坂梨カズはオネエ美容家!いなり王子がすすめるいなりとは?

Pocket

坂梨カズはオネエ美容家でいなり王子として、9月6日(水)『マツコの知らない世界』に出演されます。いなり王子がすすめるいなりとはいったいどんなのでしょうね?そして、坂梨カズさんは一体何者なのでしょうか?調べてみました。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

マツコの知らない世界に出演される坂梨カズさんのまずはプロフィール紹介です。

坂梨カズさんのプロフィール

坂梨カズ出典:本人ブログ(http://profile.ameba.jp/kazu-antoine/)

名前:坂梨 カズ(さかなし かず)
本名:坂梨 かずひこ(さかなし かずひこ)
生年月日:1966年9月18日(49歳)
出身地:東京都北区
血液型:О型
性別:性別微妙
趣味:映画コレクター、美容オタク
長所:美意識が過剰なところ
短所:美意識が過剰なところ
口癖:何なのよ
座右の銘:美は一日して成らず
職業:自営業
職業詳細:トータルビューティープロデューサー、クリエイティブディレクター、地方再生プロデューサー、ファッション&ビューティー講師
好きな男性タレント:オダギリジョー
出典:本人ブログ(http://profile.ameba.jp/kazu-antoine/)

オネエキャラで結婚は?

プロフィールにもありましたように、性別が微妙ということで、オネエキャラでマツコさんとトークをするのですが、冷静に見ると男性二人で会話しているんですよね。(笑)

トータルビューティープロデューサーという職業からオネエになっているのでしょうかね?

この辺りは本人しかわからないですね。

それで結婚についてはどうなのでしょうか?

オネエキャラで結婚している人は、某教育評論家くらいしか思いつかないですね。

もしかしたら、独身なのかもしれないですね。

この辺りの情報は見つかりませんでした。

美容業界では有名人

坂梨さんは、美容業界では有名人のようです。

何をしてきた人かというと、

1990年 凸版印刷のトッパン・アイデアセンターに入社してアートディレクター就任

1993年 GAPに入社

1995年 セシールの商品開発 クリエイティブ部門に就任

2002年 TOKYOビューティアドバイザースルールの講師就任

2013年 株式会社アントワーヌを設立し代表就任

他にも

• 無印良品(良品計画)の「ビューティー&ヘルス」全製品のプロデュース
• エテュセ(資生堂)の商品開発&販売戦略サポート
• リサージ(カネボウ)の商品開発&販売戦略サポート
• ファッション&ビューティー専門誌『ビューティーマガジン』の編集長
• カリスマモデル黒田知永子ブランドのコスメプロデュース
• オリジナルブランド『シェーンブルン』,『エスプリンセス』,『マダムロワイヤル』の開発

スポンサーリンク

など、まだあります。

番組内では、板金溶接をされていた。調香師もやっていたと色々とやられています。

すごいですよね、いろいろなことをやられているのですが、何者なのでしょう?

株式会社アントワーヌのプロフィールを見ると、

「すべての日本人に、より美しく、より幸せな暮らしを!」をコンセプトに、トータルビューティープロデューサーとして活躍中。

とありますので、美容家なんですね。

いなり王子になったわけは

坂梨さんは、大のいなり寿司好きで、1万5千個以上のいなり寿司を食べたというのですが、数を数えたのでしょうか?

折箱にもこだわるほどという坂梨さんですが、番組内ではどんないなり寿司を紹介してくれるのか楽しみですね。

こんな話をしていたらお腹が空いてきますね。

番組で紹介したものではないですが、

カニのいなり寿司なんてどうですか?

紹介したいなり寿司は?

  1. ギャップが凄い!メギツネいなり寿司 『銀座白金や』
  2. 肉食系カレーいなり寿司 『Sushi Avenue K’s(新宿)』
  3. 完全予約制!大人のいなり寿司 『「いなり 和家」(目黒)』
  4. 女子が喜ぶ!エレ系いなり寿司 『豆狸』
  5. 極厚!お揚げいなり寿司 『加賀守岡屋(石川県加賀市)』
  6. コーヒーにベストマッチ!伝統の稲荷 『壺屋』
  7. コンビニで買うならココ!『セブン・イレブン』 『鰹だし仕立て五目いなり』
  8. うどんチェーンの傑作 『つるまる饂飩』

まとめ・感想

  • 坂梨さんは、本来は美容家なのですが、いなり寿司をこよなく愛するいなり王子として、マツコの知らない世界に登場します。
  • 美容業界では、有名な方のようで、年収は2000万円とも言われています。
  • テレビに出演されるということでますます知名度を上げて活躍されるかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。