宮島浩彰・日比谷花壇社長のプロフィール・経歴を調査!

宮島浩彰 日比谷花壇 社長のプロフィールや経歴を調査しました。9月8日(木)のカンブリア宮殿に出演されます。ビッグイベントの舞台裏には必ずいるといわれる日比谷花壇ですが、その宮島社長は、常に挑戦し続けることを考えている方のようです。若くて熱い感じです。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

宮島浩彰社長のプロフィール紹介です。

宮島浩彰さんのプロフィール紹介

宮島浩彰出典:https://www.hibiya.co.jp/company/message/

名前:宮島 浩彰 (みやじま ひろあき)
生年月日:1986年(執筆当時47 or 48歳)
出身地:東京都
出身校:青山学院大学
職業:日比谷花壇 代表取締役社長

経歴

宮島さんは、大学を卒業後は、

大手不動産会社に入社しました。

その後、1997年に日比谷花壇の取締役として入社します。この時が27歳!

日比谷花壇では、経営企画、EC事業構築などをされていました。

そして、2000年に代表取締役社長に就任します。この時なんと30歳!

30歳で代表取締役社長に就任したのですから驚きますね。

かなり高い能力をお持ちだということがよく分かりますね。

社長に就任して、新しい事業を立ち上げました。

それが、全国の生花店をインターネットで繋いだ加盟店事業の(株)イーフローラです。

スポンサーリンク

2004年には、葬儀事業を立ち上げます。

2014年、一般社団法人花の会日本協議会副理事長に就任します。

現在は、(株)イーフローラ取締役会長、

上海日比谷花壇貿易有限公司薫事長も務めています。

日比谷花壇とは?

日比谷花壇とは、創業明治5年(1950年)の東京都港区南麻布に本社を置く老舗の会社です。

創業144年の歴史ある会社で、資本金は1億円、従業員数は1514名(2015年9月)で、

年商は、2015年9月期の決算で209億円になります。

最近では、故・永六輔さんや故・みずきしげるさんのお別れ会をプロデュースをしています。

新宿御苑工事や今上天皇の吹上御所内の新御所庭園工事なども請け負うという花屋業界ナンバーワンの会社です。

なぜ花屋業界ナンバーワンなのか?

まずは事業を見ていきましょう。

  • ウェディング事業
  • ショップ事業
  • お葬式事業
  • EC事業
  • 法人事業
  • 高齢者福祉
  • 環境事業
  • 花育
  • PPP事業
  • 生活支援事業
  • 海外事業

これだけたくさんの事業をやっています。

花を中心として、これだけのビジネスモデルを考えだすことができるところがすごいです。

アイディアの量は、花屋業界ナンバーワンですね。

ですが、多事業をすればいいわけではないのは当然ですよね。

当たり前ですが、事業が赤字ではダメなのですが、これだけできているということは黒字なのは間違いないでしょう。

まとめ・感想

  • 宮島 浩彰さんは、27歳で日比谷花壇の取締役として就任し、30歳で社長就任した凄腕経営者です。
  • 宮島社長は、いつも挑戦を意識しているチャレンジャー精神の持ち主です。
  • 宮島社長の今後ますますのご活躍が期待されますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。