池松壮亮の身長から経歴を大公開!映画は年間200本見る!

池松壮亮がA-Studioに出演されます。身長から経歴・プロフィールも大公開しちゃいますよ。生年月日も調べました!映画は年間200本は見るそうです。番組内では、池松壮亮さんのお姉さんに番組が取材をしています。さらに幼少期の秘蔵写真も紹介され、池松さん『これ俺ですか?』とコメントし、鶴瓶さんから『お前や!』と突っ込まれるシーンは見どころです。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

9月2日(金) 23:00~ のA-Studioに、池松壮亮さんが出演されます

まずは池松壮亮さんのプロフィールからどうぞ。

池松壮亮さんのプロフィール

本名:池松 壮亮
生年月日:1990年7月9日(26歳)
出生地:福岡県
身長:172cm
血液型:A型
職業:俳優
ジャンル:映画、テレビドラマ
活動期間:2001年 –
著名な家族:池松日佳瑠(姉)
事務所:ホリプロ
出典:Wikipedia

好きな女性のタイプは、擦れていない人でピュアな人、笑顔が素敵な人だそうです。

特技は、乗馬、水泳、ピアノ、書道、ラグビー

デビューは、小学生の頃に母親のすすめで劇団四季のオーディションを受けますが、そのころは野球以外に興味がなく、野球カードを買ってあげるということで、オーディションを受けるという経緯があります。

オーディションを受けて見事に合格し、「ライオンキング」のシンバ役をゲットします。

合格してしまうところが凄いですよね。

これで10歳でデビューするわけです。

12歳には、なんと!ハリウッドデビューします。

2003年の映画「ラストサムライ」に子役として出演しました。

2005年の映画では、実写版鉄人28号の主役である金田正太郎も演じ、映画初主演を果たします。

子供の頃は、野球をしており、小学・中学・高校と仕事と両立させながら野球部に所属しレギュラーを獲得するがんばり屋さんです。

中日ドラゴンズ所属の古本武尊選手とは小中高と同級生で幼馴染みで、小学時代は古本選手と共に、同郷の元北海道日本ハムファイターズ・新庄剛志選手が小学時代に中心となり創設した軟式少年野球チーム・長丘ファイターズに所属していました。

野球は今でもやっており、草野球を俳優の林遣都さんと同じチームでやられているとか。

学生時代のポジションは、ピッチャーとセンター。

現在はかなり大人になり、勝つための野球ではなく、楽しむ野球から、ポジションはこだわっていないようです。

池松壮亮さんの出身校紹介

池松壮亮さんの出身中学校

池松壮亮さんの出身中学校は、私立の福岡大大濠中学校を卒業されました。

スポンサーリンク

どうも男子校が2011年から共学になったようですね。

野球部で、ピッチャーと野手を担当し、役者としても活動していたので、けっこう忙しい生活だったようです。

池松壮亮さんの出身高校

池松壮亮さんの出身高校は中学校と同じ系列の福岡大大濠高校を卒業されました。

こちらもはじめは男子校だったのですが、2012年から共学になったみたいですね。

福岡大大濠高校の硬式野球部は甲子園にも出場するほどの強豪のため、俳優業との両立ができないということで、軟式野球部に所属することになります。

さすがに甲子園出場するほどですと、俳優業との両立ができないでしょうね。

池松壮亮さんの出身大学

池松壮亮さんは日本大学芸術学部映画学科監督コースを卒業されました。

野球は、趣味と割りきったのですね。

俳優として専念することにし、今では、年間200本の映画を見るというのです。

日々役者としての勉強をされているのですね。

池松壮亮さんのご家族

池松壮亮さんの家族構成です。

父親=池松正剛さん(株式会社ブルク社長・1958年9月生まれ)
母親=「御料理 千」の女将さん(福岡市内の定食屋さん・現在は閉店)
長女=池松日佳瑠(女優・元劇団四季)
長男=池松壮亮(俳優・本人)
次男
次女

池松正剛さんの父親

お父さんの池松正剛さんは、地元福岡で建築や広告のデザインを行う株式会社ブルクという会社を経営されているようです。

ホームページに写真が掲載されているのですが、池松壮亮さんと似たイケメンで、渋いです。

池松壮亮さんの母親

2015年ごろまで博多駅前で定食屋さんをやられていたそうですが、今では、閉店をされているようです。

飲食店は、体力のいる仕事になりますので、加齢と共に難しくなったんでしょうね。

池松壮亮の姉

池松日佳瑠さん、ひかると読むそうです。

元劇団四季の団員で、今は退団しているようです。

結婚して子どもがいます。

池松壮亮の弟と妹

弟と妹の情報がないので、こちらは割愛します。

まとめ・感想

  • A-Studioに出演の見どころは、なんといっても、池松さんの『俺ですか?』に鶴瓶さんからのツッコミのところですね。ここでは、素の池松壮亮さんを見ることができると思います。
  • 子供の頃は、野球少年でオーディションを受けるのも野球カードに釣られて受けているくらいです。しかし、しっかり合格してくるところが素晴らしいですよね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。