げが必要です。そのためには、お腹を空かせた群衆がどこにいるのかを考えて、そこに満足させる商品を売ることがビジネスです。
  • ビジネスは、売る側も買う側も本来はWin-Winの関係になるはずなのです。
    ならない場合は、それはビジネスとは言わないです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。