NHK受信料はカーナビ・スマホのワンセグでは支払い不要!

NHK受信料はカーナビ・スマホのワンセグでは支払い義務がないことがさいたま地裁で判断されました。これで、ワンセグを理由にした支払い請求をすることが出来なくなりましたね。これで玄関に来た受信料の収集人にテレビがないというだけで、支払い拒否ができるようになります。テレビを必要としていない人には朗報かもしれませんね。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

今回は、ワンセグではNHK受信料は払わなくてもよいという地裁判決についてです。

さいたま地裁判決

NHK受信料について、さいたま地裁が26日に携帯電話のワンセグ放送だけでは受信契約を結ぶ義務はないと判断しました。

NHKは現行の受信料制度の限界が改めて明らかになったわけです。

視聴者と言いますか、国民の側からしたら当然でしょ?

ということなのですが、これが裁判ではっきりと白黒がつけられたので、これから受信料の集金人は、このことを言って集金することが出来なくなるわけです。

集金人によっては、今までこういったウソを平気で言って、集金をする人も中にはいたのです。

もともと、NHK集金人は外部委託の歩合制の請負で、NHK正規職員ではないことが原因なんですけどね。

ようはなぜウソをついてまで集金しようとするかというと歩合が欲しいからなんですね。

スポンサーリンク

このようなカタチで運用されているので、NHKの評判があまりよくないのかもしれませんね。

この判決により、営業局の関係者は「ワンセグ視聴だけで契約するケースはまれで、経営への影響はほとんどない」ということだそうなので、『最初から取らないでよ。』と思いますよね。

これからの制度見直し

これで、現行制度の見直しをNHK内で今後の検討課題として手付かずだったのが、インターネット時代を迎えて、NHKはネット経由での番組の同時配信を目指しており、やっと受信制度の議論を本格化させるきっかけになったようです。

総務省の有識者会合からも要求

総務省の有識者会合も7月に、「ネット時代に合ったサービス提供と公平負担を両立する制度の検討を」と求めていました。

自民党内には受信料義務化を求める意見もありますが、NHK内には「国営放送化だ」と反発も根強いということで今後、どのようになっていくのか議論していくようです。

まとめ・感想

  • さいたま地裁の判決により、ワンセグ受信によるNHK受信料は支払うは必要ない。
  • もし、集金人からこのように言われた場合は、支払う必要はないと言いましょうね。
  • 現行の制度の限界とメディアの多様化により、今までの方法では公正公平に負担するということが難しくなってきているようで、今後、根本的な議論が求めらています。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。